<   2008年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
喜多楽@中区
もえちゃん
e0110871_22501984.jpg

e0110871_22504876.jpg

甘味を帯びた香ばしい海老の風味が穏やかに漂うスープを口にすると、濃い鶏の甘味と旨味が、口中に広がる。舌と脳で感じる濃度感はそれほどでもないが、唇と喉で感じる濃度が心地良く、柔らかな海老の風味と相まって実にバランスの取れているスープだ。タレ味は、若干塩辛さを感じるが、スープの甘味を引き立てる良い塩梅で、スープの旨味を底からしっかりと支えている。イメージとしては、鶏白湯白えびつけ麺をアッサリとさせたような感じだが、物足りなさを微塵も感じさせない、厚みのある旨いスープだ。美白でオーダーした麺は、今昔と同じ細めのストレート。硬めに茹であげられており、表面のもっちり感とサクッとした歯切れが特徴的。スープとの相性に違和感はないが、もう少しだけスープが絡むと、より好みに近かったかもしれない。こんがりと焼き色のついたチャーシューや煮玉子は、若干味が濃い目にも思えたが、素材の旨味もしっかりと伝わってくるもの。鶏白湯白えびつけ麺のように、途中でユズ七味を入れたくもなったが、気が付けが丼の中は空っぽに。実に満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-04-29 00:00 | 中区
和仙堂@中区 閉店してます

つけ麺ハーフ


削除しました


[PR]
by ramenmans | 2008-04-29 00:00 | 中区
奏@中区
トマトらーめん&チーズトッピング・シングル
e0110871_21581292.jpg

e0110871_2158281.jpg

真っ赤なスープに飾られたトッピングは、2色のパプリカにルッコラ・ホールトマトと、ラーメンらしからぬビジュアルだ。スープを口にしてみると、味わいはとてもスッキリ感があり、あっさりとした口当たり。トマトの甘酸っぱさと柔らか味のある鶏の旨味がバランス良く折り重なっており、第一印象はまるでスープパスタのようだ。個人的に塩気が足りないように思えたが、爽やかさすら感じるこのスープは、好きな味。追加トッピングでオーダーしたチーズは、直接スープに味の変化をもたらす事はないが、麺と一緒に食べてみるとなかなか面白い。刻み玉葱や炙りチャーシューは、味については特に思う事はなかったが、シャリッとした食感などが良いアクセントになっていた。平打ちの麺は、前回いただいた醤油と同じ?だとは思うが、食感や舌触りに違和感を覚えた。最後は、サクサクのガーリックトーストをスープに浸しながら、サラッと完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-04-27 00:00 | 中区
喜多楽@中区
つけ麺
e0110871_2205119.jpg

e0110871_0354816.jpg

昨年いただいたつけ麺と、大きく仕立ては変わっていないようだが、つけダレから漂う香りが微妙に違うような気がする。レンゲでそっと香味油を掬い口にすると、香ばしく甘味を感じる鰹の風味がフワッと広がり、以前感じた独特なクセはなく、油を口にしただけで、美味しさを予感させる。そんなつけダレは、今時の濃厚魚介系とは違うが、ボディーのしっかりとした動物系の旨味に強すぎない魚介の風味が加わったあっさりタイプ。スッキリとした酸味とキレのある辛味がスープを引き締めており、メリハリのある、旨味に溢れた旨いスープだ。なんとなく蕎麦のような風味がある麺は、コシと弾力、そして伸びを楽しめる風味豊かなもの。つけダレに潜らせて食べ進むと、中盤あたりから、魚の風味と辛味が後退していくような感があるが、スープ自体の持ち上げも良く、スルスルと腹に流れ落ちていく。各種トッピングも手作り感溢れる逸品で一つ一つに拘りを感じるものだ。味は強めだが、そのままでも抵抗なく飲めてしまえるつけダレを一滴残らず飲み干して一気に完食。なかなか満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-04-27 00:00 | 中区
白虎@天白区
つけめん
e0110871_23171167.jpg

