<   2007年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧
めんず@春日井市
つけ麺
e0110871_16441519.jpg

それ程、熱くはないつけダレからは、啜る前からエグミを感じさせるような魚介の香りが漂っている。そのまま口にしてみると、魚介の風味やスープの旨みよりも先に、角の立った醤油ダレの味と強い化調感が舌を直撃する。豚骨屋らしく、強い豚の旨味を勝手に想像していたが、スープに力強さもないし、辛味や酸味も控えめで塩分濃度の高いタレ味ばかりが強調されている。中には、チャーシュー・メンマ・玉葱などが入っており、食感や味付けに特に思うことはなかったが、このつけダレには玉葱は合っていないように思えた。中太のストレート麺は、適度に締められており、ツルツルとした喉越しとコシの強さは良いが、つけダレとの相性はあまり良くないようだ。別皿には、ネギと味付玉子が添えられているが、ネギはわざわざ、つけダレに入れる事はしなかったし、玉子は驚く程に味が強いものだ。ネギ以外の固形物はなんとか腹に押し込んだが、つけダレは、飲み干す事はできなかった。すべてにおいて私の口には合わない一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-30 00:00 | ■尾張■
日心月歩@春日井市
淡麗しょうゆそば
e0110871_20355571.jpg

多めの魚粉が浮き沈みする丼からは、強い魚介の香りが漂っており、スープを口にする前から魚介の風味を前面に出した一杯である事が想像できる。ややざらついた舌触りのスープの味わいは、とてもあっさりとしており、魚粉が使われているこもあり魚感がかなり強い。魚粉の風味に見え隠れするかのように、柔らか味のある醤油の風味や動物系の旨味もちゃんと伝わってくるが、和風出汁の旨味は、魚粉に飲み込まれてしまっているようだ。トッピングは、柔らかなチャーシュー・食感の良いエリンギ・三つ葉・味玉などの具がのり、どれも食感・味付け、共に特に思うことはなかったが、エリンギが使われているのは、少し新鮮だった。中太のストレート麺は、固めの湯で加減でスープとの相性は申し分ないし、喉越しのとても良い麺だ。普通に美味しいと思える一杯だが、何かひと味、足りないような気がする。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-30 00:00 | ■尾張■
華壱@豊明市
つけそばTypeHard大盛り
e0110871_105584.jpg

[PR]
by ramenmans | 2007-09-29 00:00 | ■尾張■
極っ庵@安城市
汁なし担々麺(夜限定)
e0110871_22152711.jpg

e0110871_22154952.jpg

麺は150グラムと少なくはないが、深い丼の中では、とても量が少なく見えてしまう。モヤシやネギの風味が強めで、担々麺らしい香りはあまり漂ってはこないが、麺と汁を絡ませながら口にすると、ピリッとした香辛料の辛さと共に控えめなラー油の香りと甘酸っぱさが口の中に広がる。ゴマペーストも使われているようだが、辛味に押され気味で胡麻の風味を楽しむような仕立てではないが、引きの良い辛さと隠し味程度に入ったニンニクの食感と風味が食欲を掻き立てるものだ。ミンチは、この丼の中では存在感が薄いがタレと共に麺に絡み、柔らかな食感を楽しむ事ができる。癖のない分かり易い味でとても食べやすい一杯だが、量・刺激、共に物足りなさを覚えた。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-28 00:00 | ■西三河■
たごと@豊田市
油めん・温
e0110871_23231194.jpg

油めんというネーミングに惹かれてオーダしてみたが、目の前に運ばれてきた物は味噌らーめん?天カス・白菜・蒲鉾などが入っている事もあり見た目は、味噌煮込み似。味わいは、どこか懐かしさと親しみを覚えるような優しい味噌の風味と豆板醤の辛味の効いたピリ辛仕立て。中太の平打ち麺は、固めの湯で加減でとても食感の良いものだが、一気に啜りきることが出来ないほどに長いし、スープとの相性も良いようには思えなかった。トッピングのメンマや煮玉子は、特に思う事はなかったが、分厚く切られたチャーシューは、良い味が染みており蕩けるような柔らかさ。肉味は抜け気味だが、味わい深さのあるものだ。辛さに釣られて、猛烈に汗をかきながら一応完食はしたが、これは油めん?でもないしラーメンでもないようだ。因みに冷は、汁なしらしい・・・。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-26 00:00 | ■西三河■
華壱@豊明市
中華そば正油
e0110871_22333086.jpg

