カテゴリ:中区( 135 )
こくや原田屋@中区
e0110871_22284063.jpg

中華そば醤油


とても繊細でデリケートな部分もみせるスープは、素材感に溢れている。穏やかな旨味が口内を満たし、食べ進むにつれてボルテージがグングンと上がっていく。スープを飲み干した後は、ひと時の余韻に浸る事ができる極上の一杯。まったりとした居心地の良いお店の空気や店主の人柄も味にしっかりと出ている。


e0110871_2232343.jpg

担々麺 ※ 冬期限定(3月31日まで)



[PR]
by ramenmans | 2010-03-30 00:00 | 中区
喜多楽@中区
e0110871_223217.jpg

e0110871_2232897.jpg

e0110871_2275774.jpg

ウルトラカレーラーメン
※ T-1(東海NO.1)グランプリー2010限定メニュー 3月1日(月)~3月31日(水)


美味しいオーラが漂うビジュアルは、店主のDNAを受け継いでる感がありますね。コクのあるカレースープや手間のかかった鶏チャーシューも美味。もう少し、スパイス感が前に出て、スープに含まれる玉葱の苦味が抑えられるとより好みかな。美味しかったですよ。ごちそうさま。


e0110871_2028382.jpg
住所     名古屋市中区橘1-28-6
電話番号  052-332-5515
営業時間  11:00~14:00 18:00~22:00
         ※土日祝日
         11:00~15:00 17:00~22:00
定休日    月曜日
駐車場    なし


[PR]
by ramenmans | 2010-03-20 00:00 | 中区
つけ麺 寅@中区
e0110871_2042459.jpg

e0110871_20563488.jpg

e0110871_2057364.jpg

つけ麺 寅1号(大盛り)


コメント作成中…e0110871_2101366.jpg


e0110871_20585680.jpg
住所     名古屋市中区栄3-11-1
電話番号  052-242-9977
営業時間  11:00~15:00 17:00~23:00
定休日    月曜日
駐車場    なし


[PR]
by ramenmans | 2010-03-07 00:00 | 中区
らーめん奏@中区
e0110871_2137427.jpg

しょうゆかさね味


コメント作成中…


[PR]
by ramenmans | 2010-01-30 00:00 | 中区
喜多楽@中区
e0110871_20375430.jpg

豚と煮干しの中華そば 〰ノスタルジックラーメン〰


香り立つ風味は、“今昔支那そば醤油”に通ずるものがあり、スープを口に含めば風味豊かな醤油の風味とコクが口内を満たす。スープに浮く油と背脂は、やや多めだが口当たりはアッサリ。エグミを感じさせない煮干しの旨味と甘味が何とも心地良く感じられ、当然だが今時の濃い豚骨とは違った、柔らかな豚の旨味も堪能できた。厚みという部分では、物足りなさを感じるが、“味が明瞭”で輪郭がはっきりとしており、“旨み”“風味”“コク”は、他のメニューに勝るとも劣らないスープだと思う。又、余分な物を取り除いた“引き算の美学”の真髄を垣間見る事ができた。フレッシュ感のあるネギや繊維を断ち切る時に感じるザクッとした食感のメンマは好印象だったが、シンプルなこのスープの中では、やや味の強いチャーシューは存在感を主張しすぎかな。色白の麺は、程よい茹で加減で、サクッとした食感。スープの持ち上げも上々で、スルスルと腹に納まっていった。後半、麺の風味が強くスープに移り、飲み干す事はしなかったが、しっかりと満足のできる一杯だった。


e0110871_2028382.jpg
住所     名古屋市中区橘1-28-6
電話番号  052-332-5515
営業時間  11:00~14:00 18:00~22:00
         ※土日祝日
         11:00~15:00 17:00~22:00
定休日    月曜日
駐車場    なし


[PR]
by ramenmans | 2010-01-16 00:00 | 中区
喜多楽@中区
e0110871_21374919.jpg

e0110871_21383282.jpg

ラテン系台湾


鶏ミンチを中心に、ルッコラの緑や散りばめられたドライトマトの赤が真っ白なキャンバスの上でとても映えてみえる。先ずは、透明感のあるスープに浮く照柿色の香味油をそっとレンゲで掬い、口にしてみる。咽返るような事はないが、喉にチクッと突き刺さるような辛味があり、後味に独特な甘味が残るのが特徴的だろうか?スープは、香味油のキリリとした辛さや、個性の強いバジルの風味に負ける事のない、旨味と甘味が強いもの。このお店の生命線でもある、和風出汁と鶏の旨味を舌と脳でしっかりと楽しめるのが嬉しい。食べ進むにつれて、ドライトマトの酸味と甘味がスープに浸透し、ピリ辛台湾仕立てからイタリアン風味に変化していくのが実に面白い。又、ドライニンニクはスープに与える影響は少ないが、カリッとした食感が良いアクセントになっていた。変化に富んだ一杯でありながらも、“店のカラー”をしっかりと残しているあたりは流石。実に満足度が高い。


e0110871_2028382.jpg
住所     名古屋市中区橘1-28-6
電話番号  052-332-5515
営業時間  11:00~14:00 18:00~22:00
         ※土日祝日
         11:00~15:00 17:00~22:00
定休日    月曜日
駐車場    なし


