カテゴリ:天白区( 17 )
太閤@天白区
e0110871_2356891.jpg

焼ぼし醤油らーめん 


スープの表面に浮く油は多めだけど、口当たりは比較的軽め。淡い醤油の風味に合わさる出汁は舌に刺すような強い旨味があるが、後味が良くスッキリ。魚介の風味は、油に頼っている感が強いが、香ばしさと甘味があり、薫りがとても良い。不揃いな太さの平打麺は、柔らかめの食感で好き嫌いがはっきりとわかれそうだけど、これは好き。スープとの相性も◎店内の雰囲気はちょっとアレだけど、他のメニューも試したくなるような一杯だった。


[PR]
by ramenmans | 2010-05-27 00:00 | 天白区
連獅子@天白区
e0110871_2029952.jpg

裏(脂MAX・カラメ)

※男そばの食券?を購入して裏コール

「味噌」と「醤油」を使った個性のあるタレと豚骨スープ、それにたっぷりの野菜がのった「学生さんの財布に優しいガッツリ系ラーメン」を売りにしている店…。今回は、裏メニューで「二郎系ライク」な一杯が食べられるという情報を得て訪れてみた。程なくして運ばれてきた丼は、もやしよりもキャベツが多く、大量な背脂がかけられたビジュアルはなんとも攻撃的。また、デフォと違い大量の胡椒が振りかけられていないのが嬉しい。野菜の山を崩さないようにスープをレンゲで掬い、口にしてみると、カツンと醤油の立ったタレ味が口内を支配する。タレ味に奥行き感はあまりないが、あっさりとした豚の旨味との相性は上々で、細かな背脂の甘みが心地良いが、野菜の上にのった大量の背脂は、味のないゼリーを食べているかのようで甘味が殆どないのがつらい。麺は、コシのあるお馴染みの、平打ちの縮れ。一気に啜るとスープが飛び散るから注意したい…。スープとの相性は悪くはないが、もう少し味がのると良いかも。途中でニンニクを投入すれば、当然パンチが出て、食べる速度も加速する。食後に喉が猛烈に渇くのは仕方のない事だが、基本メニューよりは断然好み。


[PR]
by ramenmans | 2009-12-13 00:00 | 天白区
破天荒@天白区
角煮ラーメン
e0110871_023663.jpg

e0110871_03281.jpg

目に見える脂の量は相当なものだが、味わいは意外とあっさり。豚骨特有の臭みは殆どなく、食べやすさはある。豚の旨味はコクは、あるが濃度感がなく言葉は悪いがシャビっている。タレ味は程よく効いており好みの感じだが、スープとタレが馴染んでいなく後半はかなり味が強く感じてしまうものだった。バリでオーダーした麺は、ゴキゴキバキバキ。もう少しだけ長く茹でてくれると好みかもしれないが、鼻をツンと抜ける臭気は苦手。色濃く染まった角煮は、食べ応えがあり柔らかいものだが、少し甘すぎかな。途中で卓上のおろしニンニクやすり胡麻で変化をつけ完食はしたが…再訪するのは当分先かな。
[PR]
by ramenmans | 2009-07-11 00:00 | 天白区
連獅子@天白区
男の中の漢そば 平日限定10杯
e0110871_2032321.jpg

ネーミングに釣られてオーダしてみたものの、ビジュアルは“男そば”と同じ。スープの味わいは曖昧な記憶だが、以前よりも弱くなりタレ味は味噌よりにシフトしただろうか。タレのコクはしっかりと伝わってくるが、塩分濃度が高く背脂の甘味が希薄のせいかなんともアンバランス。黒胡椒の多さは知っていたが、もし次回食べる事があれば抜きでお願いしたい。男そばとの違いは麺。極太の麺がスープの中で泳いでいるが、箸がいらないぐらいの短さ。モッチリとした食感は好きだがズルズルッと啜る楽しさがない。にんにくクラッシャーで風味を変え完食はしたが…思う事が多くありすぎて書ききれない。ゴメンンサイ。
[PR]
by ramenmans | 2009-04-18 00:00 | 天白区
連獅子@天白区
情熱熱風男そば+鬼脂+ほぐしチャーシュー
e0110871_23412897.jpg

辛さ指定は、『とびっきりの情熱』『ありったけの情熱』あとなんだったかな?恥ずかしくて口に出来なかった為、中辛でとオーダーしてみる。程なくして運ばれてきた丼は、猛烈な辛さを予感させるビジュアルに一瞬身構えてしまったが、見た目とは裏腹に刺激はたいしたことはない。分厚いラー油の層の下のスープの中には大量の唐辛子と背脂が浮き沈みしており、上から下まで真っ赤なスープだ。口に含んでみると、唐辛子の粉っぽさがいつまでも残る。なんとなく味噌っぽい味と豚骨の甘みを感じるが、酸味を帯びた唐辛子の辛味に隠れてしまい、スープ本来の味は正直捉え辛い。シャキッとした大量のモヤシや噛み応えのあるチャーシューは、特に思う事もなかったが、ほぐしチャーシューはデフォの肉を細かくカットしただけでは?と思えてしまうもの。追加トッピングの背脂は、鬼と言うだけあって量がハンパではない。辛さを和らげるのを狙いで頼んではみたが、甘みのないタンパクな味わいに効果を得る事ができなかった。手揉みの太縮れ麺を持ち上げてみると、脂と唐辛子が滴り落ちる姿に思わず失笑。もっちりとした食感と歯を入れた瞬間のむっちり感は好みのものだったが、辛さの中でもわかる麺特有の匂いが気になるものだった。モヤシの上に振りかけられた唐辛子や揚げニンニクは、この丼の中ではあまり存在感はないようだ。引きの良い辛さにも釣られてグイグイと食べる事ができたが、面白みのない一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2008-11-16 00:00 | 天白区
錦城@天白区
麻婆担々麺
e0110871_21462817.jpg

