<   2008年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
花月嵐@知立市
燕大王
e0110871_1749416.jpg

期間限定という言葉に釣られて思わず注文。目の前に運ばれてきた丼からは、生臭さすら感じる猛烈な煮干しの香りが漂っている。多めの背脂が浮くスープを口にすると、漂う香りとは裏腹に、始めに舌にのってくる旨味は、化学の甘さ。煮干しの旨味は、それほど強くはないが、エグミと生臭さが終始気になるし、下地のスープに含まれているだろうニンニクの風味が煮干しと喧嘩をしてしまっており、後味があまりよろしくない・・・。タレ味も妙に甘く、サラッとしているが、不自然な甘さは苦手だ。不揃いに切られた玉葱・薄くスライスされたチャーシュー・個性の強い味付けのメンマなどは、特に思う事はなかったが、久しぶりに食べる湯で玉子には新鮮味を感じた。平打ちの太麺は、ツルッとした喉越しは好みだが、ヌタッとした食感は、あまり好きではない。アクが強く面白い一杯だったが、好みではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-29 00:00 | ■西三河■
喜多楽@中区
今昔支那そば・醤油(脂抜き)
e0110871_1975288.jpg

信頼のできる先輩フリークさんからのオススメで、無理を言って脂抜きでオーダーしてみた。前回いただいた物とは、見た目が全く違い、スープに浮く脂は、チャーシューから染み出した脂だけだ。スープを口にしてみると、デフォの味わいとは全くの別物。脂が殆どない為、口当たりはとてもアッサリとしており、スープ本来の旨味がダイレクトに舌に乗ってくる。絹のような柔らかさと雑味のない素材感溢れる自然な甘みが舌を優しく包み込み、魚介の風味がどうだとか動物系の旨味がどうとか、考えさせる暇を作らせない極上のスープを堪能する事ができる。麺やトッピング類は、どんな食感と味だったのだろう?スープに夢中になり過ぎて覚えていない。正直、もう一杯食べようかと思った程に美味かった。大満足の一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-27 17:38 | 中区
竹麓輔商店@東区
特選濃厚醤油
e0110871_19455825.jpg

如何にも味が濃そうな色をしたスープからは、強すぎない魚介の風味と共に、甘みを帯びた醤油の香りが漂っている。多めの脂が浮くスープを口にすると、始めに感じるのは、味噌でも使っているかのような濃い醤油ダレの風味。カドはないものの、舌に纏わり付くような甘さと僅かに酸味があるのが特徴的だろうか。下地のスープは、動物系の旨味は伝わってはくるが、濃度感がなく、チープとまでは言わないが、コクがない。魚感は、エグミを感じる一歩手前で、魚の甘みを感じるものだが、スープの温度が低下すると共に、苦々しく感じるものだったし、柚子皮も爽やかさよりも苦味が強く、後味の悪さがとても気になるものだった。刻み玉葱や焼き色のついたメンマは特に思う事もなく、チャーシューも好みではなかった。中太の若干縮れた麺は、固めの茹で加減で食感は好きだが、スープとの相性は微妙だ。美味しかったのか?美味しくなかったのか?と聞かれたら後者で答えるし、同じものをもう一度食べようという気にはなれなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-26 00:00 | 東区
光択@熱田区
鶏骨らーめん(並)
e0110871_17494217.jpg

鶏を使ったスープだと謳ってれば、鶏のスープだろうと信じて口にしてみたが、それらしい旨味は皆無。油とタレで纏め上げたようなスープで胡椒が効きすぎており、かなり刺激的。下地のスープは、鶏に似たブレない味・・・とでも言えば良いのだろうか?はっきり言ってチープだ。タレ味も甘さと塩辛さが入り混じった出来上がった味で、好みではないし、スープを口に運ぶ回数も自然と減っていく・・・。チャーシュー?やメンマなのどトッピング類や食感に持続性のない麺など、どれも私好みではなかった・・・。リーズナブルな値段で買い物ついでにサクッと食べられるが、同じものをもう一度食べようという気持ちにはなれなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-23 00:00 | 熱田区
得道@尾張旭市
ギャルそば~まぜそばエボリューション~曽根盛り(6玉・1.1キロ・5種盛り)
e0110871_18385468.jpg

e0110871_18392266.jpg

あまりの破壊力にあえなく撃沈。うどんがかなりの曲者だ。自信のある方には是非ともチャレンジをしてほしい。
※2月25日(月曜日)から15分以内に完食したら無料だそうだ。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-23 00:00 | ■尾張■
来来亭@東郷町
味噌ラーメン(背脂多め)
e0110871_2042098.jpg

極僅かに感じる酸味は、スープの物なのか味噌ダレの物なのかはわからないが、終始気になるもの。背脂増しにした事もあり、口当たりは、ややコッテリとしているが、クドサや重たさはない。味噌ダレの主張は、それほど強くなく、弱いながらも下地のスープである鶏の風味は一応伝わってくる。味噌はやや塩分濃度が高めで、塩辛さを感じるが、意外とコクはしっかりとしており、唐辛子のピリッとした辛味が、味を引き締めている。麺は、固さの調整ができなく柔らかめな食感だが、スープとの相性に違和感はない。セット物にした事もあり、量の多さにお腹は満たされるが、ラーメン単品では・・・。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-22 00:00 | ■尾張■
博多創作らーめん右近@日進市
右近らーめん
e0110871_19133091.jpg

