得道@尾張旭市
焼き玉つけめん・大盛り(ハーフ&ハーフ)
e0110871_943369.jpg

e0110871_944121.jpg

e0110871_11485992.jpg
通常のものよりも大きい丼に盛られた麺は2種類。お馴染みの7号麺は、歯応えがしっかりとしていながらも、もっちり感も兼ね備えたもの。もう一方のカネジン製の中太多加水麺は、一本芯を残したような茹で加減だが、少し頼りなさを感じてしまうような食感。もう少し短い茹で時間でしっかりと締められていたら印象は変わっていたかもしれないが、香りはとても良いものだった。そんな2種類の麺を潜らせるつけダレは、表面に多めの脂の層があり、中に浮遊する背脂の量も多いが、口当たりは意外とあっさり。たっぷりと入った生姜風味のほぐし肉や、甘酸っぱいサンバルソースに魚香油と使われているパーツに変わりはないようだが、それらを受け止める豚骨スープが、今日は弱め。脂が多い事もあり濃度があるように感じてしまうが、タレ味が強い事もあり、豚骨の旨味や甘みは、正直捉え辛いし、珍しく化調感も強く出てしまっているようだ。つけダレとカネジン麺の相性は、悪くはないが、7号とでは味の掴みが弱くあまり相性が良いようには思えなかった。麺をすべて食べきり、残ったつけダレは、食べ始めよりもトロミが増していたように思え、いろいろな味がして面白いし、ご飯に入れて食べたら美味しそうだ。以前のようなパワー漲る濃厚なスープではなかったが、誰にでも抵抗なく食べられる一杯ではないだろうか。
[PR]
by ramenmans | 2008-08-15 00:00 | ■尾張■
<< 博多ラーメンしまや@小牧市 辻商店@小牧市 >>