<   2007年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧
華壱@豊明市
つけそばType-Hard
e0110871_23422635.jpg

[PR]
by ramenmans | 2007-05-31 00:00 | ■尾張■
大黒@中川区
醤油ワンタンメン
e0110871_23442243.jpg

タレなのか魚なのかわからないが、熱々のスープを啜った第一印象が、妙に酸っぱい。濃いめの醤油ダレの風味に見え隠れするように、柔らかい鶏の甘味を感じるものの、何か雑味を感じるし、魚のエグミも気になるものだった。大きくカットされたチャーシューやツルッとしたワンタンは、味付け・食感、共に申し分なく、好みの物だが、ネギの風味に不満が残る・・・。やや細めの麺は、固めの湯で加減だが、食感に持続性がなく、伸びるのがとても早く感じた。一杯一杯、丁寧に作られており、拘りがヒシヒシと伝わってくるが、私の口に合わなかった。
[PR]
by ramenmans | 2007-05-31 00:00 | 中川区
なるとや@中区
つけ麺
e0110871_21264328.jpg

e0110871_2127772.jpg

流水で締められた麺は、中太の平打ち。そのまま口にしてみるとツルッとした喉越しと程好い弾力があり、好みに近いもの。驚く程に熱せられた丼に鼻を近づけてみると、香ばしさにも似たチー油の香りが漂っており、麺を潜らせグイッと持ち上げてみると、白い湯気と共に嗅覚を刺激する魚介の風味が漂う。麺とつけダレの相性は、とても良く、しっかりと麺に旨味が絡み付き、醤油ダレの芳しい風味と甘味を帯びた爽やかな酸味が食欲を掻き立てるものだ。つけダレは、そのまま飲むには、タレ味が若干強めではあるが深みのある動物系のコクと魚介の風味がバランス良く折り重なっているし、スープ本来の旨味を味わう事ができるのが嬉しい。欲を言えば辛味が欲しいところだが、卓上の唐辛子を少し入れる事により、味がビシッと引き締まり好みに近いつけダレになった。昨年の物は好みではなかったが、今年の仕立ては、なかなかの好印象だった。
[PR]
by ramenmans | 2007-05-30 00:00 | 中区
麺屋維新@中区
担々麺
e0110871_1826668.jpg

やや、トロミのあるスープから漂う胡麻の香りはしっかりとしているが、胡麻の旨味は希薄。ベースになっているスープの旨味も弱く、独特な香辛料の香りが妙に鼻に付くし、ラー油の風味もイマイチ。トッピングは、炙りチャーシュー・青菜・ネギと至ってシンプル。チャーシューは、炙り過ぎていて、とても固く、甘味の強いタレ味が特徴的。青菜とネギは、フレッシュ感に乏しく、食感は柔らか・・・。中太の麺は、緩めの茹で加減で、食感・風味、共に苦手な部類。半分程食べて、席を立ったのは久しぶり。好みとは掛け離れた一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2007-05-28 00:00 | 中区
得道@尾張旭市
焼き玉つけめん
e0110871_22571866.jpg

e0110871_22574247.jpg

熱々の器に注がれたつけダレは、特に大きな仕立ての変更はないようだが、今日のスープは豚骨の甘味はしっかりと出ているが、濃度感がやや弱めだろうか。タレの味わい・魚介の風味は、いつものように深いコクと旨味を醸し出しており、サンバルソースの酸味や甘味・香辛料のピリッとした辛味がキレと爽やかさを演出し、旨味の層の厚さを感じさせる旨いつけダレだ。たっぷりと入った肉は、とても柔らかく、肉味もしっかり。以前のように焼いた物よりもコチラの方が好みだ。3号麺は、固めの湯で加減で、強いコシと弾力があり、つけダレとの相性も申し分のない。最後は、昆布や魚香油の入った割でスープの味を楽しみ完食。
[PR]
by ramenmans | 2007-05-26 00:00 | ■尾張■
こくや原田屋@中区
とん辛(醤油)
e0110871_1522482.jpg

