カテゴリ:熱田区( 11 )
カナヤマ55@熱田区
e0110871_021938.jpg

e0110871_025046.jpg

国産牛ホルつけ麺


ステンレス製の器は、“フジヤマ55”よりも、少し大きく感じたのは気のせいかな?スープの量自体は、他店と変わらないと思うけど、少なく感じますね。ピリ辛味噌仕立てのスープは、味噌が主張している訳ではないのに、味が強く、塩分高め。下地のスープの素材感を捉える事はできないけど、“独特な甘味”はどの店も似ている。中に入る具は、キャベツと数種類のホルモン。キャベツは、このスープと合っているのかは微妙だけど、ホルモンは存在感があって面白い。好きな食材だけど、下処理はしっかりとしてほしいですね…。麺は、自家製ではないのかな。コシがあるとか、喉越しが良いとは言えないもの。硬すぎてちょっと。つけダレに泳がせるも乗りが悪く、味気ないものだった。IHで加熱しても、熱が奪われるのが早いのは、器の形状も原因のひとつかな。また、初めてこの器で食べた人は、同じ事を思うんじゃないかな…ワン。あまり良い気持ちではない。卓上の調味料でチューニングしたり、スープと麺を一緒に煮込んでみたりと、色々楽しめて面白かったけど、一回でいいかな。

サイト内ページはコチラ


e0110871_0101117.jpg住所     名古屋市熱田区金山町1-4-4
電話番号  052-682-8255
営業時間  11:30~15:00 16:00~24:00
定休日    -
駐車場    なし

official site

関連サイト


[PR]
by ramenmans | 2010-12-01 00:00 | 熱田区
つけ麺専門店 中村屋@熱田区
e0110871_0442916.jpg

e0110871_0445244.jpg

e0110871_0452164.jpg

ごまつけめん(2玉)あつもり


つけダレから漂う、甘い香りに誘われてスープを口にすると、漂う風味よりも増して、驚くほどに甘い。胡麻濃度はそれほどではないけど、コーンの甘味が苦手。個性の強い食材を使った組み立てでは、スープ本来の味を探す事は困難。思いのほか油分が多く、妙に腹に重いのも特徴的。また、強めの酸味と辛味もあるけど、味の引き締め役にはなっていないかな。麺は、通常のものと“聖帝”が使われているみたいだけど、どっちがどっちなのか…全くわからない。兎に角長く、つけダレに潜らせるのも一苦労。あつもりにしたからかな?食感は頼りなく、口の中でブチブチと切れてしまうのは嬉しくない。つけダレの持ち上げは、スープがドロドロだから絡んで当然。どっぷりと浸したら、2玉食べ切れなかったかも。卓上の調味料でチューニングする楽しさはあるけど、食べていても心に響かない一杯。

