カテゴリ:中川区( 49 )
はなび@中川区
変化系冷し中華 ~台湾発 四川着~
e0110871_19425833.jpg

ビジュアルだけで味の想像がつくって言ったら失礼かしら?
いつものように、もちネタの羅列と組み合わせ…
こういうのって引き出しが多いとは言わないよね?
新鮮味がないよ。

中華テイスト〇出汁出し


e0110871_0161932.jpg

e0110871_017305.jpg


トラックバックありがとう

(株)愛知県民ら~めん 葵さん
http://blog.livedoor.jp/majin8616/archives/51271431.html

蹄王のらーめん道 蹄王さん
http://blogs.yahoo.co.jp/teioh0327/58612622.html
[PR]
by ramenmans | 2009-07-18 00:00 | 中川区
けん坊@中川区

e0110871_2325819.jpg

e0110871_2333685.jpg

塩を食べるのは何年ぶりだろうか?日差しが照りつける暑い日には、程よい塩加減かもしれないが、気温の下がる夜に食べたら少し塩気を強く感じたかもしれない。香味油に頼っている感はあるが、和風出汁の風味や動物系のコクはしっかりとしている。しかしながら、旨味の弾け感が弱く口内でぼんやりと居座ってしまっているように思えた。以前いただいた、“しょうゆ”の時も思ったが、どこかしら味の組み立て方や味わいが“この店”に似ていると思うのは私だけではないはずだ。“まぜ坊”や“つけめん”を食べるよりは満足感はあるが、この一杯も影響されているのかな…
[PR]
by ramenmans | 2009-07-12 00:00 | 中川区
丸和@中川区
丸和すだちつけ麺
e0110871_0281178.jpg

グツグツと煮えたぎるつけダレは、相変わらず濃厚。
でも何かが少し焦げたような苦味とニオイ、魚の渋みが気になるかな。
e0110871_028388.jpg

丼の中で輝きを放つ全粒粉麺には、酢橘がかけられていて、口元に運んでみると爽やかな香り。
果汁の風味も心地良いけど、噛み締めた時に広がる粉の風味ににやけてしまう。
別皿の塩を付けて口にすると、粉の甘味が引き立てられてコレだけでいけそうな勢い。
この麺は旨いなぁ。

濃厚タンタンつけ麺
e0110871_22544482.jpg

e0110871_22552472.jpg

レンゲをつけダレに差し入れると凄い抵抗。
具も沈まない訳だ。
スープは、泥んドロン。
一口で飲み干せないと確信。
スープも濃ければ胡麻も猛烈に濃い。
辛さは強くないけど、2杯目でこれは厳しい。
[PR]
by ramenmans | 2009-07-04 00:00 | 中川区
けん坊@中川区
まぜ坊(大盛り×2)
e0110871_23294573.jpg


食べる前から味の想像がつくと言ったらアレだが、想像どおりの味わい。

某店と店のビジュアル比較(イチブパクリ
e0110871_23395628.jpg

e0110871_23442451.jpg ←コレも

タレ味や麺こそ違うが、味の組み立てや店内のポップなんかもそっくり。同じような作りの一杯を食べたくなったら自宅から近いコチラの店にこれば良いのね。

基本となるスープの味(スタート地点)は違うが、 両店とも同じ方向を向いて歩いているのかな?個性がないなぁ…
[PR]
by ramenmans | 2009-06-14 00:00 | 中川区
けん坊@中川区
つけめん
e0110871_2181525.jpg

e0110871_219699.jpg

e0110871_2193524.jpg

つけダレに浮くネギの緑と唐辛子の赤、それに麺の上に飾られたトッピング類がなんとも賑やか。先ずは熱々の器に注がれたスープを口に含めば、酸味を効かせたアッサリ仕立て。香りはそれほど立ってはいないが、魚粉による旨味はしっかり。和風出汁の旨味には厚みを感じるものだが、いろいろな味が舌にのってこず、魚粉の渋みに飲み込まれてしまっているような印象が残る。動物系の旨味はしっかりとしており、サラッとしたスープだが、唇と喉で感じる濃度感は上々。多めの唐辛子が振りかけられているが、辛さがスープの旨味を掻き消すような事はなくスッキリとした辛味は好印象。ただ、否定する訳ではないが、化調に依存している感が強く終始気になるものだった。又、曖昧な記憶だが、味の組み立てが“この一杯に”どこか似ていると思うのは私だけだろうか?トッピングの隙間から顔を覗かせる太めの全粒粉麺は、程よく〆られており風味もそこそこだが、つけダレとの相性はイマイチ。麺の存在感とツルツル感が邪魔をして、どっぷりとつけダレに潜らせてもスープの旨味を掴みきれないよだ。バーナーで炙られたチャーシューは、とろけるような柔らかさで量があるのは嬉しいが、私には味が濃すぎるようだ。ネギもモッチリとした麺とのコントラストが面白いが、少し邪魔かな。最後はスープ割りでサラッと完食したが、満足感を得る事はできなかった。
[PR]
by ramenmans | 2009-06-06 00:00 | 中川区
はなび@中川区
鶏だし塩そば
e0110871_0381837.jpg

