<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
得道@尾張旭市
汁なしタンタン(温)
e0110871_15401784.jpg

[PR]
by ramenmans | 2009-08-31 00:00 | ■尾張■
cafe'Lasa@北名古屋市
つけ麺(大盛り) ※9月からは11:00~17:00(火・水・木のみ)
e0110871_17311815.jpg

e0110871_17321935.jpg

e0110871_1733470.jpg

一般的な物より小さめな器に注がれたスープからは、甘味を帯びた魚介の良い香りが漂っている。そのままスープを口に含めば、あっさりとしている割には豚骨濃度が高く、豚の旨味と甘味がしっかりと凝縮された風味が伝わってくる。カドを感じさせないタレ味は、醤油の風味もそこそこ良く、適度な塩気と甘味があるが厚みはいまひとつだろうか。魚介の風味は漂う香りと同様、甘味があり今時のつけ麺のようにガツンガツンに魚を効かせていないあたりは好印象。特に酸味や辛味は感じられず、魚介の渋みも途中から気になったが、別に出された山椒と一味を入れるとキリッと味が引き締まりメリハリも出てくる。中には角煮タイプの大きなチャーシュー。とても柔らかく、濃いめのスープの中でも肉の旨味がしっかりと伝わってくるもの。そんなつけダレに潜らせる麺は、林製麺の極太麺。締められている事もあり、適度な張りとモッチリ感があるが、食感の持続性はないかな。また、この麺はスープの持ち上げがあまり得意ではないようだ…。ピリ辛仕立てのメンマはザクッと食感が良く、他所にはない味付けで面白い。最後はスープ割りをお願いしサラッと完食。まだまだ細部までは仕上がってはいないようだが、普通盛り650円という低価格で本格的なつけ麺をカフェで食べられるのは嬉しい。

e0110871_17334764.jpg 住所      北名古屋市九ノ坪白山12-1
電話番号   0568-22-2790
営業時間   つけ麺の提供は、11:00~17:00(火・水・木のみ)
定休日    月曜日
駐車場    完備
[PR]
by ramenmans | 2009-08-30 00:00 | 北名古屋市
麺屋かばち@中区
e0110871_17255246.jpg

つけ麺(大盛り)


粒の大きな背脂が多く浮くつけだれを先ずはそのまま口にしてみる。脂の量の割には一応アッサリだが、なんとも説明し難い不思議味。甘味を殆ど感じないスープは、旨味が希薄でタレ味が主導。食べ始めは、中に入った刻みニンニクのものからだと思われる苦味だと思っていたが、そうではない独特な苦味が終始きになり、箸が進まない。魚は何処かで多少使われているようだが、ニンニクの風味と目が覚めるほど強いタレ味で存在感はないに等しい。たまたま?だとは思うが、この日のスープは“安心していただける期限”を過ぎてるような○えた臭いがあり、早い段階で気持ちが萎えてしまった。卓上の酢と唐辛子でチューニングをしてみたが…ちょっと無理。茹で野菜の下に盛られた太麺は、締められている事もあり弾力はある。しかしながら、食感の耐久性や麺特有の臭気がかなり気になるもので、そのまま口にするのは正直きつかった。コンディションの悪いスープとの相性は良い訳もなく、大盛りにした事を激しく後悔した。興味本位でスープ割りも試してみたが…ゴメンナサイ。



e0110871_20532818.jpg  住所      名古屋市中区栄3-20-14住吉ビル1F
  電話番号   052-242-5087
  営業時間   11:00~14:00 17:00~22:00
  定休日     月曜日
  駐車場     なし


[PR]
by ramenmans | 2009-08-29 00:00 | 中区
まんまる堂@長久手町
冷しつけ麺(並)
e0110871_2244244.jpg

