<   2008年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧
桜屋@昭和区
黒とんこつらーめん
e0110871_2332344.jpg

今月27日にオープンしてばかりの新店。最近閉店した港区の某店と昭和区の某店に関係のある店のようだ。店内は、ラーメン屋らしからぬ、とても落ち着いた雰囲気で大人数で行っても問題はないだろう。オーダーしてから数分、運ばれてきた丼からは、強烈なニンニク臭が漂っている。レンゲで、マー油を避けながらそっと素のスープを掬い鼻を近づけてみると、豚骨特有の臭みは殆どなく、甘みを帯びた脂の香りが鼻を抜ける。口に含んでみると、口当たりは比較的軽めで豚の旨味も伝わってくるし、コクもある。しかし、脂の量でややコッテリとしたように感じてしまうが、豚濃度は弱く、物足りなさを感じるもの。マー油の風味や味わい、スープやタレ味も含め、特徴がなくありきたりの味・・・と言ったら語弊があるかもしれないが、特にどうこう思うような味ではない。細めの麺の食感やチャーシュー・煮玉子の味わいも特にこれと言って思う事もなく、ごくごく普通に食べられる。ご飯物や一品物も多くあり、使えるお店かもしれないが・・・一回で良いかな。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-30 00:00 | 昭和区
はまゐば@昭和区
冷やしつけ麺・醤油
e0110871_21282565.jpg

e0110871_21285220.jpg

券売機のポップをみて昨年の嫌な記憶が蘇ったが、もしかしたら?と淡い期待を胸に“冷やしつけ麺(醤油)”のボタンを押す。始めに手渡された麺の入った丼、そしてつけダレの入った器を目の前にドキドキしながら手をつける。先ずは、つけダレを口にするとそのままでは飲めない事はないが、味は強め。始めの数口は、魚介の甘みや柑橘系の酸味などを感じるが、醤油ダレの甘みと塩分が強く、ゴクゴクとは飲めないものだ。そんなつけダレに潜らせる麺は、以前のような自家製のものではないのだろうか?どこかで食べた事があるような気もする。良い感じに締められており、程よい弾力と喉越しを楽しむ事ができるが、風味もつけダレとの相性もお世辞にも良いとは言えないものだ。最後は、スープ割をお願いし出汁の旨味を確認しつつ一応完食。昨年ほどのダメージは受けなかったが、三度目はないかな。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-30 00:00 | 昭和区
喜多楽@中区
もえちゃん
e0110871_2248326.jpg

一目惚れしたのは約2ヶ月前。カウンター越しに受け取った丼を目の前に思わず笑みがこぼれる。“口に含んだ瞬間のインパクト”と“食後の余韻”を兼ね備えたラーメンは、今まで数えるほどしか食べていないと思う。この一杯は正しく私の求めていたラーメンだ。スープの旨味や濃度がどうだとかなんて事を一切考えさせる暇を作らせず、麺が干上がるまで無我夢中でスープを啜り、気が付けば麺もトッピング類もなくなっていた。これが最後なんだなと少し切ない気持ちになりながら、〆に残り少なくなったスープと卓上の一味唐辛子をご飯に注ぎ入れ一気に完食。大満足の一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-29 00:00 | 中区
あっ晴れ@大府市
世界のカマアツ・大盛り(気合マシ)
e0110871_1848953.jpg

e0110871_18483298.jpg

e0110871_18533951.jpg

今日は、ガッツリと濃い味の物を食べたい・・・という事で、気合マシ。しかし『世界のカマアツ』てwオモロー。お盆に乗せられたつけダレをカウンター越しに受け取ると、気合マシにした事もあり、分厚い脂の層のせいで殆ど湯気は立ってはおらず、見るからに重そうだ。次に受け取った麺の盛られた丼には、極太のピロピロ平打ち麺がこんもりと盛られ、生卵・刻み玉葱・ネギ、そしてたっぷりのニンニクが飾られている。先ずは掻き混ぜずに麺のみを口にすると、コシはそれほど強くはないが、もっちりとした食感とヌタッとした独特な舌触りを楽しめる。つけダレは、以前いただいた『つけ麺』と同じだろうか?細かな背脂や脂の量がかなり多く、口当たりは重く感じ、タレ味とも相まって甘味の強い仕立てになっている。唐辛子も入ってはいるが、辛さよりもやはりタレの味のほうが強くメリハリ感に欠けるようにも思える。各食材をしっかりと掻き混ぜた麺は、泡だっており、つけダレに潜らせるとしっかりとスープを持ち上げてはくれるが、不思議と旨味が舌に乗らないというのが正直な感想だし、ニンニクの風味が支配的になってしまうようだ。味変えパーツ?は、入れた直後の効きは良いが、直ぐにタレ味に飲み込まれてしまい少し役不足のようだ。最後は、雑炊で締めてサラッと完食。面白い一杯だとは思うが、一回でいいかな。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-28 00:00 | ■知多■
得道@尾張旭市
鶏冷やし
e0110871_10473653.jpg