立ち上る出汁の香りと比例すようにスープを口に含めば、風味豊かな和風出汁の旨味が口中に溢れ、角のないまろやかな醤油のコクがスープの旨味をしっかりと引き立てている。動物系の旨味も芯が太く、あっさりとしていながらも濃厚に旨みが引き出されており、一滴残らず飲み干せる優しい味わいに仕上げられている。肉と脂身の旨みを堪能する事のできる柔らかチャーシューや歯ごたえの良いメンマは、相変わらずのでき。味玉も濃く色が染みたているが、味付けは控えで玉子本来の味を楽しむ事ができる。最近はまっているType-Hardとは、対極の一杯だが、完成度の高さを感じさせる癒しの一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-24 00:00 | ■尾張■
喜多楽@中区
スープカリーヌードル
e0110871_20542963.jpg

ミンチを中心にアスパラ・人参・玉子・ジャガイモ・チャーシューが彩り良く飾られ、ビジュアルがとても美しい。スープのみを啜ると、あっさりとしていながらもコクのある動物系の旨味に、程よく塩が効いたスッキリとした味を堪能する事ができる。ミンチを少しずつ馴染ませながら口にするとスパイシーなカレーの風味とミンチのコクが加わり、実に味わい深いスープに変貌する。プリプリッとした食感の麺は、スープとの相性も良く、とても喉越しの良いものだ。香ばしく炙られたチャーシューやプレーンな味わいの玉子は、食感・味付け共に申し分のないもの。野菜類は、少々固めの食感だが、野菜本来の甘みと素材感を楽しむ事ができるし、この丼の中でしっかりと存在感をアピールしている。カレーを使ったラーメンは、それほど食べた事はないが、ここ最近食べた中ではトップレベルの一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-23 00:00 | 中区
こくや@中区
鯣鶏油醤油
e0110871_21292656.jpg

カウンター越しに受け取った丼を目の前に置くと、甘みを帯びた香ばしいネギの香りが鼻を抜ける。やや多めに浮く油をレンゲで掬ってみると、こんがりと揚がったネギや細かくカットされた鯣(スルメ)の姿を見る事ができる。油のみを口にしてみると焦がしネギの風味とチー油の甘みが味を占めており、スルメの風味は殆ど感じないが、小さいながらもしっかりとした食感が良いアクセントになっている。麺を食べ進め、油の量が減ってくると、下地のスープの味が鮮明に舌にのり、柔らか味のあるまろやかな醤油のコクと和風出汁の旨味を楽しむ事ができる。トッピングの柔らかく肉味のしっかりとしたチャーシューと良い味の染みたプルプル玉子は、かなり好みに近いものだったが、メンマの食感と濃い味付けは、少々苦手だった。後半、出汁の塩分が出てきて、スープを飲み干す事が出来なかったが、最後まで食べ飽きさせる事のない面白い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-22 00:00 | 中区
いやし屋@豊田市
がっつり脂つけ麺
e0110871_233218.jpg

ゴロゴロと入った、チャーシューの脂身と厚い脂の層があるつけダレからは、殆ど湯気が立ってはおらず、レンゲを差し入れると白い湯気にのり、青臭さすら感じる魚介の風味が漂う。驚く程に熱いつけダレをそのまま口にすると、見た目とは裏腹に意外とコッテリ感はないが、兎に角甘い。多めの唐辛子が振りかけられてはいるが、辛さよりも脂の甘さと砂糖のようなネットリとした甘さが舌に残るものだ。下地のスープは、動物系のコクや魚介の旨味を弱いながらも感じ取れるが、スープから漂う魚介の香りほど、魚の旨味は強くはないように思えた。艶やかな色白の中太麺は、とても風味の良いもの。以前のような伸びとコシのあるものとは違うように思えたが、つけダレとの相性は悪くはないようだ。少し癖があり、食べ手を選ぶかもしれないが、最後まで楽しみながら食べられる一杯だと思う・・・。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-21 00:00 | ■西三河■
和@豊田市
らーめんホワイト(牛乳風味)
e0110871_2391642.jpg

見た目には、全く牛乳が入っているようには思えないが、スープを口にすると大人しい動物系の旨味や控えめな野菜の甘みの奥から乳製品の風味を伺う事ができる。油も少なくタレ味も弱めな為だろうか、全体的にぼんやりとしており、輪郭のハッキリとしない味だ。後味にバターのような風味を感じ、表現のしようがない違和感とスープのざらつき感が苦手だった。卓上の酢やにんにくパウダーを加えてみたが、相性は微妙。トッピングのチャーシューは、特に味付けがされていないようだが、肉の臭みと食感に不満が残るし、メンマやネギも風味や食感に違和感が残るものだった。中太のストレート麺は、もっちりとしており、スープとの相性も悪くはないが、食感の持続性に欠けるだろうか。美味しかったのか?美味しくなかったのか?と聞かれたら後者で答えるが、他では味わえない個性的な味で、ある意味新鮮な一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-21 00:00 | ■西三河■