カテゴリ:中川区( 49 )
丸和@中川区
丸和中華そば(チャーシュー・煮玉子トッピング) ※数量限定
e0110871_2244623.jpg

e0110871_224436100.jpg

e0110871_22445916.jpg

前回いただいた時の感動が忘れられず、再び“丸和中華そば”をオーダー。スープを口にした瞬間、頭がグラグラするかのような凄い濃度感と、動物系の甘みにも負けない魚介の旨味が一瞬で口内を満たす極上スープ。柔らかチャーシューは、やや塩気を強くも感じるがコッテリ・どっしりとした甘いスープの中では、良いアクセント。ザクッとしたメンマに優しい味付のトロトロ玉子、それに新鮮さが伝わってくるネギの風味も申し分のないものだ。大盛りにすればよかったかな?と思えるほどに美味しい麺もアッと言う間になくなる。細かい事を考えずに一気に完食。メチャクチャ旨い…何度でも食べたくなるような一杯だ。



ブログ読者限定“まぜそば”近日発売 公式サイト
e0110871_10413254.jpg

[PR]
by ramenmans | 2009-02-20 00:00 | 中川区
けん坊@中川区
しょうゆ(具別皿)
e0110871_1421170.jpg

e0110871_1424254.jpg

メニューに“かけ”もあったが、具も食べたかった事もあり、我侭を言ってトッピング類を別皿で出してもらう。カウンター越しに受け取った丼を目の前に置くと、白い湯気と共にやや強めの生姜の風味が鼻を抜ける。スープの表面に浮かぶ多めの香味油をそっとレンゲで掬い、口にしてみる。油の甘みと後味に僅かに残るネギの風味と魚感が、この一杯に酷似していると思うのは私だけだろうか?次にスープを口にすると、動物系スープに使用されていたと思われる生姜の風味が強めで、和風出汁の風味は捉え辛いが、じっくりと味わえば魚介類の旨味を感じ、椎茸の風味もしっかり。中盤から後半にかけて、舌に残る強い昆布の旨味が特徴的な出汁感だ。タレ味は、醤油カドを感じさせない柔らかい甘みがあり、風味がとても良いものだが、もう少し深みがあるとより好みかも。麺は、やや柔な食感。油が多いせいか麺にのる味は香味油が大半を締め、スープ自体の持ち上げはあまり良いようには思えなかった。又、麺の風味がスープに移るのがとても早い為、急いで食べてた方が良さそうだ…。何年も前に、数回このお店を訪れているが、うどん出汁に似たような雰囲気があり少し敬遠していたが、この一杯でイメージを払拭する事ができた。
[PR]
by ramenmans | 2009-02-09 00:00 | 中川区
はなび@中川区
トロ肉のせ和え麺・大盛り(ニンニクアブラカラメ)
e0110871_223919.jpg

e0110871_2233336.jpg

e0110871_224860.jpg

新作の~女子シカト系~ド肉ニンニクまぜそば狙いも開店一時間ちょいで売り切れ。何をいただこうか迷った挙句、トロ肉のせ和え麺をオーダー。通常のものよりかなり大きな丼に盛られ、かなり食べ応えがありそうだ。味わいのほうは、ニンニクアブラカラメにした事もあり、強めの味でややコッテリとしているが、感想は前回とほぼ同じ。醤油ダレにカドがあり、尖った部分を脂の甘みがフォローしているような印象。どちらかと言うとタレと脂で喰わせるタイプではなく、一味や胡椒の辛味で食べさせる一杯だろうか。驚くほどの刻みニンニクが盛られているが…途轍もなく苦辛く全ての風味が飛んでしまう為、間違っても全部混ぜ合わせない方が良いようだ。最後は卓上の酢を多めに注ぎいれサクッと完食。
[PR]
by ramenmans | 2009-02-01 00:00 | 中川区
丸和@中川区
丸和中華そば(数量限定)
e0110871_0352969.jpg