e0110871_22444097.jpg

e0110871_2245324.jpg

蓬色に染まる自家製麺は、草木の香りが漂ってきそうな涼しげな装い。先ずはそのまま口にしてみると、ツルッとした舌触りとひんやりと喉を滑り落ちていく感覚がなんとも心地良い。噛み締めてみると、表面はソフトな肌触りで中は程よい噛み応えがある。モロヘイヤと全粒粉が使われているようだが、変な癖もなく香りがとても良い。咀嚼を続けると僅かに粘りを感じるのが特徴的だろうか。そんな麺を潜らせるつけダレは、そのまま飲むには醤油が強めだが、後味に残る甘みと魚介からでた極僅かな酸味がある。ベースとなっている鶏のスープはタレ味に飲まれ気味で甘味が後退しているようにも思えたが、シンプルながらもヒシヒシと伝わってくる厚みのある旨味と、柔らかな風味に思わず笑みがこぼれる。又、揚げ玉葱の香ばしさと甘さが良いアクセントになっている。別皿に盛られたネギと青ジソは爽やかさと瑞々しさを与え、胡麻の甘味が効いた辛ミソも変化をつける絶好のアイテムだ。もうひとつの器には、生姜風味の鶏ミンチの上に温玉。甘味に強いタレと相まって、ご飯に乗せたら親子丼になりそうなとても良い味。爽やかな風味も清涼感を演出しており、つけダレに入れても良し、つけダレとしても使えるのは面白い。冷たいつけダレだが、最後は熱々の割り出汁を出してくれるのも嬉しい。ひとつひとつのパーツに意味を持たせ、計算された組み立てに嬉しくなった。大満足の一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2009-08-26 00:00 | ■尾張■
麺屋 誠@中川区
鶏鯖つけ麺 ~昭和の香り~ (らーナビ限定)
8月25日(火曜日)~9月22日(火曜日) 限定数1日15杯(平日は夜のみ、土日曜日は昼夜)
e0110871_236362.jpg

e0110871_2373572.jpg

e0110871_2383874.jpg

e0110871_2394586.jpg

e0110871_23101191.jpg


鯖・さば・サバ・SABA…

詳しくは“りゅうの何をたべようかな?”のりゅうさんのブログで。
[PR]
by ramenmans | 2009-08-24 00:00 | 中川区
ちゃいなぽーと@三好町
冷製あさり潮そば
e0110871_20203164.jpg

e0110871_20211599.jpg

スープはキンキンに冷えてはいなく、ややぬるめだが特に香り立つものはない。スープを口にすると先ず始めに感じるのは、香味油からくるピリッとした辛味。とても辛そうには見えない油だが意外と舌を刺激し、いつまでもヒリヒリと辛さが残るものだ。何度も水を飲み再チャレンジ…。香味油を避けるように、ややトロミのあるスープを掬い口に運んでみると始めのうちは甘味すら感じるが、喉を通過する時の塩辛さに思わず手が止まる。あさりが使われているようだが、タレ味が強く塩分濃度の高いこのスープの中では、あさりの風味を探すのは困難に近い。よくみるとレモンの皮が浮き沈みしているが、スープに与える影響は希薄で噛み締めた時に爽やかさを感じる程度。程よく締められた麺は、細めのストレート。唇と喉をツルッと滑る感覚や反発力は好印象だが、スープの持ち上げはいまひとつ。あさりは、殻からホロッと外れ食べやすさがあるが、旨味は弱いかな。冷たい事もあり硬さが気になった。太くカットされたメンマは、繊維を断ち切るようなザクッとした食感は好印象だが、鼻につく個性の強い香りが少し苦手だ。固形物を食べきり、残ったスープを数回口に運んでみたが、目が覚めるような塩気に頭が痛くなりそうだった。卓上の酢を入れると塩分も多少和らぐが、何度も飲みたくなるような味ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2009-08-24 00:00 | ■西三河■
屋台つけ麺@中村区
つけ麺(普通盛り)
e0110871_055481.jpg

e0110871_0102439.jpg

麺量280グラムって本当?もしかしたら、スープも含めた量かも…少なっ!三口だよ三口。

ヌチャッとした食感もあれだけど、全粒粉の良さが伝わってこないな。

つけダレは、ありがちな豚骨魚介系…。

味は濃いけど濃度感はいまひとつ。

豚の甘味や魚介の風味はしっかりとしてるけど、ブレない味。

スープ割りをすると梅肉IN…これは嫌いじゃないな。

780円って高っ!!
[PR]
by ramenmans | 2009-08-23 00:00 | 中村区
中華そば らんまん@四日市市
つけ麺(普通200g)
e0110871_015235.jpg

