<   2009年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
一輝@岡崎市
一輝そば(限定E)
e0110871_12495061.jpg

カウンター越しに受け取った丼は、漂う香りと色合い、それにレンゲを差し入れた時のトロミ感から味の強さとスープの濃さが伝わってくる。やや粘りを感じるスープを口にしてみると、ビジュアルとは裏腹に意外と口当りは軽め。しっかりと抽出された動物系の旨味や魚介の風味には目を見張るものがあるが、どこかで食べた事のあるような味…というのが正直な感想。始めのうちは、タレ味の強さやスープのコクと旨味でパンチのある旨さを楽しむ事ができるが、中盤から味がだれるかな。魚介の渋みだったりタレのカドが温度の低下と共に浮き彫りになり、何度か水に手が伸びた。中細の麺は、滑らかな舌触りや弾力が印象的だが、スープとの相性はどうだろ?食感の持続性や麺特有の臭気がスープに移るのが少し早くも感じた。玉葱のシャリッとした食感は良いアクセントになっていたが、量的にうるさく苦味と辛味が妙に気になった。普通に美味しいと思える一杯だったが、個性と特徴を出していかないと、他店と比べられてしまうんじゃないかな?
[PR]
by ramenmans | 2009-10-30 00:00 | ■西三河■
麺やOK@安城市
ベジータ ~MISO~  ※らーナビ限定 10/27(火)~11/26(木)昼・夜各10食 
e0110871_1916213.jpg

程なくして運ばれてきた丼からは、野菜と味噌特有の麹の甘い香りが白い湯気にのり鼻を抜ける。レンゲを差し入れてみると強い抵抗を感じ、大袈裟かもしれないが、レンゲの中で半液体状になったスープに思わず息を飲む。スープを口に運んでみれば、視覚的要素に反して口当たりは意外に軽め。思いのほか味噌の風味は強くはないが、濃密な野菜の甘みが舌を包み込む。豚骨の旨味は、ピリッとした味噌の風味と野菜の甘味に飲み込まれ気だが、コクや濃度感はそれなりに伝わってくる。たっぷりの炒め野菜の甘味や食感、それにミンチの味付けは好印象だったが、麺の柔な食感は苦手。麺を持ち上げた時のスープの絡みは凄いものがあるが、口にすると麺の味わいとスープの味が離散していまい、相性はあまり良くないようだ。パンチやインパクトを求めている訳ではないが、最近流行りつつある(流行らないと思うけど)ベジポタ系は、大人しすぎて物足りなさを感じてしまう。スープの味自体は好き…でも、旨味が喉に居座らず直ぐに胃に流れていってしまい、余韻が残らないのが残念。野菜をたっぷりと使っており、ヘルシー感と優しさがあるが、何かひと味もふた味も足りないかな。
[PR]
by ramenmans | 2009-10-30 00:00 | ■西三河■
らーめん工房@三好町

台湾らーめん塩・激辛


削除しました


[PR]
by ramenmans | 2009-10-29 00:00 | ■西三河■
なな家@豊田市
台湾ラーメン・大辛
e0110871_2203857.jpg

このお店の生命線でもある和風出汁の風味こそ香らないが、辛さが鶏スープと醤油ダレの甘さを引き立てている。始めの数口こそ、舌先を激しく刺激する辛味があるが、後にひかないキレの良さが好印象。スライスされたにんにくが丼の底に沈んでいるが、匂いが強くなく、食後の口臭を気にしなくても良いのが嬉しい。たっぷりのミンチは良い味が染みており、コリコリ・もっちりとした食感が心地良い。染みでた脂がスープにコクを加え、白髪ネギとニラも良い仕事をしている。中細の麺は、やや柔な茹で加減だがスープとの相性は上々。このお店の麺自体の風味はあまり好きではないが、今回はあまり気にもならなかった。至ってシンプルな仕立てだが、作りこんである感がヒシヒシと伝わってきて思わず笑みがこぼれた。大辛にしたこともあり、身構えていたが一滴たりとも汗を掻かずにサラッと完食。実に満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2009-10-28 00:00 | ■西三河■
二代目虎玄@豊田市
濃厚つけ麺・大盛り
e0110871_21585818.jpg

e0110871_2212865.jpg

e0110871_2224835.jpg

先ずは極太の麺を箸で持ち上げてみると、弓のようなしなりがあり、口に運ぶ前から固さと張りが伝わってくる。頬張ってみれば、麺肌こそモッチリとしているが歯を入れてみれば、コシがあるとか弾力があると言えば、聞こえが良いかもしれないが、顎が疲れてしまうほどの固さがある。小麦の風味はどうかな?弱いとは言わないが…麺自体の風味以外に気になる香りがある。そんな個性の強い麺を潜らせるつけダレは、ネーミング負けしてるかな。流行?の濃厚豚骨魚介系を狙っているようだが、動物系・魚介・タレ味、共に力不足。旨味が喉をすぐに通過してしまい、香りの広がりもイマイチ。すっきりとした酸味もあるが、タレ味に飲み込まれ気味で中盤あたりから味がぼやけてしまうようだ。中には細かくカットされたチャーシューが入っているが、アルコールが抜けていない味付けは苦手。麺の上に飾られたメンマとチャーシューも特に思う事はなかったが、フレッシュ感のあるネギは好印象だった。スープと麺の相性は…全くと言って良いほど味がのらず、大盛りにした事を激しく後悔した。最後にスープ割りをお願いすると、ポットに入った出汁を入れてくれるが、厚みがないよね。味自体は嫌いではないが、麺に負けないだけの力強いスープにならない限り再食はないと思う。

