まるぎん商店@岡崎市
男のかれ~つけめん 野菜増しニンニク
e0110871_19304615.jpg
e0110871_19311764.jpg

運ばれてきた丼は、いつ雪崩がおきてもおかしくないような挑発的なビジュアルだ。先ずは麺を引っ張り出す為に野菜類を掻き分けてみる。姿を現した麺は、あつ盛りになっていることもあり、麺の風味がとても強く感じるものだが、極太という割るには、それほど太くは見えないものだ。箸で摘んでみると、麺すべてがくっついてしまっており、びくともしない。悪戦苦闘の末、短くなった数本の麺を口にしてみると、小麦の香りがフワッと鼻を抜けるが、それ以外の匂いが気になるものだし、ダマになっている麺を食べても正直美味しいとは思えるものではなかった。そんな麺を、潜らせるつけダレは、形の残った脂が大量に浮き沈みしており、いかにも重そうだ。僅かにトロミを感じるスープを口に含んでみると、始めに感じるのは脂の甘さ。豚骨の旨味やコクも一応は伝わってはくるが、脂の多さに豚骨の旨みが引っ込んでしまっており、かなり脂っこく感じる口当たりだ。カレーの風味は、スパイシー感があり、コクもしっかりだが、個人的にもう少しフレーバー感があると好みに近かったかもしれない。途中で刻みニンニクを入れると、パンチがでるが、ニンニクの苦みと香りが、すべてを飲み込んでしまうようだ・・・。分厚くカットされたチャーューは、肉味が溢れるようなタイプではないが、ほどよく柔らかく食べ応えがあるし、たっぷりの野菜も脂まみれになった口内をリセットしてくれる重要なアイテムだ・・・。量的には、たいした事はないが、すべての物を腹に納める事はできなかった
[PR]
by ramenmans | 2008-10-12 00:00 | ■西三河■
<< 英吉家(ひでよしや)@天白区 麺屋はなび@中川区 >>