<   2007年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧
華壱@豊明市
つけそばType-Hard(あつもり)&チャーシュー
e0110871_1919421.jpg

e0110871_1920843.jpg

今年の〆の一杯は、一番食べた“つけそばType-Hard”更新していないものも含めて51杯食べていた。濃厚なつけダレに、牛脂や香油が和えられた極太麺を潜らせ口に運べば、積層感ある旨味が口の中いっぱいに広がり、自然と頬が緩む。トッピングのチャーシューも香ばしく炙られており、肉味が溢れる逸品だ。もう一杯、他の物も食べたかったが、ひっきりなしに客が訪れ渋々店を後にした・・・。実に満足度が高く、人を惹きつける魔力を持った一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-12-30 00:00 | ■尾張■
得道@尾張旭市
ぴーかんつけ麺&チーズリゾット
e0110871_1058161.jpg

通常の焼き玉つけ麺よりも少なめの麺には、海老油が和えられており、海苔をめくると香ばしさと甘みを帯びた香りがフワッと広がる。歯応え重視の麺は、噛み締めれば小麦の風味と共に海老の風味が口いっぱいに広がり、卓上のらーめんダレを注ぎ入れれば、まるで油そば。この麺を潜らせるつけダレは、いつもよりも濃度感こそないが、豚のコクがしっかりと伝わってくるもの。魚もしっかりと効いており、唐辛子よりも胡椒の辛さがキリッと全体を引き締めている。中に入ったサンバルソースは、やや少なめだが、おそらく次のステージに移行させる為にあえて少なくしているのではないだろうか。
e0110871_10592522.jpg

焼き玉をオーダーすると、ご飯と玉子・2種類のチーズ(粉チーズ・とろけるチーズ)が出され、玉子をとじているところに焼き玉が登場。グツグツと煮えたぎるつけダレに玉子・チーズ・ご飯の順に投入すると、リゾットの出来上がり。トロ~リ蕩けたチーズとスープの味を吸った、ご飯の味わい。それに半熟を維持した玉子の食感が相まって、言葉では言い表せない美味さを楽しむ事ができる。このチーズリゾット、かなり旨い。実に満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-12-28 00:00 | ■尾張■
拉ノ刻@中村区
大松
e0110871_1122190.jpg

e0110871_11394152.jpg

e0110871_11401819.jpg

綺麗に並べられたチャーシューからジワジワと脂が染み出ているスープを口にすると、初めに感じるのは、醤油の風味とコク。カドのない滑らかな風味に柔らか味のある醤油の甘さが特徴的。スープは、根菜類の優しい甘みの後から、濃いめの鶏の旨味や魚介の風味などが、一つに溶け合いゆっくりと口の中に広がり、重層感のある旨味を堪能する事ができる。チャーシューは、良い味が染みており、適度な食感を残したもの。赤身の旨味よりも脂身の甘さが際立っており、染み出た脂がスープにコクと深みを与えている。製麺所が変更された中太の麺は、もっちり。麺自体が少し塩辛く感じるのは気のせいだろうか?以前の麺の食感や風味は、あまり覚えてはいないが、それほど違和感もなく、ツルッと喉を滑っていくものだ。スープを飲み干す事はしなかったが、しっかりと旨いし満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-12-28 00:00 | 中村区
鬼ぶたらーめん@刈谷市
青鬼ラーメン
e0110871_175787.jpg

e0110871_17573981.jpg

唐辛子の輪切りが多く浮くスープは、いかにも刺激が強そうに見えるが、唐辛子の辛さよりもニンニクの辛さと苦味が一際目立っている。味わいは、一応あっさりの部類に入るが、下地のスープである鶏や野菜類の風味は、タレ味とニンニクの風味に押されており、殆ど感じ取る事ができない。スープの中には、調理されたスライスニンニクやミンチが入っているが、特に思うこともなく、この店自慢のチャーシューも、あまりコンディションが良いようには思えなかった。ニンニクや唐辛子が入っていると、風味に釣られて完食してしまうが、この一杯はちょっと・・・無理。
[PR]
by ramenmans | 2007-12-27 00:00 | ■西三河■
らぁめん青葉@中区
醤油らぁめん
e0110871_2203964.jpg