e0110871_0162570.jpg

e0110871_0165261.jpg

熱々のつけダレからは、鼻をツンと抜ける生姜の風味。スープに浮く針生姜を避難させ、そのまま口に運んでみる。始めに感じるのは、糖質が唇がべたつくかのような強い甘みと一瞬咽返りそうになる酸味。甘さと酸味で出汁の旨味は捉え辛いが、魚貝類の厚みや動物系の甘みは意外とあるようだ。醤油ダレは、甘味が強くコクもあるが、奥行き感はいまひとつ。今時のガツンとパンチの効いたタイプとは違い、一応アッサリ系の部類に入ると思うが、“辛味”“甘味”“酸味”のバランスが悪く細部までは仕上がってはいないようだ…。平打ちの中太麺は、氷水で締められている事もあり程よいコシがあるが、表面のぬめりと食感の持続性のなさは好みではない。つけダレにしっかりと潜らせても旨味を掴みきれず、お世辞にも相性が良いとは言えないものだった。避難させておいた針生姜をつけダレに入れて試してみたが…これは苦手。中に入った具材は特に思う事はなかったが、メンマの強い甘味が強く印象に残った。

中華そば(醤油)
e0110871_0175515.jpg

e0110871_0182559.jpg

やや多めの油が浮くスープを口に含んでみると、強く舌を刺激する胡椒の辛味。タレ味は、つけめんと同じだろうか?甘味が強いもの。醤油カドが立っている訳ではないが、濃い醤油の味わいが出汁の旨味を押さえ込んでしまっているような印象を受ける。じっくりと味わってみれば魚貝の風味や昆布の甘味、それに鶏の甘味も伝わってはくるが、口内での弾け感が弱く折角の和風出汁がもったいないな…と思う。油の量や胡椒の効かせ方の割には後味がすっきりとしており、あっさりとした口当たりは好印象だったが、バランスはあれかな。中太の麺は、かなり柔な茹で加減。良い意味?で一瞬“スガキヤ”で食べているかのような風味と臭気がある。トッピング類は…ゴメンナサイ。ネギはフレッシュ感があると嬉しかったりもする。今時、580円という低価格で食べられるのは嬉しいが、タレ味で纏め上げた仕立ては好みではない。

e0110871_0321364.jpg  住所      四日市市日永西2丁目19-3
  電話番号   059-348-3990
  営業時間   11:30~14:00 17:30~21:00
  定休日     水曜日
  駐車場     完備
[PR]
by ramenmans | 2009-08-22 22:00 | ■県外■
鉢ノ葦葉@四日市市
葦葉のらーめん(醤油)
e0110871_0101317.jpg

e0110871_0104323.jpg

贅沢に飾られた多種のトッピング類がスープに与える影響が少ないのは実に嬉しい。この日のスープは、動物系濃度が強く出ていて魚介出汁も濃いめ。いつものような淡くても口内で旨味が弾けるような仕立てとは違い、どっしりとした骨太スープに仕上がっていた。印象は以前の物とは全くの別物に思えたが、葦葉テイストはしっかりと楽しめ自然と頬が緩んだ。滑らかな喉越しと粉の甘さが印象的な麺は、直ぐに飲み込んでしまうのが勿体無く思えてしまう好みのもの。素材の旨味を活かしたトッピング類も舌を喜ばせ、最後のスープ一滴まで楽しませてくれるこの一杯に感動。
[PR]
by ramenmans | 2009-08-22 00:00 | ■県外■
晴れやか@刈谷市
ピリッと!!爽快冷やしラーメン
e0110871_9431046.jpg

e0110871_9435080.jpg


スープのみを飲むとスッキリとしていて飲み口も軽やかだけど

麺を啜ると塩気を持ち上げてかなり塩辛く感じる。

魚介出汁は…もしかしたらブレない味なのかな?

奥行き感がないな。

ダマになった麺は食べ辛く、そうめんめたい。

丼の縁に盛られた辛味噌は、小さな悪魔。

思いのほか刺激が強く、舌は麻痺…。

いろいろな物がのっていて

食感や風味を楽しめるけど

正直邪魔。

普通に?美味しいけど

何度も食べたくなる味じゃないな。
[PR]
by ramenmans | 2009-08-21 00:00 | ■東三河■