大きな丼に注がれたつけダレは、あまり温かくはなく、ワカメの風味が強く漂っている。そのまま口にしてみると、アッサリとしていそうな見た目とは裏腹に、香辛料を強く効かせた刺激的な味わい。和風出汁の旨味らしきものは感じ取る事ができるが、素材感に乏しいし、奥行きがあまり感じられない。タレ味は、カドが立っている訳ではないが、醤油の輪郭は意外としっかり。タレ自体に甘みがなく、スープも含めとてもビターな味わいだ。辛さは、唐辛子だけではない舌に突き刺すような刺激があり、いつまでも口の中に残る引きの悪さがある。中には、味が濃く、アルコール臭の強く感じるチャーシューや白髪ネギが入っているが特に思う事もなく、つけダレとの相性も良いとは思えなかったし、ワカメの風味が終始気になるものだった。自家製らしい麺は、表面にぬめりがあり、喉越しの良いものではないが、硬めに茹で上げられており、食感自体は好みに近いものがあった。ただ、つけダレに潜らせても味がほとんど乗ってこなく、なんとも味気ないものだった。スープ割りもできるようだが・・・そんな気持ちにもなれず。何かひとつぐらい良かった物がないか?と考えたが思いつかない。
[PR]
by ramenmans | 2008-04-26 00:00 | 天白区
連獅子@天白区
汁なし男そば&百増(限定5食)
e0110871_23201031.jpg

e0110871_23204210.jpg

ビジュアルって凄く大切だと思う・・・。色々な具がのっており、多種多様の味や食感を楽しめるが、少しゴチャゴチャし過ぎ。どの具が主役なんだろう?男そばとは違い醤油仕立てで、カドが立った風味と強い化調感・胡椒の風味が刺激的な一杯だが、比較的嫌いな味ではない。丼の底に溜まった汁を見る限り、おそらくスープの上澄みを使っていると思うが、背脂も含め甘味が弱く、量的にも物足りない。麺は、デフォのものより汁なしの方が持ち味を発揮しており、適度な噛み応えとコシを楽しむ事ができるし、油とタレ・麺の馴染みは自分好み。途中でニンニククラッシャーで更にニンニク風味を増し、サラッと完食。味はともかくとして、麺を100グラム増しただけで950円は、あまりにも高くない?
[PR]
by ramenmans | 2008-04-26 00:00 | 天白区
得道@尾張旭市
まぜそば(7号麺)&追加トッピング黒ミンチ
e0110871_22101790.jpg

e0110871_22104663.jpg

あらかじめタレと油、ニンニクで和えられた麺は、ヤマト7号。箸で持ち上げただけでプリプリ感が伝わってくるような色気のある麺だ。とにかく熱く、一気には啜れない麺を恐る恐る口にすると、甘さと香ばしさを放つネギの風味と共に、食欲を掻き立てるニンニクの風味が口中に広がる。タレ味も程よい塩気とコクがあるし、『油』と『タレ』、そして麺との馴染みも申し分のないものだ。比較的ハードな食感が多いヤマト麺シリーズの中では、モチモチ感を出した物で、ソフトな肌触りとプリッとした食感が特徴的。味変えパーツで色々と遊び、最後はサッパリと酢で〆るのが好みの食べ方。丼の底に溜まった油もきれいに飲み干しサラッと完食。実に満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-04-25 00:00 | ■尾張■
華壱@豊明市
Type-Hard
e0110871_22312938.jpg

[PR]
by ramenmans | 2008-04-24 00:00 | ■尾張■
らぁめんNeco@知多市
とんこつ正油ラーメン(チャーハンセット)
e0110871_18245173.jpg

もう何年も万楽系のラーメンを食べていない為、比較はできないが、こんな味だったかな?というのが第一印象。初めに感じるのは、甘みと塩辛さが入り混じった醤油ダレの風味。カドがある訳ではないが、かなりタレが強く感じ、豚骨の旨味は押され気味のようだ。もちろん甘みも感じるし、野菜っぽい甘さも伝わってくるが、コクがなく灰汁のような物を感じるものだ。表面に浮く脂は、それほど多くはなく、口当たりはアッサリとしているが、少々気になる風味がある。チャーシューは、味が濃いめとまではいかないが、タレの味がよく染みている。肉の味もしっかりと伝わってくるが、肉味が溢れるようなタイプではないようだ。太めの麺は、ツルンと喉越しが良く、プリッとした食感は、好きな系統だが、スープとの相性はあまり良いようには思えないし、ワカメもどうこう思う事もなかった。途中で、オイル漬けのニンニクや豆板醤で風味変えをし、一応完食はしたが、好みの一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-04-23 00:00 | ■知多■
華壱@豊明市
つけそば増し増し
e0110871_22331340.jpg

[PR]
by ramenmans | 2008-04-21 00:00 | ■尾張■