華壱@豊明市
冷やしそば正油
e0110871_055946.jpg

冷たいだけに香りこそ立ってはいないが、麺をズルズルッと啜ると、表面に浮いた魚香油の甘味と旨味、プリッとした麺の食感が口中に広がる。数回、麺とスープを口に運び、香油が少なくなってくると同時に下地のスープの旨味が浮き出てくる。始めに舌にのってくる旨味は、鯖を軸にしたと思われる積層感のある和風出汁の甘み、そして動物系の旨味が鮮明に追いかけてきて、後味に残る昆布の旨味や僅かな煮干しの風味が特徴的。縦横無尽に駆け巡る素材感と舌に問いかけてくるような旨味が、例年よりも増しており、体に染み渡るような密度の濃い旨味を堪能する事ができる。かえしの風味は、魚醤でも使っているのだろうか?極僅かに癖のある風味があるが、柔らか味のある醤油のコクと甘みが出汁の旨味をしっかりと支えている。とてもアッサリとした飲み口でグビグビと飲めてしまえるが、そこはグッと我慢をして、じっくりと味わいたくなるような極上のスープだ。約一年ぶりの対面に頬が緩み、そして美味しさのあまりに感動した。大満足の一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-05-14 00:00 | ■尾張■
<< 得道@尾張旭市 喜多楽@中区 >>