[PR]
by ramenmans | 2010-01-10 00:00 | 中区
らーめん 一伸
e0110871_23222155.jpg

e0110871_23224526.jpg

e0110871_23231553.jpg

魚介豚骨つけ麺


先ずは、全粒粉麺をそのままいただく。程よく締められており、ツルツルとした喉越しやモッチリとした食感は好印象だが、お世辞にも粉の風味が良いとは言えず、塩気を強く感じるもの。つけ麺を提供するお店で、某製麺所の物を使う所は多いが、全ての麺が美味しい麺とは限らない…。そんな麺を潜らせるつけダレからは、目が覚めるような強烈な生姜の風味。表面には厚い油の層があり、その下には肉かすらしきものが浮遊している。口にしてみると、生姜の風味とカドの立った醤油ダレが支配的で、そのまま飲むには味が強すぎる個性的な味わい。魚介の風味は、独特の苦味があり、舌ざわりや風味から大量の魚粉を使っている事が伺えるが、強烈に香る生姜の風味の中では、素材感を捉えるのは困難だ。動物系の旨みは、“魚介豚骨つけ麺”と謳っているのだから豚骨を使っているのだろうが、伝わって来るものがない。中には、味の強い肉片とネギが入っているが、濃い味(濃厚ではない)のこのスープの中では存在感は希薄。麺の上に飾られたチャーシューは冷たく、咀嚼すると脂が上顎にネットリと張り付くような感があり、赤身も肉味を楽しむようなタイプではないようだ。メンマは、ザクッと食感の良いものだが、出来上がった感のある味付は苦手だ…玉子も。興味本位でスープ割りをお願いしてみたが、味の濃さが薄まる事もなく、飲み干すことなくレンゲを置いた。“生姜醤油つけ麺”というメニューもあったが…ある意味、興味が湧いてくる。



住所     名古屋市中区新栄2-1-3 
電話番号  -
営業時間  11:30~14:00 17:30~22:00
定休日    月曜日
駐車場    なし
[PR]
by ramenmans | 2009-12-06 00:00 | 中区
一夜堂@中区
e0110871_18225847.jpg

一夜堂中華そば


程なくして運ばれてきた丼からは、やや醤油が立った香りが漂っている。スープを口に含めば、輪郭がはっきりとしているが、アッサリとした飲み口。醤油辛さなく柔らかさのある甘味がジワッと広がるのが特徴的。優しさのある魚介の風味と鶏のすっきりとした甘みが相まって、じんわりと舌と喉に訴えかけてくるものがある。ふわっとした玉子は、ほんのりと甘くフレッシュ感溢れるネギも好印象。チャーシューは、脂身の甘さと柔らかさ、それに赤身の適度な噛み応えが心地良い。醤油ダレと何処か似た味付けで、濃いめな味だが好きな部類。喉越しの良い麺は、耐久性こそないが、スープの味を吸った味わいはどこか懐かしさすら感じる。心が癒されるような優しい味わいに、最後の一滴まで飲み干し、「嗚呼、美味しかった」と思わず声を発してしまった。何年ぶりかに訪れてみたが、店内に流れる空気は変わっておらず、なんとも居心地が良かった。


[PR]
by ramenmans | 2009-11-22 00:00 | 中区
喜多楽@中区
e0110871_1552154.jpg

e0110871_15524818.jpg

味噌らぁ麺+味付煮玉子



[PR]
by ramenmans | 2009-11-15 00:00 | 中区
フジヤマ55@中区
e0110871_20522681.jpg

e0110871_20524857.jpg

つけ麺大盛り(濃厚絞り)


プレオープンにも関わらずオープン直後は長蛇の列。券売機で食券を買い、席につくとそれほど待たずにお目当ての品が差し出される。純白の丼に盛られた平打ち麺は300g。とても艶やかで口にする前から期待が高まる。先ずはそのまま口に運んでみると一般的なものより長く啜りにくいのが難だが、適度なコシとスルスルと喉元を滑り抜けていく感覚が心地良いもの。ただ、冷盛りだから仕方のない事なのかもしれないが、自家製麺としては思いのほか小麦の香りが弱めだろうか。たまたまだとは思うが、丼の中に水が大量に入っているのはいただけない…。そんな麺を潜らせるつけダレは、口の大きく開いたステンレス製の器。サラッとしたスープを口に含んでみると、“濃厚絞り”というネーミングとは裏腹に、あっさりめの口当たり。唇で感じる濃度感はあるが、喉と脳で感じるような濃さはないかな。魚介の風味と動物系のバランス、強すぎない酸味は好みだけど、どこか郊外に多く出店しているアレ系の味に似ていると思うのは私だけだろうか?魚粉をスープに馴染ませると、当然だが魚介の風味が強くなるが、渋みだったり酸味が主張しすぎて好みではなかった。また、スープの温度が著しく低下するのをフォローするIH加熱機器は嬉しいアイテムだが、温めるタイミングだったり加熱する時間でかなり味が変わってくるから使い方が難しい。麺との相性もまだまだこれからかな?麺の力を持て余しているようだ。スープ割り用のポットに入った出汁は、魚介の香りが良いものだが口にしてみると薄い割には旨味が過剰で、あまり多くはつけダレに入れたくなるような味ではなかった。本オープンに向けて調整してくると思うから、少し時間を置いてから再食してみたい。



e0110871_22555864.jpg住所      名古屋市中区大須3-11-16
電話番号   -
営業時間   平日   11:30~15:00 17:00~22:30
         土曜日  11:30~15:30 16:00~22:30
         日・祝   11:30~15:30 16:00~21:30
定休日    無休
駐車場    なし


[PR]
by ramenmans | 2009-09-06 00:00 | 中区