はま家@春日井市
つけ麺
e0110871_22283833.jpg

e0110871_2229985.jpg

熱々の器に注がれたスープの表面には、2種類のあられが散らされており、魚の餡がかけられている。そっとレンゲを差し入れてみると、レンゲから伝わってくる抵抗で、口に含む前から、トロミがあることがわかる。そのまま口にしてみると、粘り気を感じる、濃厚な豚の旨味が口内に広がり、強すぎないタレ味がバランス良く折り重なってはいる。あられが入っている事もあり、中盤から塩分濃度が高めに感じてしまうものだが、魚介の風味やスッキリとした酸味とのバランスは上々だ。ただ、辛味がない為か、メリハリ感には少し欠けるように思えた。所々にひねりの入った自家製麺は、プリッ・モチッと食感が良く、舌触りや喉越しが滑らか。風味も楽しめる麺だが、つけダレとの相性は、正直微妙。スープの旨味が滑り落ちてしまい、上手く味を掴みきれないようだ。麺の上に飾られた具は、青臭く感想肌のネギや目が覚めるような濃い味付の玉子や炙りチャーシューなどが飾られているが、どれも好みのものではなかった。スープ割りは、角ゆとうで出され、自分で注ぎ入れる訳だが、割りスープのみ口にすると、つけダレから感じるような濃度感は感じられなく、かなり薄いものだった。普通に美味しいと思える一杯だったが、何かひと味もふた味も足りないような気がした・・・。
[PR]
by ramenmans | 2008-09-10 00:00 | ■尾張■
<< 英吉家(ひでよしや)@天白区 轍@半田市 >>