爛々亭@中川区
つけ麺
e0110871_208385.jpg

e0110871_2064990.jpg

熱々の器に注がれたスープは、表層が白く濁っており、如何にもタレの効きが悪そうにもみえるが、レンゲを差し入れクルッと掻き混ぜてみると、見る見るうちに濃い醤油色に染まっていく。そのままスープを口にすると、タレ味とチー油で家系らしさはあるが、豚骨スープの濃度感がなく薄く感じる。豚のコクや旨味は伝わってはくるが、タレ味が強く、そのまま飲むには少しキツイものがある。店内ポップには、マグロを使っていると書かれていたが、魚感は希薄で言われてみればそうかな?と思うぐらいだし、酸味や辛味もなく、メリハリ感に欠けるつけダレだ。ただ、卓上の酢と唐辛子、胡椒を入れ自分好みにチューニングする楽しみはある・・・。デフォと同じだろうか?麺は、程よく締められたおり、モッチリ感と適度なコシを楽しむ事ができるが、力のないスープが相手だけに麺の存在感ばかりが目立ってしまっているように思えた。トッピングの鶉やホウレン草、チャーシューは、味わいや食感に特に思う事はなかったが、温かい状態で食べてみたいと思うのは私だけだろうか?最後は、スープ割で完食したが、もう一度食べたいと思わせるような一杯ではなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-08-31 00:00 | 中川区
<< 華壱@豊明市 得道@尾張旭市 >>