カテゴリ:千種区( 25 )
富良野らーめん@千種区
つけめん(大盛り)
e0110871_16282319.jpg
e0110871_16284361.jpg
e0110871_1629397.jpg

麺は何グラムあるのだろうか?挑戦的な盛りに思わず苦笑いをしてしまう。流水で締められた麺をそのまま口にすると、プリプリ・もちもち。適度な弾力とコシがあり、噛み締めれば小麦の風味もしっかりと口の中に広がる。濃い醤油色に染まるつけダレの表面には透明な分厚い脂の層が出来ており、麺を潜らせ、持ち上げてみると白い湯気にのり、しっかりとした魚介の風味が鼻を抜ける。レンゲがない為、直接つけダレの味を楽しむ事ができないが、麺に絡みついたスープの旨味はしっかりで、エグミを感じる一歩手前の強い魚介の風味と強めな辛味・控えめな酸味が食欲を掻き立てるものだ。醤油ダレも見た目とは裏腹に醤油辛さはなく、穏やかな甘味とコクがあり、スープとのバランスも良いようだ。麺とつけダレの相性は申し分のないものだが、どっぷりと麺を潜らせてしまうと、味が乗り過ぎてしまい、麺自体の風味が後退してしまうので、半分程タレを絡ますのがベストのようだ。アクの強い一杯だが、好きな味だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-03-18 00:00 | 千種区
富良野らーめん@千種区
醤油ラーメン
e0110871_22281929.jpg
e0110871_22283645.jpg

具は、若干濃いめに味が染みたチャーシュー・ザクッと食感の良いメンマ・ネギと至ってシンプル。スープの表面には、多めの背脂が浮き、麺を持ち上げてみると、キリッとした生姜の風味と柔らかい甘味を帯びた醤油ダレの香りが漂う。麺をズルズルッと啜り、噛み締めると程よい弾力と強い小麦の香りを楽しめるが、私には少々柔らかめ。スープは熱々で、しっかりとした動物系の旨味と生姜の風味に見え隠れするように、魚介の風味がジワジワと口の中に広がる。背脂の量の割には、アッサリとしており、サラッと腹に収まる一杯だが、初日に食べた味噌の印象が強かっただけに大人しく思えてしまう一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2007-03-15 00:00 | 千種区
好楽@千種区

e0110871_22311389.jpg
e0110871_22313260.jpg

細かい事を考えずに食べたのは久しぶりかもしれない。スープの旨味がどうだとか、タレの味わいがどうとか、そんな事を考えさせる暇を作らせない旨いスープ。麺もモッチリと食感が良く、各具も申し分のない旨さ。酢やガーリックパウダーで少しずつ味を変えながら一気に完食。大満足の一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-03-15 00:00 | 千種区
富良野らーめん@千種区
みそラーメン
e0110871_1720075.jpg
e0110871_17201713.jpg
e0110871_17203522.jpg

たっぷりと盛られた、野菜を掻き分け麺を引きずり出してみると白い湯気にのり、香ばしさにも似た、味噌の風味と控えめなニンニクの香りが嗅覚を刺激する。中太の縮れ麺は、やや柔らかめの湯で加減ではあるが、スープの持ち上げも良く、ムニュッとした食感と滑らかな舌触りを楽しめるものだ。スープの表面には、多めの脂が浮き、一口啜ってみると驚く程に熱く、味噌の風味を感じる前に強烈な山椒のものだと思われる辛味が舌を直撃するが、いつまでも辛さが舌に残るような事はなく、スープに移った野菜の甘味と味わい深い味噌のコクをしっかりと楽しむ事ができる。野菜はシャキッと食感が良く、特に玉葱の甘さと香ばしさが印象的だ。ややコッテリとした味わいの一杯だが、ツルッと腹に収まりスープまで飲み干し一気に完食。なかなか満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-02-24 00:00 | 千種区
慈庵@千種区
e0110871_2384486.jpg
e0110871_2136148.jpg


中華そば 醤油

スープからは、柔らかく奥ゆかしい醤油の香り。魚介の香りは、それ程強くはないが、スープを啜ってみると動物系の旨味を押しのける程に煮干しの風味が効いており、魚味はしっかりだが、エグミと出汁の塩辛さが随分と目立ってしまっていた。柑橘系の香りが爽やかさを加えているが、食べ進むにつれて、皮の苦味がスープに移り、後半は随分と苦味の強いスープになっていた・・・。ラストの一杯だったからなのか、ブレなのか?私が勝手に思い描いていた物とは随分と違っていた。旨くない訳ではないが、以前のような満足感と感動を味わう事はできなかった。
[PR]
by ramenmans | 2007-01-20 00:00 | 千種区