運ばれてくるなり漂う鮮烈な甘みを帯びた魚介の風味に自然と頬が緩む。レンゲをそっとスープの表面に置けば浮くのでは?と思うほどのトロミがあり、口にする前から濃度感が伝わってくる。スープを口にしてみると、油気を感じさせない濃厚な豚骨の旨味とエグミを感じさせないギリギリの魚介の旨みが口内を満たす。喉の通過速度が遅く感じるのは鶏の物だろうか?濃厚でありながらもくどさを感じさせない絶妙な味わいに、ひと口で昇天。タレ味は、まるで味噌のような味の濃さはあるが、奥行き感やコクもあり、スープとのバランスも申し分のないものだ。やや縮れた太麺は、プリップリッの食感。噛み締めるとドロンと絡み付くスープにも負けない粉の風味とツルンとした喉越しを楽しめる。しっとりとしたチャーシューや繊維を断ち切る食感が心地良いメンマは、とても美味しく、フレッシュ感のあるネギも好印象。気が付けば両手で丼を持ち、一滴残らずスープを飲み干していた。大満足の一杯。
[PR]
by ramenmans | 2009-01-17 00:00 | 中川区
爛々亭@中川区
特製 潮ラーメン ラーメンWalkerコラボ麺
e0110871_10483549.jpg

カウンター越しに受け取った丼を手元に置くと、一瞬怯んでしまうほどの青臭さを伴った強烈な魚介の風味が鼻を抜ける。わかりやすく言えば、ニオイのキツイ鮮魚売り場のようだろうか。恐る恐るスープを口にすると、波打ち際で海水を飲み込んでしまったかのような塩辛さと漂う風味と比例するかのような猛烈な生臭さにスープを口に運ぶ回数が徐々に減る。ホタテやマグロなどの魚介類を使うらしいが、思いのほか厚みがなく、後味がかなり苦い。豚骨の旨味は魚介の風味に押されてしまい、唇に残る油感はあるが、甘みがなく濃度感も希薄だ。トッピングは、ホウレン草の代わり?に水菜とワカメ、それにチャーシューとウズラが乗るが、特に思う事はなかった。麺は細めのストレート。固すぎない茹で加減で食感の持続性もあるものだが、スープとの相性は微妙だろうか。かなり癖のある一杯で食べ手を選ぶと思うし、この店の豚骨スープには魚介出汁は合わないかな。途中で卓上の酢やニンニクなどで生臭さを消し完食はしたが、好みではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2009-01-04 00:00 | 中川区
麺屋はなび@中川区
激辛台湾ラーメン
e0110871_1231239.jpg

2008年夏、彗星の如く現れ、フリークのみならず、ラーメン好きの方々の心をしっかりと掴んだお店。この日もお客さんの足が途絶える事なく、活気に満ち溢れた光景はまさに繁盛店。オーダーした台湾ラーメンは、“激辛”という割には思いのほか大人しいだろうか。このお店でしか食べられない一杯という事はないが、辛さとにんにくの風味に釣られてサラッと完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-12-30 00:00 | 中川区
丸和@中川区
丸和味噌つけ麺(冬季限定)
e0110871_3411047.jpg

カメラのレンズが曇るほどの湯気が立ち昇る石鍋は、グツグツと音を立て味噌のとても良い香りが鼻を抜ける。数種類の味噌をブレンドしたというつけダレは、火傷しそうな程に熱く、そのまま口にしてみると、厚みのある味噌の風味と麹を感じ、塩分控えな柔らか味のある甘みが口内を駆け巡る。それに味噌の風味に飲み込まれない強い魚感や濃厚な動物系の旨味が味噌の味わいを底の方からしっかりと支えており、柚子胡椒の引き締まるような辛さと爽やかさが、飲み口を軽やかにしてくれている。そんなつけダレに潜らせる麺は、艶々とした輝きを放ち、口にするまえから小麦の良い香りがするもの。グッと歯を入れれば程よく反発し、噛み締めれば粉の風味が口内を満たしてくれる美味しい麺だ。どっぷりとつけダレに潜らせてみれば、面白いように絡み付き、麺をゆっくりと滑っていくスープの姿がなんとも艶かしい。つけダレの中に入ったチャーシューやメンマも食感・味付け共に申し分なく、気がつけば丼の中に入ったつけダレは半分以下に減っていた。最後にスープ割をお願いすると魚介や動物の風味がより鮮明になり、自然と笑みがこぼれていた。久しぶりにコレは!と思える美味しいつけめんと出会えた事に感謝し、笑顔で店を後にした。
[PR]
by ramenmans | 2008-12-25 00:00 | 中川区
麺屋はなび@中川区
NUDMEN醤油
e0110871_1116534.jpg