何かはわからないが根底にある味が他のメニューと同じだと思うのは私だけだろうか?あっさりとした口当たりで飲み口の良いスープだが、輪郭がぼんやりとしており、僅かだが肉臭さを感じるスープ。旨味はしっかりと抽出されており、過剰過ぎない旨味は好印象だが、コクがなく鶏以外の素材感が希薄。気温や体調にもよるが、前回いただいた“鶏だし塩そば”同様、始めの数口は塩気を強くも感じたが、塩の甘さには目を見張るものがあった。色白の麺は耐久力があり、スープに麺自体の風味が移らないのは嬉しいが、スープとの相性はどうかな?思いのほか旨味がのらず、ラーメンの麺らしからぬ食感と風味が終始気になるものだった。淡く透き通るようなビジュアルだが、味は薄く(淡く)旨味の密度や積層感が伝わってこなかった。素材の旨味で勝負している事がヒシヒシと伝わってくる一杯だが、もう一度食べたいか?と聞かれたら返答に困る。以前のバージョンのほうが好みだ
[PR]
by ramenmans | 2009-06-05 00:00 | 中川区
丸和@中川区
まかないそば・麺特盛(2倍)
e0110871_075734.jpg

デフォよりもひと回り大きな丼に盛られた麺量は、2倍の570グラム。麺の下に注がれたスープを口にしてみれば、“丸和中華”の濃厚な動物系の旨味と力強い魚介の風味が口内を満たす。トッピング類が混ざらないように麺とスープを馴染ませてみれば、思いのほか口当たりは軽く、油とタレで喰わせるタイプと違ってお腹にも重くはない。ピリ辛仕立てのミンチや降りかけられた一味、それにメンマにもやしは食感と味のアクセントになっているが、もうひとつ何か柱が欲しいと思うのは私だけだろうか。にんにくの風味は、魚介の風味と喧嘩しない絶妙な塩梅で香り付け程度のさじ加減は好印象。もっちりプリプリの麺は、噛み締めてみれば豊かな粉の風味を楽しめる逸品。中盤から卓上の調味料やスダチの搾り汁で味に変化をつけサラッと完食。贅沢を言えば、嘉六スープ片手に食べてみたいかも。

丸和・嘉六中華ハーフ&ハーフ(限定)
e0110871_010318.jpg

これぐらいの濃度感がちょうど良いかな。丸和中華は、毎日も食べられないが、これなら何度も食べたい。
[PR]
by ramenmans | 2009-05-05 00:00 | 中川区
誠@中川区
辛味噌つけ麺・2辛・中盛
e0110871_23292227.jpg

e0110871_23295942.jpg

以前いただいた“にんにく辛味噌つけめん”とは別物。ニンニクの有無を聞かれたので入れてもらう事にする。つけダレからは、味噌の良い香りが立ち昇っており、食欲を掻き立てる。レンゲを差し入れた瞬間に感じる強いトロミから濃厚さが伝わってくるが、スープ自体の濃度感は味噌の風味に隠れ気味。味はかなり濃いめだが、なんとかそのままでも飲める程度…。味噌の風味に奥行き感はあるが、塩分濃度が高めで後半は少しばかしキツイ。にんにくの風味は、極僅かで口臭を気にする必要がないのは嬉しいが、もう少しだけ香りが立っていた方が好みかも。辛さは舌が麻痺しない程度で引きの良さがキラリと光る。中には厚くカットされたチャーシューが入っているが、形・質感、共に何処かの店にそっくり。肉自体の旨味は以前のものの方が断然美味いと思う。中太の麺は、程よく締められており食感が良いもの。つけダレに潜らせれば、面白いように旨味を拾ってくれるが、つけダレが絡み過ぎてスープが足りなくなってくる…。最後は、別に出された和風出汁を注ぎ入れ、サラっと飲み干し完食。
[PR]
by ramenmans | 2009-04-26 00:00 | 中川区
はなび@中川区
女子ヤミツキ系~oh girl~ らーナビ限定 夜のみ15食
※3/24(火)~4/22(水)
e0110871_20542339.jpg

e0110871_20545583.jpg

e0110871_20552444.jpg

超らーめんナビ限定第24弾は、昨年の夏彗星の如く現れ瞬く間に人気店となった“麺屋はなび”。“すべては大切な人へ向けて”という思いを念頭に、 魂と愛情を込めた一杯を提供する店主が放つ限定麺は、野菜をたっぷりと使った “女子ヤミツキ系~oh girl~”だ。 目にも鮮やかな丼は各食材がバランスよく飾られており、箸をつけるのを躊躇ってしまうようなビジュアル。山なりに盛られた糸唐辛子と花鰹の下には、胡麻油などで予め味付けをされた数種類の野菜。トッピングの隙間から顔を覗かせる麺は店主自慢のスープと塩ダレで味付けされており、一歩間違えれば“塩やきそば”になってしまいそうな所を、香辛料と香味油でオリジナリティーのある和え麺に仕上げている。食欲を掻き立てるニンニクの風味はあるが、 口臭を気にする程でもなく、油っこい印象も抑えられているため、女性にも抵抗なく受け入れられるだろうアッサリとライトな一杯だ。卓上の昆布酢などで味の変化を楽しみながら、“自分が自信のあるものしか提供しない”と言い切る店主の努力の結晶を是非とも味わっていただきたい。
[PR]
by ramenmans | 2009-03-23 00:00 | 中川区
丸和@中川区
嘉六中華そば
e0110871_1553954.jpg

丸和中華そば”とは対照的にとてもアッサリとしておりスッキリとした飲み口。フワッと鼻を抜ける軽やかな魚介の風味と醤油のコク、それに濃度感こそないが充分なほどの動物系の旨味がバランス良く折り重なったスープに思わず頬が緩む。やや細めの麺は、このスープの中では少しだけ浮いているようにも思えたが、食感が良く香りもしっかりと楽しめる。トッピング類は、どれも素材の旨味を活かした逸品で、次回は追加オーダーをしてみたい。丸和中華に勝るとも劣らない旨い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2009-03-19 00:00 | 中川区