e0110871_15223341.jpg

ベースとなっているスープは、膨らみのある醤油ダレに動物系のコクと繊細な和風出汁が加わったアッサリ仕立て。魚の香りは、それ程立ってはいないが、口にしてみると芯のしっかりとした出汁の旨味と柔らか味のある動物系の甘味が優しく舌を包み込み、深みのある醤油ダレの風味がスープを底の方からきっちりと支えた旨味に溢れた旨いスープだ。トッピングは、ピリ辛に味付けされたミンチ・煮玉子・出汁ペーストなどの具がのる。ピリ辛ミンチは肉質がとても柔らかく、辛さが食欲を誘うものだが、スープに溶け込むにつれてスープ本来の旨味は成りを潜めてしまい出汁の旨味を楽しめなくなってしまうが、舌に残らない引きの良い辛さが光る。チャーシューと出汁をフードプロセッサーでペースト状にしたというものは、出汁感は、わかり辛いが、所々に細かな肉の繊維が残っており、独特な食感と味を楽しむ事ができるし、麺と一緒に啜ると、しっかりと餡が絡み付き、トロンとした食感と、固めに茹でられた麺とのコントラストが、なんとも面白い。スープを飲み干す事はしなかったが、なかなか満足度の高い一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2007-05-24 00:00 | 中区
桜家@港区
桜家ラーメン
e0110871_2156818.jpg

e0110871_21562876.jpg

強い甘味とショッパサが入り混じったタレの味が支配的なスープは見た目とは裏腹に意外と軽い口当たり。豚骨特有の臭味は控えめだが、スープが焼けたような風味が妙に鼻に付くし、旨味も希薄。トッピングは、チャーシュー・メンマ・玉子などの具がのるが、どれも甘い味付けで、特に玉子の味は、舌にネットリと纏わり付くような甘さが苦手だった。太めの麺は、もっちりとしており、やや固めの茹で加減。食感は、私好みだったが、麺自体が塩辛く思えたのは気のせいだろうか?卓上のニンニクを入れて一応完食はしたが、好みの一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2007-05-23 00:00 | 港区
こころ家@長久手町
つけ麺・さっぱり味
e0110871_19434862.jpg

e0110871_19515145.jpg

e0110871_19522499.jpg

香ばしさにも似た魚介の香りが漂うつけダレは、酸味を効かせ、程よい辛味が味をキリッと引き締めたあっさりタイプ。多めの魚粉が浮いているせいで、ベースになるスープの味わいは押され気味だが、醤油の風味がとても良く、丸く膨らみのある旨味は私好み。やや太めの麺は、適度に締められており、ツルッとした喉越しと程よい弾力があるが、つけダレとの相性はイマイチ・・・魚粉ばかり持ち上げてしまい、スープの持ち上げはあまり良くないようだ。トッピングは、チャーシュー・メンマ・ナルト・玉子などがのり、食感・味付け、共に申し分なく、特にチャーシューは、良い味が付いており、炙られて染み出た脂の甘味と、口に入れた時の肉の口どけ感が堪らない逸品だ。最後は、割りでスープ本来の旨味を味わい、一応完食・・・。
[PR]
by ramenmans | 2007-05-21 00:00 | ■尾張■
華壱@豊明市
つけそばType-Hard(ヤマト1号・固め)
e0110871_19255122.jpg

[PR]
by ramenmans | 2007-05-20 00:00 | ■尾張■
ありがた屋@春日井市
とりだしらぅめん
e0110871_17463539.jpg

e0110871_17471885.jpg

e0110871_17473168.jpg

鶏ガラ・手羽先・手羽元・鶏ミンチなどの旨味をグッと詰め込んだ・・・などと書かれた張り紙を読むと否応無しにも期待が高まったが、スープ自体の鶏の旨味は希薄で、チー油の風味の方が強く出てしまっているようだ。和風出汁も多少は入ってるのだろうか?極僅かに魚介の風味を感じるような気がしたが、塩分濃度が高すぎて素材の旨味を鮮明に感じ取る事ができなかった。トッピングは、チャーシュー・メンマ・のり・水菜。味付け・食感、共に特に思うことはなかったが、チャーシューの臭味が少し気になるものだった。中太の麺は、固めの仕上がり。以前、感じた麺の風味が気にならなかったのは、スープの味が濃かったせいだろうか?今回は特に気にはならなかった。水を何杯も飲んで一応、完食はしたが、好みの一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2007-05-19 00:00 | ■尾張■