華壱@豊明市
中華そば魚醤
※グルメWalkerコラボ企画 ~至福の一杯~ (4月15日発売のムック本より)
e0110871_23111651.jpg

丼に飾られたトッピング類は、お馴染みのチャーシューやメンマ・味玉などが飾られ、見慣れないパーツが添えられている。そのパーツはアンチョビの餡。そのまま口にしてみると、アンチョビ特有な魚臭さはかなり控えられており、出汁の旨味と味醂のような甘みが、塩辛さを和らげている。中には、荒く粉砕されたうるめいわしが入っており、独特の食感と風味を醸し出している。スープは、和風出汁を効かせたアッサリ仕立て。タレに数種類の魚醤のみを使っているようだが、変な癖もなく、魚醤の塩分が出汁の甘みを引き立てているような感じだ。デフォルトの中華そばと比べると、タレ味に奥行き感はないが、アンチョビの餡がスープに馴染むにつれて厚みが増し、深みのあるコクと味わいを堪能する事ができる旨いスープだ。細めの縮れ麺は、食感に持続性があり、スープの持ち上げも申し分のないものだ。ただ、後半になると、独特な苦味のようなものと生臭さが、浮き出てくるのが気になったが、しっかりと旨い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-04-12 00:00 | ■尾張■
<< 平和園@昭和区 こくや原田屋@中区 >>