麺道場@安城市
極太らーめん
e0110871_016886.jpg

e0110871_0163864.jpg

e0110871_017583.jpg

店内に響く威勢の良い声やメニュー構成は、まるで『来来亭』それほど待たされずに運ばれてきた丼は、少しだけアレ系が入っている。スープを口に含めば、始めに感じるのは、唐辛子の辛味とニンニクの苦みと辛味。その後に襲ってくる猛烈な課長感とオイルの風味に箸を置きそうになる。動物系スープの旨味は弱く、なんとなく鶏かな?と感じる程度でかなり薄い。背脂にも甘みがなく、オイリー感だけが口内に残るものでスープとの一体感もないし、出来上がった感のあるタレ味が支配的になっているスープだ。飲み口自体は、比較的あっさりめで誰にでも受け入れられるようなものだが、食べ終えた後の満足感はない。青臭いネギや肉の旨味が抜けた臭みの残るチャーシューなどのトッピング類は、好みではなかったが、もっちりとした極太の麺の食感だけは好印象。ただ、スープと麺の相性はお世辞にも良いとは言えないものだ。ピリッとした辛味とニンニクの風味、それに『如水監修』という触れ込みに釣られて、そこそこ食べられるが、丼の中に魂が感じられず気の抜けたような一杯だと感じるのは私だけだろうか。
[PR]
by ramenmans | 2008-12-20 00:00 | ■西三河■
<< 華壱@豊明市 吉左右@大府市 >>