<   2008年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧
筑紫飯店@東郷町
担担麺(ゴマラーメン)中辛
e0110871_22143195.jpg

e0110871_22174561.jpg

クリーム色の芝麻醤の上にかけられた真っ赤なラー油が、いかにも辛さそうだ。恐る恐るスープを口にしてみると鋭いラー油の辛さが、舌を刺激するが、いつまでも舌に残るような事はなく、引きの良い辛さが食欲を進ませる。胡麻の風味は、しっかりとしており、下地のスープの旨味は捉え辛いが、適度に食感を残した胡麻の風味はなかなか。ただ、胡麻自体の甘みは強くはないようだ。山椒も多少は使っているようだが、主張は弱く、少し物足りなさを覚えた。千切りキャベツや水菜は、意外とスープと合っているし、ミンチも良い味が染みている。中太の麺は、気持ち緩めの食感だが、持続性がありスープとの相性も良いようだ。途中で卓上のラー油と酢を加えサラッと完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-29 00:00 | ■尾張■
一番軒(澤田家)@日進市
味玉子ラーメン
e0110871_20543172.jpg

威勢の良い接客は、本店譲り。食券を手渡し、程なくして出された丼からは、豚骨らしい豚臭さが漂っている。レンゲを差し入れてみると、かなりのトロミがあり、濃厚そうな豚骨スープだな!と否応なしにも期待が高まるが、スープを口にしてみると、意外とサラッとした口当たり。もちろん豚の旨味やコクはしっかりとしてはいるが、濃度感はあまりなく物足りなさを覚えるし、タレ味が効いている訳でもないのに、妙に甘く後味は凄く塩辛く感じるものだった。食べ始めはそれ程でもなかったが、途中から相当喉が渇きグビグビとは飲めるようなスープではなかった。当然だがチャーシューは、肉の味がして、味玉は玉子の味・・・双方とも特に思う事はなかったが、風味の強すぎるネギは、少し邪魔にも思えた。バリカタでオーダーした麺は、低加水の細ストレート。粉っぽさを感じさせない茹で加減で、好みの食感だったし、食感の持続性もあるようだ。半分ほど食べたところで、店員にニンニクを頼み、味の変化を楽しみつつ一応完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-28 00:00 | ■尾張■
白神@岐阜県関市
和の神髄~夢の掛け橋 海苔梅八寸麺(らーナビ限定)

※7/23(水)~8/22(金)夜のみ限定20食
e0110871_012731.jpg

e0110871_0123784.jpg

e0110871_0131343.jpg

次々に運ばれてくる豪華な品々に思わず、凄いなぁと声が漏れてしまう。すべての品が揃ったビジュアルに笑みがこぼれ自然と背筋が伸び、心して食べなければ・・・という気持ちになる。2種類あるつけダレの一つは、涼しげな器に注がれた冷たいもの。梅の風味を効かせたアッサリ仕立てで、球体シャーベットが入っている事もあり、火照った体をクールダウンできるとてもさっぱりとしたものだ。もう一方のつけダレは、熱々。こちらは強い海苔の風味と爽やかな酸味が駆け抜けるやや味の濃い仕立てになっている。双方のつけダレに潜らせる麺は、二種類。竹の器に綺麗に盛られており、手をつけるのに少し躊躇してしまうような盛りだ。色白の太麺は、気持ち柔らかめな食感ではあるが、双方のつけダレとの相性も良く、とても香りの良いものだ。超幅広の平打ち嘉夢蔵麺は、喉越しや舌触りを楽しむというより、噛み応えや風味を楽しむもの。冷たいつけダレとの相性は、微妙にも思えたが、熱々のつけダレとの相性は上々だ。また、小鉢に入った嘉夢蔵麺を使ったまぜそばも、なかなか味わい深い。最後は、焼き玉の入ったご飯に残った温かいつけダレを注ぎ入れ、完食。見た目以上にボリュームもあるし、ひとつひとつの食材にも丁寧な仕事が成されており、目にも美味しく、最後まで楽しみながら食べる事のできる一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-26 00:00 | ■県外■
麺丸@岐阜県各務原市
しお(ミニ)
e0110871_21374345.jpg

塩とはいうものの、スープの色は、淡い醤油色。焦がしネギと甘みを帯びたコーンの風味が漂うスープを口にすると、漂う香りと同じ味・・・。魚介の風味や動物系の旨味も伝わってはくるが、厚みがあまり感じられず、タレの塩辛さとコーンの甘さが支配的になったスープだ。ロールタイプのチャーシューは、肉味が溢れるようなタイプではないが、良い味が染みていて柔らかく好印象。メンマや玉子は特に思う事はなかったが、風味の強いネギは、このスープにはあまり合っていないようにも思えた。中太のストレート麺は、ツルンとした舌触りと、歯を入れた時のモッチリ感は好みに近かったが、スープとの相性は、微妙。焦がしネギとコーンが入っていなければ、印象も少しは変わっていたかもしれないが、好みの一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-26 00:00 | ■県外■
ダンダン亭@東区
正宗担々麺(白・中辛)
e0110871_22124838.jpg