e0110871_2230625.jpg
 住所      豊田市神田町1-6-6
 電話番号   0565-34-0747
 営業時間   11:30~14:00 18:00~22:00
 定休日    木曜日
 駐車場    完備
[PR]
by ramenmans | 2009-10-26 00:00 | ■西三河■
にぼしらーめん 麺や 六三六@中村区
特製つけ麺(極太麺)
e0110871_23555974.jpg

e0110871_23563636.jpg

e0110871_23572813.jpg

券売機の横に貼られた写真とは随分と違うビジュアルに少し寂しくなる。つけダレの中にトッピング類が沈んでしまっていて視覚的に損をしてるかな。先ずは、スープをそのまま口に。舌に残るザラツキ感やデンプン質からどこかしらポタージュースープのよう。店内を漂う魚介の風味とは裏腹に、スープから立ち昇る煮干しの香りは控えめ。旨味はしっかりとスープに溶け込んでいるように思えるが、動物系の旨味や濃度感は強くはなく、濃口醤油を使ったような濃いタレ味が前面にでている。僅かな酸味があり、爽やかさも少しはあるが、キレがなく味がダレるのがもの凄く早く感じた。印象に残るのは、大きく切られた玉葱。とても柔らかく甘いものだが、玉葱だけの甘さではないと思うのは私だけだろうか?スープに直接甘さが浸透するような事はないが、少し違和感を覚えるものだった。海苔の上に盛られた魚粉も粘りとトロミのないスープの上では、直ぐに沈んでしまい、意味を持たないのでは?ゴロゴロと入ったチャーシューは、食べ応えのあるものだが肉味が抜けており、メンマはあの味…。玉子も味が強すぎて好みではなかった。濃く色づいた極太麺は、とても艶やか。水切りが不十分なら当然だよね。噛み応えがあるというより、硬いと表現したほうが良い…。粉の風味も特に思う事もなくコレといって印象に残らなかった。つけダレとの相性はどうだろ?見る見るうちにスープが減り、スープの持ち上げはいいようだが、何故か味がのらない。かぼすは、麺に搾った方が良かったかな…。スープに入れても局地的に爽やかさが加わるだけで、混ぜてしまえば存在感は希薄。最後はスープ割り。タレ味が薄まり、サラッと飲めるがスープの質も浮き彫りに。普通に美味しいと思うけど、記憶に残るような一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2009-10-25 00:00 | 中村区
麺家 半蔵@名東区
伊勢海老のつけめん・大  980円
e0110871_13211100.jpg

e0110871_133540.jpg

e0110871_133328.jpg

店に入った瞬間の雰囲気やスープを口にした時に感じる一生懸命さがヒシヒシとつたわってくるが

入り口の扉を間違えて袋小路に迷いこんでしまったような味かな。

イメージとしては、和食屋で伊勢海老のさしみを食べた後に、残りの頭で作ってもらった

味噌汁を薄くしたような感じ。

もったいないなぁ。

場所は、この辺り

営業時間は、しばらくの間 18:00~23:00
[PR]
by ramenmans | 2009-10-24 00:00 | 名東区
晴天@三好町
らーめん
e0110871_21431342.jpg

e0110871_2148266.jpg

コメント作成中…
[PR]
by ramenmans | 2009-10-22 00:00 | ■西三河■
まんまる堂@長久手町
しおまる+にたまご1/2
e0110871_21393159.jpg


コメント作成中…
[PR]
by ramenmans | 2009-10-21 00:00 | ■尾張■
あっ晴れ@大府市
ワタリガニの濃厚蟹つけ麺 ~クラブモンスター~
e0110871_21313933.jpg

e0110871_2134434.jpg

e0110871_21321838.jpg

紹介文はコチラ。

試食時とは大きな変化はないが、タレ味がやや強めで喉が渇く。ドロドロ濃厚な旨味は相変わらずで、食べ手を選ぶような仕立てだが、中毒性があり食べていて楽しさがあるかな。麺の茹で加減やつけダレの温度など、気になる点が幾つかあったがパンチのあるこの一杯がもう食べられなくなるのは少し寂しい。最後は練り梅と紫蘇の入ったライスボールをスープの中かで崩してサクッと完食。
[PR]
by ramenmans | 2009-10-20 00:00 | ■知多■