<   2008年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧
得道@尾張旭市
外道(大盛り+赤ミンチ+野菜増し)
e0110871_019878.jpg

e0110871_019339.jpg

決壊寸前(正確には決壊していた)の大迫力な盛りに思わず苦笑い。山の頂上には、辛味ペーストとドロドロの背脂・中腹には赤ミンチ・麓にはタップリのキャベツともやしが重なり合っている。そして山肌には、一歩間違えたら雪崩がいつおきてもおかしくない量のほぐし肉がドカドカと盛られ手羽元がチョコンと鎮座している。麺を引きずり出そうにも山が崩れ落ちるのが怖く、とりあえず大量の具を片付ける事になる。三分の一ほど具を食べ、麺を口にすると麺に辿り着くまでに時間が掛かった事もあり、食感は柔め。400グラムある麺の量はそれほど多いとは思わないが、ハンパじゃない量の肉に梃子摺る。醤油甘さのあるスープは、適度な豚臭さと甘みがあり、こってり感はないが、口当たりは意外とあっさり。中腹の赤ミンチと頂上の辛味ペーストがスープに馴染んでくるとプチ台湾風に味が変化し実に面白い。途中でおろしニンニクも加え味の変化を楽しみつつ余裕で完食。もっと高い山でも余裕かな。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-31 00:00 | ■尾張■
極喰う@豊田市
極喰う白湯ラーメン
e0110871_17281483.jpg

e0110871_17283281.jpg

スープから漂う風味は、先日いただいた“極喰う清湯ラーメン”とよく似ているが、酸味を帯びた独特な香りが気になる。スープを口にしてみると、始めに感じるのは、醤油のものだと思われる酸味。その後からエグミを感じる魚介の風味と強くはないが、動物系の旨味がゆっくりと舌にのってくるが、清湯ラーメン同様、やはり甘みの強いタレ味に頼りすぎているようだ。トッピング類は、メンマが変わったぐらいで、食感や味付けに特に思うこともなく、麺とスープの相性も微妙。全体的にチグハグとした印象が残るが、バランスが取れたら、結構美味しくなりそうな感じを受けた。少し時間を置いてから再チャレンジしてみたいと思う。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-28 00:00 | ■西三河■
虎玄@豊田市
担担麺
e0110871_21503331.jpg

e0110871_21505770.jpg

e0110871_2150090.jpg

丼の中に注がれたスープにレンゲを差し入れ、クルッと掻き混ぜてみると、レンゲに抵抗を感じるほどにトロミがある。漂う香りは、胡麻の豊かな風味と共に強すぎない山椒の香りが立ち上っており、手をつける前から美味しさが伝わってくるようなとても良い香りだ。スープを口に含むと、ナッツや胡麻の風味に混じり、香り高いラー油の風味と控えめな山椒の香り。そして細かく刻まれたセロリの風味と食感が良いアクセントになっている。肉味噌がスープに馴染むと甘みも加わり、食感や味わいが一段と豊かになっていくし、白髪ネギや青菜もスープとの相性が良いようだ。舌触りはザラついているが、味わいはとてもクリーミーで辛さも控えめな事もあり、ツルッとサラッと飲み干す事ができる旨いスープだ。麺は、気持ち柔らかめの食感だが、スープの絡みは上々。ただ、スープを口にした時よりも麺を啜った時の方が山椒の風味を強く感じ少しだけ香りがキツク感じた。オーソドックスな担々麺だとは思うが、しっかりと美味しい一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-28 00:00 | ■西三河■
和@豊田市
とよた流 焼らあ麺
e0110871_22451826.jpg

このお店の麺を中華なべで炒めた焼きそばが、スープの中に入った一杯。ソースの主張は意外と控えめだが、焦がしたキャベツの風味が支配的だ。下地のスープは、炒め油やソースの風味に掻き消されしまっており、素材感を窺い知る事はできないが、微妙に酸味があるのが気になるものだった。麺の食感は、炒めてあることもあり、水分の抜けたカリッとしたもの。最後の最後まで熱々で食べるのに苦労をしたが、ニンニクパウダーなどを入れて味を誤魔化しつつ一応完食。興味がある方は是非・・・
[PR]
by ramenmans | 2008-05-28 00:00 | ■西三河■
くわとろ@豊田市
黒マー油豚骨
e0110871_2293660.jpg

e0110871_2295989.jpg

カウンター越しに受け取った丼からは、白い湯気にのり、苦味を帯びたニンニクの風味が漂っている。スープを口にすると、もともとのスープに力がないだけにマー油の風味が支配的になっている。下地のスープは、もちろん豚らしさは伝わってはくるが、旨味は軽く、脂に頼りすぎているし、甘さと塩辛さが入り混じったタレ味も少し苦手だ。意外と厚みのあるチャーシューは、濃いめの味付けで肉味は希薄。他のトッピング類は特に思う事もないかな。バリカタでオーダーした極細麺は、サクッと食感が良く好みの茹で加減だが、全体的に濃い味わいのこの丼の中でも麺自体の風味がスープに移るのが早く、少し気になるものだった。マー油の風味にも釣られてサラッと完食したが、もう一度食べたいという気持ちにはならなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-28 00:00 | ■西三河■
むつみ屋@東海市
醤油らーめん
e0110871_1821576.jpg