e0110871_104833.jpg

e0110871_10483373.jpg

麺を覆い隠すほどの食材の隙間からそっと麺を引っ張り出しみると、現れるのは魚香油と和えられた全粒粉入りのZ1号。口に運ぶとツルッと唇を滑り、口に含んだ瞬間に強すぎない魚介の風味がフワッと広がる。グッと噛み締めてみると、大袈裟かもしれないが、バキッ・ポキッと音が出ていそうなほどの凄い歯応えを楽しめ、味わいは、まるで冷たいまぜそばのようだ。トッピング類の各素材感を一通り楽しんで、万遍なくかき混ぜると、めかぶのネバネバ感や揚げ玉のサクッとした食感、そして鶏肉やらミンチなどの異なった食感や風味が口中に広がり、いろんな味を堪能できる。徳利に入ったトロミのある冷たいスープは、黒胡椒の効いたアッサリ鶏スープ。丼に少しずつ流し入れていくとキリッとした胡椒の辛味とスッキリとした鶏の風味が加わり、ぶっかけ風としても楽しめるし、別皿に添えられた柚子胡椒も風味変えには欠かせないパーツだ。又、卓上の一味唐辛子も良く合う。お腹がいっぱいで、丼に残ってしまったトッピング類やスープを綺麗に片付ける事ができなかったが、期間限定とはいえ400円でこの一杯を食べられるのは実に魅力的だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-28 00:00 | ■尾張■
ばーばら@幸田町
油そば・大盛り(葵さん仕様)
e0110871_23102476.jpg

e0110871_23104815.jpg

券売機で油そばを購入し、小声で“葵さん仕様で・・・”と小恥ずかしい思いをして券を渡す。程なくして出来上がった丼をカウンタ越しに受け取ると、ズッシリと重く、白い湯気と共に強烈なニンニクの香りが嗅覚を刺激する。スプーンと割り箸を使い満遍なく掻き混ぜて麺を口に運ぶと、タレ味がどうだとか脂の甘みがどうだとかなど分からないほどのニンニク臭と辛さが舌を刺激する。硬めに茹であげられた麺の食感や粗引きミンチの独特な食感と味わい、そしてシャキッとしたモヤシの食感が心地よく、辛さとニンニクパワーにも引っ張られグイグイと食べ進む事ができる。麺・タレ・脂の馴染みは、お世辞にも良いとは言えないが、生卵が繋ぎ役になり、ミンチや玉葱も良い感じに持ち上げてくれる。途中で卓上の魚粉や酢を加え味の変化を楽しみつつサラッと完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-27 00:00 | ■西三河■
まるぎん商店@岡崎市
博多豚骨らーめん
e0110871_023115.jpg

一言で言うと、コクはあるけど濃度感がない・・・というのが正直な感想。スープを口にすると比較的軽めな口当たりでありながら豚の甘みはしっかりと伝わってくるし、旨味がしっかりと引き出されている事もわかる。しかし、目に見えない脂感を強く感じ、まるで濃厚なスープのように思えてしまうが、豚濃度自体はそれほど強いとは思えない。飾られるトッピング類は、チャーシュー・キクラゲ・ネギとオーソドックスな具でスープとの相性はもちろん良く感じるものだが、ゴマの風味とスープから漂う豚の匂い以外の風味が、あるラーメンを連想させるのは私だけだろうか?バリカタでオーダーした細麺は、サクッと食感が良く、好みの茹で加減だし、別に出された高菜も良い味を出していると思う。私が好む濃度感とは異質なものだが、サックリと腹に納まるし、お店の雰囲気も含め、気持ち良く食事ができるのは嬉しい。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-27 00:00 | ■西三河■
華壱@豊明市
冷やしそば味噌
※期間限定メニュー 平日のみ夜10杯 6/25~7/7
e0110871_14472862.jpg

e0110871_14475094.jpg

和風出汁が味噌に負けていない!というのがスープを啜った第一印象。スープを口に含むと、グレープシードオイルを使ったという海老油の甘みと、程よい塩気と甘さのある味噌の味わい、そして厚みのある和風出汁の旨味が口中に広がる。味噌ダレの味わいは、デフォのものとは別物で、塩気を若干強く感じるが、和風出汁やゴマの甘みと相まって実に奥行き感のあるスープに仕上がっているし、ナッツの香ばしさや食感も良いアクセントになっている。軽く炙られたチャーシューや味玉・メンマはいつもと変わらない味わいと食感。そして甘さ控えめのバニラアイスは、時間の経過と共にゆっくりと溶け出していく訳だが、スープと一緒に口に含むと、かなりの違和感を感じるが、何度も口にすると不思議と抵抗もなくなってくる。アイスが半分ほど溶け出したあたりから、スープの口当たりが非常にマイルドになり、コクと甘み、脂肪分が加わりガラッと雰囲気が変わっていくのが面白い。味噌にアイスいやラーメンにアイスという一見合わなそうな組み合わせだが、意外や意外しっかりと計算もされているし、相性も悪くはない。好き嫌いのはっきりと分かれる一杯かもしれないが、私は好きだ。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-25 00:00 | ■尾張■
喜多楽@中区
らぁ麺・塩
e0110871_19341245.jpg

とても良い香りがするスープを口にすると、始めに感じるのは甘味すら感じる濃い煮干しの旨味。その後から積層感のある魚介の旨味や昆布類の甘味がゆっくりと込み上げてくる。動物系は濃度感こそないが、深みのあるコクとしっかりとした旨味があるし、塩加減も塩辛さを感じさせない良い塩梅だ。ただ、食べ進むにつれて、魚の塩分やエグミが浮き出てきて、スープを最後まで飲み干す事はできなかったが、バランスの取れたしっかりと旨いスープだ。サクッと茹であげられた麺や、ザクッと食感の良いメンマ・薄味の味付け玉子など、どれも味わい深さのある逸品だ。最近は、限定メニューに目を奪われていたが、基本であるこのラーメンも限定品に勝るとも劣らない旨い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-24 00:00 | 中区
華壱@豊明市
つけそばType-Hard大盛り
e0110871_22313750.jpg

e0110871_22315658.jpg

[PR]
by ramenmans | 2008-06-22 00:00 | ■尾張■