e0110871_21482921.jpg

運ばれてきた丼からは、山椒やラー油の食欲を掻き立てる良い香りが漂っている。麻婆豆腐のかかっていない部分のスープをレンゲで掬ってみると、厚い芝麻醤の層の下には醤油スープ。芝麻醤の風味は立ってはいなく濃厚さはないが、甘みや香ばしさ意外としっかり。特に辛味などは感じないが、誰にでも抵抗なく食べられるような味わい・・・。麻婆豆腐は、スープとは対照的で辛味や痺れ感が強く、なかなか刺激的だ。スープに馴染ませながら口にすれば刺激も幾分和らぎ、引きの良い辛さが、グイグイと食を進ませてくれるものだ。中太の麺は、一気に啜る事ができないほどに熱々で気をつけないと火傷してしまいそうな熱さ。唇でブチブチと切れてしまいそうな頼りない食感ではあるが、スープとの相性に違和感はなかった。途中で、卓上にある数種類の調味料で風味変えを楽しみつつサラッと完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-10-17 00:00 | 天白区
英吉家(ひでよしや)@天白区
らーめん+スペシャル
e0110871_2216539.jpg

麺を覆い尽くすトッピング類は、大ぶりのチャーシューが4枚。その下には、大量のキャベツとホウレン草、それに玉子と海苔が飾られており、いかにも食べ応えがありそうだ。各トッピング類がスープの味に直接影響を与える事はないが、スープの温度が比較的早く失われるのは、仕方のない事だろうか。味濃いめ・脂多めでオーダした事もあり、スープの色は、以前いただいた『らーめん』よりも濃く、当然ながら味が強めで、塩分濃度も高めだ。脂の量も多いが、重たさはそれ程感じず、以前よりも増して豚の旨味や濃度感があり、スープ自体に力強さがあり、どっしりとした濃い旨味を堪能する事ができる。チャーシューは、肉味が抜け気味で、塩気の強いものだが、スープの熱により柔らかくなった食感は、なかなか。キャベツやホウレン草も見た目以上に多く入っており、食べても食べてもなかなか減らない量だ。前回同様、卓上の調味料で、味を変えつつ一応完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-10-13 00:00 | 天白区
英吉家(ひでよしや)@天白区
つけ麺大盛り
e0110871_2015079.jpg

味濃いめ・脂多めでオーダーしたつけダレには、分厚い脂の層ができていて、湯気も立っていない。レンゲで、クルクルと掻き混ぜてみると、家系らしい濃い醤油ダレの風味が漂う。味濃いめにした事もあり、そのままでは、味が強いものではあるが、前回いただいた『らーめん』とは比べ物にならないぐらいの濃度感で豚骨の旨味とコクを存分に楽しむ事ができる。辛味・酸味による味の引き締め効果は弱いが、しっかり味のタレと濃いスープの旨味に引っ張られ食べ進む事ができるし、卓上の調味料で自分好みの味に変えていくのも面白い。程よく締められた麺は、喉越しツルリ・歯応えモッチリ。若干芯が残るような茹で加減で好みのものだが、つけダレの持ち上げはあまり良いようには思えなかった。ただ、麺の力が衰えてくる中盤あたりからの旨味の絡みは、なかなかだ。残しておいた海苔をスープに浸し、おろしニンニクと一緒にご飯を食べつつ、最後は、自分好みでと出された豚骨出汁でスープを薄めサラッと完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-09-23 00:00 | 天白区
英吉家(ひでよしや)@天白区
らーめん
e0110871_2343067.jpg

e0110871_23431796.jpg

風の噂では武蔵家の流れを汲むというこの店。食券を購入し麺のみ硬めで他は普通でオーダー。程なくして運ばれてきた丼のビジュアルと漂う香りは家系そのもの。先ずはレンゲでスープを口にすると、始めに広がる風味は、チー油とタレ味。スープ自体は、アッサリとしており、豚の旨味や甘みが伝わってはくるが、濃度感がなく、何か雑味のようなものを感じる。タレ味が頑張っている訳ではないが、スープにパワーがなく、やや塩分濃度は高めだ。酒井製麺の麺は、もっちりとしており、茹で加減自体は好みのものだが、スープよりも増して塩辛く感じるし、スープが麺に負けてしまっているように思えた。スープの熱により柔らかくなったチャーシューは、肉味が溢れるようなタイプではないが、意外と食べ応えのある大きさだ。後半、卓上のおろしニンニクと酢を入れ味の変化を楽しみつつ一応完食はしたが、もっとストレートにスープの味が伝わってくると好みに近かったかも。他にも気になるメニューがあるから少し時間を置いてから再訪してみたい・・・。
[PR]
by ramenmans | 2008-09-12 00:00 | 天白区
白虎@天白区
台湾つけめん
e0110871_23552371.jpg

オープンして約2ヶ月、もしかしたら少しは・・・と思い再訪。思った事を書いても良いのだろうか?ほんわかとした空気が流れていて接客も良かっただけに書きづらい。オープン初日に食べた時との大きな違いは、香辛料の辛味と和風出汁っぽい風味がなくなり、醤油ダレと豚骨風スープの組み合わせ。ピリ辛ミンチがスープに馴染むと少しだけ味が引き締まったようにも感じるがちょっと・・・。麺は、前回と同じ感想で頼りないかな。最後にスープ割をしてこのお店のスープの味を確認しつつ一完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-07-05 00:00 | 天白区