麺屋はなび@中川区
和だしそば塩
e0110871_2231125.jpg

丼もスープも驚く程に熱々で、麺を一気に啜ろうものなら火傷をしてしまいそうだ。スープの表面に薄っすらと浮かぶ香味油をそっとレンゲで掬い、口にしてみると、前回頂いた『醤油』とは別物。魚の青臭さは全く感じさせず、柔らかさと膨らみのある甘みに、後味に残る、葱の風味と僅かな香ばしさが特徴的だろうか。スープを口に含んでみると、魚介の風味が口腔内を満たし、醤油では捉え辛かった昆布などの旨味もしっかりと伝わってくるが、少しだけ旨味が過剰になっているように思えた。スープの熱が奪われるにつれて、塩気をやや強く感じたが、繊細な出汁の旨味が損なわれる事もなく、最後の一滴まで嗚呼美味しいと感じさせてくれるスープだ。中太の麺は、気持ち柔めな茹であがりだが、スープとの相性や旨味の持ち上げも良いものだ。ただ、早めにいただかないと麺の風味がスープに移りそうだ・・・。チャーシューやメンマの印象は前回と同じなので割愛。なんだかんだと細かい事を言っても美味しい事には変わりはないし、しっかりと満足のできる一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-10-19 00:00 | 中川区
<< 丸和@中川区 極つ庵@安城市 >>