サイト内ページはコチラ


[PR]
by ramenmans | 2010-11-17 00:00 | 熱田区
中村屋@熱田区
油そば
e0110871_1027069.jpg

e0110871_10274144.jpg

e0110871_10281136.jpg

e0110871_19275249.jpg

麺を覆い隠すかのように盛られた大量のトッピング類は、温玉を中心に2種類のチャーシューとメンマなどが飾られ、あられとにんにくチップが振りかけられている。「しっかりと混ぜて召し上がって下さい」という声を聞きながらも先ずは、麺の下に注がれたタレを掘り出してみる。掬ってみると、麺の熱によってか、溶け出した背脂がレンゲの中で不規則な動きをみせるている。口にしてみると「中村屋」「鳥居式」の味…。甘酢っぱく、醤油の甘味とコク、ネットリした独特な甘味が口内に広がる。温玉を崩さないように、ジョリジョリ辛味ペースト(勝手に命名)のかかっていない部分を麺と混ぜ合わせて、口に。もっちりとした中太麺にタレ味が程よく絡み付き、油の甘味と相まってまったりとした味わいを楽しめる。次に辛いそれを混ぜ合わせてみれば、鋭い辛味と刺激が舌を総攻撃…。タレ味や脂の甘味は飲み込まれてしまうが、後に残らない辛さが食欲を掻きたてる。チャーシューは、肉味が溢れるタイプではないが、食べ応えがある。ただ少し塩気が強いかな。2種類のメンマは、ザクッとした食感。辛さで喰わせるこの丼の中では、味の違いを判別することができなかったが、おそらく味付けが違うと思う。あられとにんにくチップは、食感のアクセントになっているが、風味はタレ味と同様に飲み込まれてしまっているようだ。温玉を崩せば部分的に味がまろやかに…。卓上の味変えパーツは、「みかん酢」「激カラ酢」「バジル酢」「タバスコ」「ブラックペッパー」の5種類。どれも味わいがガラッと変わるが、入れる順番は間違えないようにしたい。中でも、バジル酢とハバネロ入りの激カラ酢が面白い。バジル酢は、当然?ながらイタリアンな雰囲気を加え、激カラ酢はタバスコに似た風味だが、ホットな辛味がなんとも心地良かった。好みである「脂」と「タレ」で食べさせるタイプではないが、最後まで楽しみながら食べられるのは面白い。
[PR]
by ramenmans | 2009-11-06 00:00 | 熱田区
つけ麺専門店 中村屋@熱田区
つけめん2玉味付玉子 
※ プレオープン 10月10日オープン
e0110871_23242485.jpg

e0110871_23244859.jpg

e0110871_23252297.jpg


本音レポはオープン後に。

中村屋@大垣市の味…何かが少し違うけど。

もっと濃度が上がると良いね。


・麺に味がのらない、麺自体に耐久性がない。

・辛味効きすぎ。

・魚香油が青臭い。

・スープ・割り、共にエグい…


でも普通に美味しい…かな。


e0110871_23255670.jpg
 住所      名古屋市熱田区花表町8-13
 電話番号   -
 営業時間   -
 定休日     -
 駐車場     -
[PR]
by ramenmans | 2009-10-03 00:00 | 熱田区
ちゃぶ屋とんこつらぁ麺CHABUTON@熱田区
ちゃぶ屋流とんこつらぁ麺
e0110871_0372816.jpg


揚げネギの香り…よりもオイルの匂いが妙に鼻につく。

スープは、口当たりが軽く一応アッサリだけど

フレッシュ感と魂を感じない量産型の味。

チャーシューやメンマは…

持続性のある麺の食感は悪くはなかったかな。

水をがぶ飲みして…ゴメンナサイ。
[PR]
by ramenmans | 2009-09-30 00:00 | 熱田区
むつみ屋@熱田区
新香味つけ麺
e0110871_20331478.jpg

全粒粉を使ったという色黒の麺は、流水で締められているようだが人肌程度の温度でブチブチと唇で切れてしまうような頼りない食感。風味はそれなりだが、茹で湯のものだと思われる独特の臭気が気になるもの。そんな麺を潜らせるつけダレは熱々。甘みを帯びたタレ味と魚粉による渋みが強く塩分濃度もかなり高め。唐辛子の辛みや後味に残る胡椒のピリピリ感がかなり強くある意味刺激的なスープだ。麺との相性は悪くはないが、味の強いスープなだけに1/2ほど潜らせる程度にしたほうが良いようだ。チャーシューは、炙られた香りが良いものだが、温かくはなく肉味の抜けたもの。スープの中でじっくりと温めてから口にしたい。スープ割りができるのかはわからないが、〆を楽しむ事もなく店を後にした。
[PR]
by ramenmans | 2009-03-27 00:00 | 熱田区
柳屋@熱田区
極太みそつけ麺
e0110871_1743399.jpg

