麺やOK@安城市
つけ麺
e0110871_19134833.jpg

カウンター越しに受け取ったつけダレからは、甘みを帯びた魚介のとても良い風味が漂っており、スープを口にする前から期待が高まる。お皿に盛られた麺は、艶やかでそのまま口にすると、唇をスルッと滑るもの。ひんやりとした口当たりと噛み締めた時に発する小麦の風味は、なかなかだが、食感は柔らかく少し好みとは違う麺だ。その麺をつけダレに潜らせてズルズルッと啜ってみたが、正直スープの味がのってこなく、相性はお世辞にも良いとは言えない。つけダレをそのまま口にしてみると、タレ味が頑張っていて、飲めない事はないが味は強め。漂う風味と同様に魚介の風味が強く、はっきりとした味わいだが、少し魚粉に頼りすぎだろうか?出汁の風味も捉える事はできるが、素材感まではキャッチできないし、何より下地のスープである動物系の濃度が、かなり薄く感じるものだ。コクや甘みはそれなりに伝わってはくるが、和風出汁や味噌にも似た濃いタレ味とのバランスが相当に悪く感じた。すっきりとした酸味もあるが、全体的にメリハリがなく、何度も口にスープを運べるようなものではなかった。流行の魚介を効かせた仕立てになっているが、私の口には合わなかった。
[PR]
by ramenmans | 2008-06-05 00:00 | ■西三河■
<< 喜多楽@中区 真砂@中区 >>