掲示板に寄せられた情報によると経営者が変わったようだ。メニューも一新され、シンプルな構成になっている。カウンター越しに受け取った丼からは、少々気になる油の香りが漂っている。スープを口にすると、カドのあるタレ味が支配的になっており、かなり塩分濃度が高い。下地のスープは軽い豚骨風味で、目に見えない脂感が強く、ネットリトとした甘さが舌に纏わり付くような感がある。何となく豚骨の甘みも感じるが、スープの表面に浮く脂とタレ味が軸になっており、好みの仕立てではない。メンマや刻み海苔・ネギは特に思う事はなかったが、厚めに切られたチャーシューは、とても柔らか。肉味は強くはないが、良い味が染みている・・・。バリカタでオーダーした細麺は、サクッとした食感で博多麺らしいものだが、ダマになっていて、少々啜りにくいし、味濃いめのスープの中でも麺の風味がスープにが移っていくのがわかり、バランスはあまり良いようには思えなかった。向かいの銭湯で思いっきり汗を掻いた後ならサクッと食べられたかもしれないが・・・好みの一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-20 00:00 | ■尾張■
得道@尾張旭市
ギャルそば(らーナビ限定)夜のみ10杯
※2/20(水)~3/19(水)の限定メニュー
e0110871_1816211.jpg

e0110871_2223186.jpg

超らーめんナビ限定第11弾は、2回目の登場『得道』だ。空白の一ヶ月間を埋めるべく、手を上げてくれた事に感謝したい。魚パワー炸裂の焼き玉つけめんやSTO・プライベートブランドのヤマト麺シリーズなどフリークの心を掴んで離さない“自称、ラーメン変態親父”が放つ一杯は『ギャルそば』だ。ネギの香ばしい風味とニンニクの香りが漂う丼に盛られた麺は、三種類。デフォの太縮れ麺と新しく加わるヤマト5号・煮込みうどん用の麺が目新しい。まずは、タレと油に馴染んだ、異なった麺の食感を楽しみつつ、程よい塩気と食欲を掻き立てるニンニクの風味、そしてかけ油により甘みを増したネギの風味を堪能してほしい。味の変化の飛び道具は、黒胡椒を効かせたピリ辛ミンチ、オリーブオイルとチーズ・胡椒などで作られたイタリアンソース。そして締めに使う、温玉とレモン汁の計4種類。投入する順番は、幾通りもあるが、イタリアンソース→黒ミンチ→温玉→レモン汁の順番をオススメしたい。目玉はギャルそばにちなんだ曽根盛り!(6玉1・1キロ) 自信のある方には是非とも挑戦してほしい。又、ヤマト麺シリーズや平打ち麺などの選択も可能だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-19 00:00 | ■尾張■
こころ家@長久手町
中華そば・たまり
e0110871_20224181.jpg

濃い醤油の風味が漂うスープは、熱々。口にすると始めに感じるのは、酸味。この酸味の出所がどこなのかは判らないが終始、気になるもの。タレが強い訳ではないが、下地のスープの旨味があまり伝わってこなく、何となく動物系の甘みが醤油の風味の影から顔を覗かせる程度。魚感は香りは立ってはいないが、薄っすらと舌に乗る程度で存在感は希薄だ。タレ味は、旨味の先にカドを感じるが、柔らかい甘みと旨味の高さは、好みのものだ。脂が少ない事もあり、口当たりはとてもアッサリとしているが、スープ自体の積層感があまり伝わってこないし、素材の旨味以外の甘みが妙に気になるスープだ。中太の麺は、若干柔らかめの茹で加減で、見る見るうちに醤油色に染まり麺の味があまり伝わってこない割には、麺の風味がスープに移るのがとても早く感じるものだった。チャーシューやメンマは、素材の旨味を活かした味付けで好みに近いものだった。リーズナブルな値段で、サクッと腹に納まる一杯だが、好みではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-17 00:00 | ■尾張■
慈庵@守山区
塩そば
e0110871_21591587.jpg

e0110871_21595293.jpg

スープから漂う風味は鶏一色。少なめの脂が浮くスープの口当たりは、とてもスッキリとしており、しっかりと抽出された鶏の旨味を堪能する事ができるもの。和風出汁の香りは鶏の風味に押されており、嗅覚を刺激するような事はないが、鶏の甘味の後から積層感のある魚感と貝類の甘味とコクがジワジワと込み上げてくる。タレ味は、やや塩カドがあり、数口は塩辛さを感じるが、舌が慣れてくると、塩の甘さと奥行き感が出てきて中盤あたりから良い塩梅になってくるような印象だ。一際目を引くのが、鶏のチャーシュー。とても良い味が染みており、噛み締めると脂が染み出てくる逸品。皮の部分もとても美味しく、かなり好みのものだ。プレーンな味わいのメンマやシャキシャキの水菜は、スープの風味を邪魔する事のない、良いトッピングだ。中太のストレート麺は、固めの仕上がりで、食感に持続性があるもの。喉を滑らかに流れていくようなツルッとした舌触りだが、このスープとの相性は、あまり良い様には思えなかった。しっかりと旨い一杯である事には変わりはないが、曖昧な記憶の池下時代とは、何かが違い、余韻を楽しむ事は出来なかった・・・

名古屋市守山区苗代2-13-16ホスティー苗代2B
18:00~23:00
[PR]
by ramenmans | 2008-02-15 00:00 | 守山区