以前いただいた『醤油』との大きな違いは、タレ味とスープのバランス及び魚感。口に含んだ瞬間に感じる醤油の深みとコク、それに香味油の使い方が、この一杯に似ていると思うのは私だけだろうか?タレ味に負けない強めの鶏の風味と豚の甘み、香ばしさと甘みを帯びた魚介の風味は好印象だが、すべての旨味が過剰に出すぎているように思える。中盤あたりから感じる醤油の酸味や魚のエグミも気になるものだし、厚みがあるであろう和出汁の風味も思うように舌にのってこないのが残念だ。麺は、サクッとした固めの茹で加減で食感のみは好み。スープに麺自体の風味が移るような事はなかったが、スープの味を麺が吸いすぎてしまい後半は麺の風味を楽しむ事ができなかった。香味油の量が多く、すっきり感やあっさり感には程遠く、後味に残る独特な甘みが印象的な一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2008-12-14 00:00 | 中川区
丸和@中川区
嘉六つけ麺(大盛り)
e0110871_22155265.jpg

e0110871_22162094.jpg

グツグツと煮えたぎる石鍋からは、白い湯気と共に、醤油のとても良い香りが漂っている。火傷をしてしまいそうな程に熱々なつけダレをそのまま口にしてみると、柔らか味のある酸味に香辛料のピリッとした辛味、それにすっきりとした甘みが口内に広がる。動物スープに濃度感こそないが、コクはしっかりとしており、深みのある醤油ダレの風味を追いかけてくるかのように、魚介の旨みが走り抜けていく。タレ味にカドがなく、あっさりとした飲み口で、素材の旨味をしっかりと
堪能できる美味いつけダレだ。この日から粉を変えたという麺は、とても香りが良いもの。細麺でありながら歯を押し返すような強い弾力や喉越しには目を見張るものがあり、すっきりとしたつけダレとの相性も上々だ。最後はスープ割で出汁の旨味を楽しみつつサラッと完食。

丸和つけ麺(麺少なめ)
e0110871_22172378.jpg

e0110871_22174738.jpg

オープン当初にいただいた『丸和つけ麺』とは別物。立ち昇る鰹の風味にガツンと効いた節の旨味。少し喉に引っ掛かるような濃厚な動物系の旨味に思わず頬を緩ます。キラキラと輝きを放つ太麺の食感やつけダレの持ち上げは申し分なく、あっという間に腹に納まっていた。味もさることながな、店内を流れる柔らかな空気と居心地の良さ、それに気持ちの良い接客に長居したくなるようなお店だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-12-05 00:00 | 中川区
麺屋はなび@中川区
無化調 塩マニア
e0110871_157127.jpg

このお店の丼とスープは、驚くほどに熱い。わかっていても気を抜いて麺やスープを啜ろうものなら、火傷をしてしまうだろう。黄金色のスープには薄っすらと香味油が浮き、甘みを帯びた魚介の風味と共に極僅かな鶏臭さが漂っている。スープを口に含むと、出汁の旨みよりも、先に感じるのは、塩気の強さ。何口も飲み進めていけば、舌も馴れてくるが馴れた頃には、煮干しのエグミが気になってしまう。貝柱などの食材を多く使っているようだが、鮮明には舌に旨味がのらず、口内での素材の弾け方が弱いように思える。麺は、柔ではないが、少し食感に頼りなさがあり、いつも思うが麺の風味がスープに移るのが早く感じるものだ。トッピング類は、特に思う事はなかったが、以前のような繊維を断ち切るような食感の良いメンマの方が、好みだ。なんだかんだ言ってもスープを飲み干してしまえる後味の良い一杯だったが、私がベンチマークにしている 無化調店数店と比較してしまうと、厚みだったりコクが足りないように思える。
[PR]
by ramenmans | 2008-11-07 00:00 | 中川区