目の前に運ばれてきた丼の中には、これでもかというぐらいに大量の魚粉が浮き沈みしており、一角には多めの胡椒も振り掛けられている。スープを啜る前からエグミを感じるような強い魚介の風味が漂っている丼の中にレンゲを差し入れスープを口にすると下地のスープの旨味がどうだとか、そんな事を感じさせないほどの強烈な魚感が口内を襲い、素材感は捉えにくく魚粉と胡椒の味が大半を占めている。タレ味に醤油感はなく、独特な甘さがあり効きもイマイチのようだ。チャーシューやメンマ、麺も魚粉まみれで、どんな味が染みているのか正直わからなかった。魚の風味を効かせたスープは好きだが、積層感のない単調な味わいのスープは好きではない。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-27 00:00 | ■知多■
満福@春日井市
まぜそば(大盛り)
e0110871_181248.jpg

大盛りにした事もあり、麺の量は400グラム。ドッサリと盛られたトッピング類をこぼさないように麺を引きずり出すと、甘みを帯びた醤油ダレの風味と共に極僅かに生姜の香りが漂う。麺だけを口に運ぶと、油も少ない事もあり、味わいはまるで焼うどん。麺の食感は、少し柔らかめで、以前いただいた“ラーメン”“連獅子の汁なし男そば”よりも細く思えるのは気のせいだろうか?タレとの馴染みや脂との絡みは上々だが、麺に力強さがなく物足りなさを覚えた。フルトッピングでオーダーした具は、チーズ・花かつお・ポテトチップス・マヨネーズなどなど盛り沢山。満遍なく掻き混ぜようにもこの量だとうまく馴染まなく、とりあえず各パーツを単品でいただく事になる。チーズやポテトチップスは、この丼の中では食感や風味のアクセントにはならず、キムチとマヨネーズの味が大半を締めてしまうし、花かつおも量の割には主張は控えめ。卵黄も味をまろやかにするアイテムにはなりきれていないようだ。中盤から別に出されたニンニクをいれると、それなりにパンチが出てくるが、この丼の中で味の中心になるものがなく、ぼんやりとした印象だけが残るものだった。比較的大人しい味わいで食べやすい一杯だったが、満足感を得る事はできなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-25 00:00 | ■尾張■
慈庵@守山区
塩げんこつそば
e0110871_2305736.jpg

e0110871_2312577.jpg

トッピングは、柚子の風味が漂う、食感のとても良いメンマ・マスタードの香りと鶏の旨みに満ち溢れたチャーシューは、拘りがヒシヒシと伝わってくる逸品。見る見るうちに膜が張ってくるスープをレンゲで掬い、口にしてみると、豚骨を使っている割には意外と鶏の風味を強く感じるもの。豚の旨味はしっかりと抽出されているようだが、少々油感が強く、口当たりはやや重め。動物系の旨味に見え隠れするかのように和風出汁の旨味が顔を覗かせるが、素材感は捉えにくい。ただ、後味に残るホタテの風味や素材の甘みから積層感があることは確かだ。タレ味は、カドを感じさせない良い塩梅だが、個人的にもう少し塩気が欲しいと思った。中太の麺は、ツルンと喉越しの良いものだが、スープとの相性は微妙だし、麺の風味と食感の持続性のなさが気になるものだった。普通に美味しいと思える一杯だったが、余韻が残らない・・・。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-23 00:00 | 守山区
得道@尾張旭市
外道(汁あり)
e0110871_2345877.jpg

e0110871_2352920.jpg

e0110871_2355670.jpg

今にもスープがこぼれ落ちそうな丼を恐る恐る運んでくる店員の目は真剣だ。目の前にそっと置かれた丼は、なんとも挑発的なビジュアルで、ほど良い豚臭さと如何にも甘そうなタレの風味が漂っている。背脂の塊が浮き沈みするスープを口にすると見た目とは裏腹に意外と優しい味わい。スープに濃度感はないが、豚の旨味もしっかりと伝わってくるし、濃口醤油を使った甘さのある口当たりは、このお店のデフォとは全くの別物。食べ進むにつれて、スープの中とほぐし肉の上にドッサリと盛られた背脂がキツクなってくるが、手羽元についた甘酸っぱい煮凝りが、熱で溶け出すとサッパリ感がプラスされ、辛味噌を溶かすと味に締りが出たりと計算されているなという事がヒシヒシと伝わってくる。トッピングは、茹でたキャベツともやし、ほぐし肉に手羽元とお腹いっぱいになる量だ。麺は、まるでうどんのような食感の7号。スープの中に入ったこの麺を食べるのは初めてだが、“まぜそば”“つけ麺”で食べる食感の方が好きだ。しっかりと旨い一杯である事には変わりはないが、先週いただいた“汁なしの外道”のほうが好みだった。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-23 00:00 | ■尾張■
本郷亭@名東区
クロレラおりしつけ麺
e0110871_18461885.jpg

涼しげな器に入ったつけダレは、甘みの強い醤油ダレに魚介の風味と僅かな酸味があるあっさり仕立て。中には大根おろしがたっぷりと入っており、独特な食感と甘さがあるが、味わいはありがちな麺つゆだ。クロレラを使ったという緑色の麺は、しっかりと締められており、ツルッとした喉越しを楽しむ事ができるが、麺肌が硬すぎて、つけダレとの相性は微妙。トッピング類は、豚肉・梅干・わさびなどが飾られているが、特に思う事はなかった。これからの季節にはうってつけの一杯だとは思うが、量が少なく、お腹が満たされなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-22 00:00 | 名東区