奏@中区
梅こぶちゃぁめん ラーメンWalkerコラボ麺
e0110871_1126147.jpg

カウンター越しに受け取った丼を手元に置くと、柔らか味のある魚介の風味と共に爽やかな梅の香りが鼻を抜ける。薄っすらと油の浮くスープを口に含むと、節の風味よりも先に感じるのは、やや癖のあるスルメの風味。僅かに苦みのようなものを感じるが、舌が慣れてくると、厚みのある和風出汁の風味とコクのある動物系の旨味がしっかりと舌にのってくる。タレ味は、塩気が強いようにも思えたが、出汁の旨味を底の方からしっかりと支えており、バランスの良さがキラリと光る。昆布茶の風味は、思いのほか強くはないが、スープの量が少なくなるにしたがってジワジワとその風味が浮き出てくるような感じだろうか。後半は旨味が過剰になり、温度の低下と共に出汁の塩気が強く舌にさわり何度もお茶に手が行ったが、積層感のある味わいは好みのものだ。梅を少しづつスープに馴染ませて口にすると、爽やかな酸味と甘みが加わり、飲み口がスッキリ。あっさり仕立ての鶏肉も食感が良く、水菜もこのスープに合っている。ただ、メンマは好みの物ではなかった。やや縮れた麺は、気になる風味があり、好みよりも少し柔らかめな食感だが、スープとの相性は上々だ。後半の塩気の強さが気になるものだったが、和風出汁の風味がとても良く、しっかりと満足のできる一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2009-01-10 00:00 | 中区
<< zhi-ma@名東区 こくや原田屋@中区 >>