厚い脂の層ができた丼からは、殆ど湯気が立ってはおらず、癖のある独特な油の香りが漂っている。だまになった麺を解しながらグイッと持ち上げてみると、いかにもカドがありそうな醤油の風味が立ち上る。麺の食感は、柔らかめで好みの茹で加減ではないが、スープの持ち上げは良いようだ。スープの味わいは、タレ味が頑張っており、下地のスープの風味があまり伝わってこないもの。なんとなく、魚かな?野菜かな?と感じる程度で醤油の風味にスープの旨味が飲み込まれてしまっているようだ。醤油は、コクや深みのあるものだが、所々にカドがあり、甘味があまりないビターな味わい。口当たりは、意外とあっさりとしているが、後味に残る個性のある香ばしさと独特な風味が苦手だ。トッピング類は特に思う事はなかったが、ホロホロと崩れるチャーシューの柔らかさは好みだった。決して美味しくない訳ではないが、私の口には合わない一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2007-12-26 00:00 | 中区
華壱@豊明市
つけそばType-Hard(あつもり)
e0110871_1952594.jpg

[PR]
by ramenmans | 2007-12-26 00:00 | ■尾張■
ラーメン工房

冬のらーめん


削除しました


[PR]
by ramenmans | 2007-12-23 00:00 | ■西三河■
喜多楽@中区
☆黒神(デビル)大盛り☆&背油ドカ盛り&岩のり
e0110871_20443142.jpg

e0110871_20445513.jpg

e0110871_20452112.jpg

できる限りご要望に応えてくれるらしい・・・ならばという事で、背脂をドカ盛りでオーダー。カウンター越しに受け取った丼は、ズッシリと重く、いかにも食べ応えがありそうだ。麺は、大盛りにした事もあり、420グラム。たっぷりの背脂と賑やかな具材を万遍なく掻き混ぜ麺を持ち上げてみると、色濃く染まった麺を滴り落ちる脂の姿が何とも悩ましい。前回は、脂の量がそれ程多くはなく、所々、麺がダマになり、上手く混ざりきらなかったが、増量した背脂が潤滑剤になり、気持ち良くすべてのパーツが馴染むようになった。中盤、味が単調になってきた頃にトッピングの岩のりを加えて味の変化を試してみたが、コレは失敗。スープに浸していない為、香りが立たなく変化に乏しかった。別皿の辛味ペーストは、スパイスの効いたカレー風味。軸になっているのは豆板醤だろうか?複雑感のある旨味にカレーの風味が加わった個性的なものだ。辛さは、かなり刺激的で、一気に毛穴が開くようなものだが、不思議と後に残らず、劇的に味の変化を齎す悪魔的なパーツだ。420グラムの麺量は、それ程多いとは思わないが、油ギッシュな味わいで、かなり腹に重く感じるものだった。次の店でもう一杯予定していたが、本日は、コレにて終了。なかなか満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-12-22 00:00 | 中区
一蘭@中区
ラーメン
e0110871_2041915.jpg

大行列の為、諦めた事が数回・・・やっと訪れる事ができた。とても窮屈で圧迫感のある空間は、どうも意心地が悪い。味は・・・取って付けたかのような不自然な甘みが印象的なアッサリ豚骨。豚の甘みは伝わってくるが、それよりも脂の風味が一際目立っており、好みではない。辛味の効いたペーストは、気のせいだろうか?極僅かに酸味があり、唐辛子の辛さで甘いスープに変化をもたらしてくれるが、特にどうこう思うような事はなかった。固めでオーダーした麺は、私の中では柔。チャーシューも肉の旨味が伝わってこなく、モサッとしたような食感で苦手な部類だ。美味しかったのか?美味しくなかったのか?と聞かれたら後者で答えるし、750円も出せばもっと美味しいものが食べられたのにと、肩を落として店を後にした。
[PR]
by ramenmans | 2007-12-21 00:00 | 中区
弐番手@中区
まぜそば・大盛り
e0110871_19263356.jpg

e0110871_19271031.jpg

e0110871_19272760.jpg

賑やかな具材が盛られた丼は、なんとも心をくすぐるビジュアルだ。具を掻き分け、麺を引きずり出すと、食欲を誘う香ばしいマー油の香りが嗅覚を刺激する。茹でキャベツ・刻み玉葱・イカの姿フライ(多分コレ)を砕いたものなどをよく掻き混ぜ口にすると、多種多様な食感と風味が口の中いっぱいに広がる。タレ味は、やや甘めで、麺や具の量の割には、少なめ。油も少ない事もあり、タレと麺の絡みはイマイチだろうか。麺の上に飾られた具材以外にも、ナッツや粗引きの胡椒・甘辛い味の染みた角煮が入っており、食べていて楽しさを覚える。中盤あたりから味が単調になってきたら、卓上に置かれたチリソースを加えると酸味と辛味が加わり変化を楽しむ事ができる。個人的には、もっともっと油が多く、尖がった食材や次のステージに移行させるようなパーツがあると好みに近かったかもしれない。
[PR]
by ramenmans | 2007-12-20 00:00 | 中区