一般的なものより小ぶりな器に注がれたつけダレからは、味噌の香りよりも揚げネギの香ばしさと甘みを伴った風味が漂っている。そのまま口にしてみると、味噌の風味はそれなりに頑張ってはいるが、塩分濃度が高く、揚げネギの風味が支配的になっている。下地の豚骨スープは、甘みも感じ濃度感もそこそこだが、魚介の風味に奥行きがなく単調で、渋さが残っており、バランスの悪さが印象的。そんなつけダレを潜らせる麺は、ツルッとした喉越しと反発力のある歯応えで食感のみは好みのものだが、お世辞にも香りが良い麺とは言えない。つけダレとの相性は、それほど悪くはないが、つけダレの温度の低下が著しく、中盤からはかなりキツイものがある。麺の上に飾られたチャーシューは、こんがりと炙られており、視覚的には美味しそうにも見えるが、肉味が抜けており、バサツキ気味。メンマや玉子は、特に思う事もなく、スープ割りが出来ないのも悲しい。900円という強気な値段も含め、満足する事はできなかった。
[PR]
by ramenmans | 2009-01-08 00:00 | 熱田区
いづみ飯店@熱田区
担々麺
e0110871_2024583.jpg

e0110871_20243588.jpg

良い感じに年季の入った店内だが、とても居心地が良く、まったりとした雰囲気やテキパキと動き回る老夫婦の姿が印象的だ。程なくして運ばれてきた丼からは、胡麻や香辛料の香りが強く漂っている事はないが、とても良い香りがする。それほどトロミのないスープをレンゲで掬い口に運んでみると、胡麻の甘みや酸味、そして香辛料の辛味どれかが突出する事もなく、一体となった旨味が口内を駆け巡る。胡麻の濃度自体は、濃くなく、芝麻醤の下の醤油スープの存在もしっかりと捉える事もできるし、舌を刺激しない優しい辛味は、引きも良く良い味の染みた肉味噌と共にグイグイと食べ進む事ができる。ただ、少しだけ刺激やキレがなく、物足りなさを感じるが、卓上の酢とラー油をレンゲ半分ずつ入れるとより好みの味になった。担々麺以外のメニューも気になるものが多く、また行ってみたいと思わせる店だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-19 00:00 | 熱田区
光択@熱田区
油そば(並)
e0110871_22382066.jpg

真っ白の麺の下には、タップリのタレが注がれており、具を避けながら満遍なく掻き混ぜ、口にすると、油は入っていないのでは?と思うぐらいにアッサリとしており、ネットリとした甘さと強めの塩辛さが口中に広がる。醤油?ダレは、オイスターソースでも入っているかのような、独特な風味があり、深みのない醤油味にコクを加えているような感がある。麺は加水率が低くサクッとした食感は、好きだが、所々ダマになっておりタレとの馴染みもあまりよろしくないようだ。具は、玉子・チャーシュー・メンマなどがのり、特にこれと言って思う事はなかったが、目が覚めるほどに塩辛いメンマが、甘みの強い丼の中で一際個性を放っていた・・・。中盤から味が単調になり、卓上のラー油を数滴入れると味わいがガラッと変わり最後まで一応楽しみながら食べる事ができた。もう一度食べたいか?と聞かれたらNOと答えるが、意外と悪くはなかった・・・。
[PR]
by ramenmans | 2008-03-25 00:00 | 熱田区
光択@熱田区
鶏骨らーめん(並)
e0110871_17494217.jpg

鶏を使ったスープだと謳ってれば、鶏のスープだろうと信じて口にしてみたが、それらしい旨味は皆無。油とタレで纏め上げたようなスープで胡椒が効きすぎており、かなり刺激的。下地のスープは、鶏に似たブレない味・・・とでも言えば良いのだろうか?はっきり言ってチープだ。タレ味も甘さと塩辛さが入り混じった出来上がった味で、好みではないし、スープを口に運ぶ回数も自然と減っていく・・・。チャーシュー?やメンマなのどトッピング類や食感に持続性のない麺など、どれも私好みではなかった・・・。リーズナブルな値段で買い物ついでにサクッと食べられるが、同じものをもう一度食べようという気持ちにはなれなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-23 00:00 | 熱田区