華壱@豊明市
まぜそば 2nd
※昼営業のみの提供
e0110871_094945.jpg

初期型との大きな違いは、アンチョビを使った餡の代わりに、カレー味のミンチと卵黄、それに揚げニンニクとチーズがのる。すべてのトッピング類をタレで和えられた麺と満遍なく掻き混ぜ、口にしてみると、脂の量が少ない事もあり、口当たりに重たさやクドさはない。始めから卵黄を掻き混ぜてしまったせいで、カレーミンチの主張は控えめになってしまい、醤油ダレの風味と揚げニンニクのカリッとした食感と香りが、目立っていまい、少々単調な味わいに思えた。バーナーで炙られたチーズは、部分的に麺に絡み、まったりとした風味が心地良いものだが、カレーミンチにもっとスパイシー感があるとチーズの風味も活きてくるのかもしれない。7号麺の食感は、相変わらずで魚介の風味が染み込んだ醤油ダレとの相性は上々だ。食べ始めは、軽い口当たりで、サクサクと食べ進む事ができたが、中盤から後半にかけてカレーミンチから染み出た脂が、少しクドく感じた。美味しく食べられる一杯である事には違いはないが、初期型のほうが好みだ。
[PR]
by ramenmans | 2008-10-06 00:00 | ■尾張■
<< こくや@中区 弐番手@中区 >>