カテゴリ:東区( 35 )
ダンダン亭@東区
正宗担々麺(白・中辛)
e0110871_22124838.jpg

e0110871_2213275.jpg

麺の下には、猛烈な辛さを予感させるラー油の赤。そしてトッピング類の水菜やネギの緑がとても彩り良い。軽く山椒がかけられた麺をそのまま口にしてみると、やや柔らかめな食感ながらも、何かオイル系で和えられているのだろうか?ツルッと喉越しも良く、他の中華麺とは異なった風味や味を楽しむ事ができる。次にすべての具材を満遍なく掻き混ぜ、口に運ぶと、見た目とは裏腹に辛味は少なく、口から鼻に抜ける爽やかな山椒の風味や香り豊かなラー油、そして香ばしい胡麻の風味が口中を駆け巡る。痺れ感や辛さは極僅かなもので良い味の染みた肉味噌の味わいと相まって実に味わい深い。途中で、卓上のラー油と酢を少量加えあっという間に完食。欲を言えばもう少し刺激を欲しいが、香りを楽しめるしっかりと旨い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-24 00:00 | 東区
ダンダン亭@東区
麻辣麺
e0110871_2016775.jpg

e0110871_20164298.jpg

カウンターの上に置かれたお盆を目の前に運ぶと、強めの香菜や山椒の香りが漂っており、スープの鮮烈な赤色が猛烈な辛さを予感させる。レンゲで掬い、恐る恐る口に運ぶと、見た目とは裏腹に、ラー油などの辛さは意外と控えめ。スッキリとした酸味と甘さすら感じるスープの旨味に、大した事ないな・・・と余裕で数口啜っていると、舌先と唇が麻酔でも打ったかのようにビリビリとした未体験な痺れ感が襲ってきて、舌と唇の感覚が麻痺しはじめる。しかし、味覚が失われるような事はなく、味濃いめの解したチャーシューやザーサイの味もしっかりと確認する事ができる。中太麺は、ツルン・プルンとした食感でスープの持ち上げも良く相性も申し分のないものだ。スープを飲み干す事はしなかったが、最後までしっかりと楽しめる一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-08 00:00 | 東区
三河開化亭@東区
黒しょうゆらーめん(こってり)
e0110871_22531834.jpg

カウンター越しに受け取った丼からは、これでもか!というぐらいに強いニンニクの風味が漂っている。スープの表面には、厚い脂の層があり、たっぷりの背脂と揚げニンニクが浮いている。火傷しそうな程に熱々のスープを口にしてみると、下地である豚骨の旨味は希薄で、ニンニクの風味と苦味・カドの立った薄めのタレ味が支配的になっているし、化調感もかなりのものだ。こってりと謳っている割には、スープ自体にコッテリ感はなく、背脂の甘さが、相当重く、そしてくどく感じるものだった。具は、もやし・ネギ・メンマ・チャーシュー・玉子が乗り、特に思う事はなかったが、硬めに茹で上げられた細麺の食感は好印象だ。途中で、丼の淵に添えられた辛しみそを加えると僅かな酸味とピリッとした辛味が加わり、味の変化を楽しむ事ができるが、辛さに牽引力がなく、引き付けられるものがなかった。ニンニクパワーにも助けられ一応完食はしたが好みの一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-03-22 00:00 | 東区
竹麓輔商店@東区
特選濃厚醤油
e0110871_19455825.jpg

如何にも味が濃そうな色をしたスープからは、強すぎない魚介の風味と共に、甘みを帯びた醤油の香りが漂っている。多めの脂が浮くスープを口にすると、始めに感じるのは、味噌でも使っているかのような濃い醤油ダレの風味。カドはないものの、舌に纏わり付くような甘さと僅かに酸味があるのが特徴的だろうか。下地のスープは、動物系の旨味は伝わってはくるが、濃度感がなく、チープとまでは言わないが、コクがない。魚感は、エグミを感じる一歩手前で、魚の甘みを感じるものだが、スープの温度が低下すると共に、苦々しく感じるものだったし、柚子皮も爽やかさよりも苦味が強く、後味の悪さがとても気になるものだった。刻み玉葱や焼き色のついたメンマは特に思う事もなく、チャーシューも好みではなかった。中太の若干縮れた麺は、固めの茹で加減で食感は好きだが、スープとの相性は微妙だ。美味しかったのか?美味しくなかったのか?と聞かれたら後者で答えるし、同じものをもう一度食べようという気にはなれなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-26 00:00 | 東区
らあめん専門店 文化@東区
松(らあめん)
e0110871_1514647.jpg

陣屋@北区で修行をしたお店らしい。真新しい厨房で丁寧に作られた丼は熱々。スープから漂う香りとビジュアルは、好来系そのもの。スープをひと口啜ると、スープの旨味がどうだとかを感じる前に猛烈な化調感がドッカーンと口の中に広がり、塩分濃度の高いタレ味と化調の甘みが支配的になっている。スープ自体の旨味は、弱く薄いが、何となく野菜や動物系の旨味は伝わってくる。三枚のったチャーシューは、肉味は希薄で、タレの味がしっかりと染みたもの。適度な噛み応えがあり、脂身の甘さがしっかりとあるが、肉の臭みが少々気になる。メンマは、ザクッと食感が良く素材感を残したプレーンな味わいだ。麺は、短めの太ストレート。モチモチとした食感はとても良いが、スープの持ち上げはイマイチで旨味が殆ど乗ってこなかった。途中で卓上の酢やニンニクパウダーを入れ何とか完食はしたが、好みの一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2007-10-27 00:00 | 東区
三河開化亭@東区
温玉こがしみそつけ麺
e0110871_1927173.jpg

