華壱@豊明市
味噌濃厚
※夜のみ限定 平日10杯/土日15杯 12月22日~2月末まで
e0110871_16265.jpg

寒風が吹き付けるこの季節になると登場する『味噌濃厚』をいただく。味噌の茶色にマー油の黒と、あまりビジュアルは良くないが、目の前に出された瞬間に漂う、にんにくの風味と芳醇な味噌の香りに思わず頬が緩む。レンゲをスープに入れてみると、レンゲを伝わりトロミと粘りが伝わってくと言ったら大袈裟かもしれないが、口に運ぶ前から、スープの濃さが伝わってくる。先ずは、マー油のかかっていない部分のスープを啜ってみると、味噌の風味よりも先に感じるのは、超濃厚な豚骨の旨味。タイプハードの濃さを遥かに超えるヘビー級の旨味と甘み、それに喉を通らないぐらいの粘りと、唇がくっ付いてしまうぐらいの濃度感にスープを飲み干せない事を確信していまう。味噌の風味には積層感があり、塩気を感じさせない塩梅だが、マー油が全体に馴染んでくると、存在感は薄くなってしまうようだ。マー油は、香り高く、甘さと香ばしさが共存したパンチのあるもので、中毒性を秘めた、ある意味危険なスープだ。旨味の強いスープの中でも存在感のある炙りチャーシューやいつもの玉子やメンマは、相変わらずの逸品。そして一番目を惹くのは、焼きおにぎりだ。表面はパリッ焼かれており、中はしっとり。麺を食べ終える頃には、ご飯がスープを程よく吸い上げており、歯を入れた瞬間にジュワッと染み出てくる味噌の風味と豚骨の甘みに心地良さを覚える。麺は、もっちり感を残した茹で加減の中太ストレート。デフォよりも麺量が多く感じるのは気のせいだろうか?しっかりとスープの旨味も持ち上げるし、ツルンとした喉越しも好印象だ。動物系オンリーで個性の強いスープだから、食べ手を選ぶかもしれないが、私は好きだ。大満足の一杯。
[PR]
by ramenmans | 2008-12-22 00:00 | ■尾張■
<< 麺屋空@豊橋市 あんず@豊明市 >>