e0110871_2213275.jpg

麺の下には、猛烈な辛さを予感させるラー油の赤。そしてトッピング類の水菜やネギの緑がとても彩り良い。軽く山椒がかけられた麺をそのまま口にしてみると、やや柔らかめな食感ながらも、何かオイル系で和えられているのだろうか?ツルッと喉越しも良く、他の中華麺とは異なった風味や味を楽しむ事ができる。次にすべての具材を満遍なく掻き混ぜ、口に運ぶと、見た目とは裏腹に辛味は少なく、口から鼻に抜ける爽やかな山椒の風味や香り豊かなラー油、そして香ばしい胡麻の風味が口中を駆け巡る。痺れ感や辛さは極僅かなもので良い味の染みた肉味噌の味わいと相まって実に味わい深い。途中で、卓上のラー油と酢を少量加えあっという間に完食。欲を言えばもう少し刺激を欲しいが、香りを楽しめるしっかりと旨い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-24 00:00 | 東区
ひめは菜@昭和区
こだわりの担々麺(太麺)
e0110871_2212623.jpg

e0110871_22123181.jpg

運ばれてきた丼からは、甘みを帯びた強めな胡麻の香りと共に控えめな山椒の風味が鼻を抜ける。所々、トロミがあるスープを口にすると、ネットリとした芝麻醤の食感があり僅かに酸味もある事もあり口当たりはあっさり。口に含んだ瞬間のラー油や山椒、そして胡麻のフレーバー感は好印象。ただ、それらの風味を楽しめるのは始めの数口で、かなり塩分濃度が高く後味に残る苦味が気になるものでグビグビとは飲めないものだった。太でオーダした麺は、固めに茹であげられており、食感だけなら好きな部類だが、スープとの相性を考えると細麺のほうが良かったかもしれない。肉味噌は良い味がついてはいるが、少し癖のある味わいで好き嫌いがわかれるかも。一品料理も美味しく、とても居心地が良い店だったが、私には塩気が強すぎる一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-22 00:00 | 昭和区
夢@緑区
冷し担担麺
e0110871_15535525.jpg

冷たい中太麺の上には、もやしにチャーシュー・キュウリと肉味噌が飾られており、器の底には胡麻ダレが注がれている。冷たいだけに特に何かの風味が漂っている事はないが、胡麻ダレに絡ませた麺を口に運ぶと、あっさりとした胡麻ダレの風味と酸味が広がり、口当たりはアッサリとしている。ピリ辛仕立てのミンチや胡麻ダレは、どこか家庭的な味ががして、胡麻の濃度感だったりミンチの味わいに奥行き感や深みはあまり感じられない。辛さはミンチからと少量のラー油からのものだが、特に刺激が強い訳でもなく、物足りなさを覚える。チャーシューは、適度な食感を残したもので、味わいはまるで味付けマグロフレークのようだ。他のトッピング類は特に思う事はなかったが、硬めに茹であげられた麺の食感は好印象だった。暑い今の時期、サラッと食べられる一杯だが、900円という値段を考えると満足はできない。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-20 00:00 | 緑区
いづみ飯店@熱田区
担々麺
e0110871_2024583.jpg

e0110871_20243588.jpg

良い感じに年季の入った店内だが、とても居心地が良く、まったりとした雰囲気やテキパキと動き回る老夫婦の姿が印象的だ。程なくして運ばれてきた丼からは、胡麻や香辛料の香りが強く漂っている事はないが、とても良い香りがする。それほどトロミのないスープをレンゲで掬い口に運んでみると、胡麻の甘みや酸味、そして香辛料の辛味どれかが突出する事もなく、一体となった旨味が口内を駆け巡る。胡麻の濃度自体は、濃くなく、芝麻醤の下の醤油スープの存在もしっかりと捉える事もできるし、舌を刺激しない優しい辛味は、引きも良く良い味の染みた肉味噌と共にグイグイと食べ進む事ができる。ただ、少しだけ刺激やキレがなく、物足りなさを感じるが、卓上の酢とラー油をレンゲ半分ずつ入れるとより好みの味になった。担々麺以外のメニューも気になるものが多く、また行ってみたいと思わせる店だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-19 00:00 | 熱田区
味仙@日進市
台湾らーめん
e0110871_2252258.jpg

e0110871_2254521.jpg

[PR]
by ramenmans | 2008-07-18 00:00 | ■尾張■
華壱@豊明市
まぜそば大盛り(脂マシ)&チーズトッピング
e0110871_23231619.jpg

e0110871_23233998.jpg

初日にいただいたものと、麺やトッピング類、仕立てに大きな違いはないようだが、チーズがあるという事で、追加トッピングしてみた。麺を覆い尽くす食材を掻き分け、麺を引きずりだしてみると、白い湯気と共に、甘みを帯びた醤油の風味と魚介の香りが鼻を抜ける。麺を口に運ぶと、硬さを感じさせない強いコシと弾力、それでいてモッチリ感も兼ね備えた、とても食感の良いものだ。今回は、満遍なく掻き混ぜずに、部分的に味わってみる事にしてみた。アンチョビ餡の周りは、癖のない魚パワーが溢れる味わいで、スライスチーズが蕩けた部分は、チーズの味と当然だが、麺の下に注がれた醤油ダレとの相性も申し分ないし、魚介や大量の牛脂、そしてチーズとの相性も悪くはない。大盛りにした麺の量は、350グラム。量的には、それほど多いとは思わないが、脂の量が多い事もあり、後半は少しキツク感じるものだった。途中で、別皿の卵黄とニンニク、卓上の七味やラー油を加え、味の変化を楽しみつつ完食。もし次に食べる機会があれば、チーズWトッピング&辛ミンチなんていう組み合わせも面白そうだ。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-17 00:00 | ■尾張■