見た目で判断をしたらいけないのだろうが、ビジュアルがあまりよろしくない・・・。麩と揚げ玉が浮くつけダレからは、強い獣臭が漂っている。そのまま口にしてみると、味噌の主張は控えめであまりコクや旨味を感じなく、塩分濃度がかなり高い。下地のスープも薄い豚骨味でチープとまでは言わないが、旨味は希薄。唐辛子の姿も見る事ができるが、味を引き締めている訳でもなく、中に沈んだ豚肉もつけダレに旨味を加えている事もない。別皿に添えられた、焦がし味噌や柚子胡椒を少しずつ入れてみたが、特に思う事はなかった。ごま油で和えられた細ストレート麺は、一応締められているようだが、所々に熱が残っているしつけダレとの相性も良いとは思えなかった。好奇心でスープ割を試してみたかったがデザートのアイスが出てきてしまい断念。普段、値段の事はあまり気にしないが、880円出せばもっと美味しいものが食べられたのにと、肩を落として店を後にした。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-10 00:00 | 東区
如水@東区
しょうゆ
e0110871_07996.jpg

e0110871_08056.jpg

ファーストインプレッションは“如水の味”だが、スープを啜れば啜るほど、奥行きがない事に気づく。魚介の香りは立っているが旨味は弱く、動物系の旨味もお世辞にも“しっかりとしている”とか“コクがある”とは言えないし、旨味の密度が低くタレ味が支配的になっている。細めのストレート麺は、サクッと食感の良いものだが、スープに麺の風味が移るのが早く感じるし、食感の持続性に欠けるものだ。チャーシューは、蕩けるような柔らかさと脂身の甘さは好みだが、肉味を掻き消してしまう程の濃い味付け。メンマも、こんなんだったかなぁ?と思えてしまうものだった。美味しかったのか?美味しくなかったのか?と聞かれたら後者で答えるし、何よりも店内の臭いが凄く気になった・・・座った場所が悪かったのかもしれないけど。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-05 00:00 | 東区
ら・けいこ@東区
K麺の親子盛り
e0110871_22175127.jpg

e0110871_2218956.jpg

不用意に口にすれば、火傷をしてしましそうな熱々なつけダレは、酸味と辛味が強く刺激的な味わいだが、背脂の甘みとスープの旨味が不思議と辛味を和らげおり、後に残らない辛さが食欲を掻き立てるものだ。ややタレの味わいが強く、そのまま飲むには少々辛いものがあるが、魚介の風味や動物系の旨味はしっかりとしており、麺を潜らせると、旨味を面白い程に持ち上げてくれる。白く輝く極太麺は、ツルツルと喉越しが良く小麦の風味もしっかり。食感は、やや固めで、以前のような伸びともっちり感はないが、アクの強いつけダレとの相性は、申し分のないものだ。最後はスープ割りで、スープ本来の味を楽しみつつ一気に完食。なかなか満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-07-23 00:00 | 東区
いずみ家@東区
豚骨ラーメンしょう油
e0110871_22203034.jpg

驚く程に大きな丼に注がれたスープからは、豚骨特有の臭みはなく、甘みを帯びた脂の匂いが漂っている。スープを啜ってみると、豚骨らしさはあるが、豚骨の旨味は希薄で、タレ味と脂の風味が支配的になっている。タレは、醤油感に乏しく塩辛さと独特な甘さが入り混じったコクのない味わい・・・。トッピングは、味濃いめのチャーシュー・木耳・胡椒で味付けされたキャベツともやしがのっているが特に思う事はなかった。中太のストレート麺は、柔らかめの茹で加減で柔らかく、スープとのバランスも良いようには思えなかった。口当たりが軽くサラッと食べられる一杯だが、好みではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2007-07-23 00:00 | 東区
神楽@東区
神楽らーめん黒
e0110871_2311234.jpg

e0110871_2311183.jpg

タレを入れ忘れてはいませんか?と聞きたくなってしまうぐらいにタレ味が希薄なスープの表面には、厚い油の層がありその下には、たっぷりの背脂が浮き沈みしている。豚骨特有の匂いがやや強めのスープの旨味は、程よく出てはいるが、タレの効きがあまりにも悪いので、背脂の甘さと豚骨の甘みがかなりくどく感じる。マー油は香ばしくニンニクの香りが食欲を掻き立てるものだが、苦味が強すぎではないだろうか。トッピングは、もやし・ネギ・チャーシュー・玉子がのっているが、特に味や食感に思うことはなかった。細めのストレート麺は、カタでオーダーしたつもりだったが、啜ってみれば唇で切れてしまうほどの柔らかさ・・・。卓上のらーめんダレを入れ、半分ほど食べたが、それ以上は食べる気にはならなかった。
[PR]
by ramenmans | 2007-06-27 00:00 | 東区