喜多楽@中区
鶏白湯白えびつけ麺
e0110871_22144117.jpg

e0110871_22151298.jpg

真っ白なお皿に盛られた低加水の細麺は、260グラム。麺の四隅には、こんがりと炙られたチャーシュー・メンマ・玉子・海苔が飾られ、中央に柚子が添えられている。つけダレの入ったマグカップも含め、とてもビジュアルが良く、食べる前から自然と頬が緩む。マグカップに直接口を付け、スープを口にしてみると、初めに感じるのは、海老の甘み。エグミや、よくありがちな『えびせん風味』はなく、チー油?にしっかりと海老の旨味が移った上品な香味油の甘みを楽しむ事ができる。海老の風味がフッと消えたと同時に舌に乗る旨味は、濃厚な鶏の旨み。口の中で粘りを感じ、喉で濃度を感じる鶏の味わいは、素材感が素晴らしく昇天してしまいそうな美味さだ。タレ味は、塩がはっきりとしており、やや塩辛さを感じるが、舌が慣れてくると塩の甘さを感じる塩梅で、スープの旨味を底の方からグイグイと持ち上げている。そんなつけダレに潜らせる麺は、ツルンと喉越しの良い細麺。強力粉を使ったであろう麺の食感は、風味こそ違うが、オーション麺にも何処か似ており、個性のある食感はかなり好みだ。途中から別容器に入ったユズ七味を入れると爽やかな酸味とピリッとした辛味が加わり、また違った表情をみせるあたりが面白いし、ユズ七味自体もとても良いものを使っているようだ。最後はスープ割をお願いし、一滴残らず完食。上品な大人のつけ麺に感激。大満足の一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2008-04-02 00:00 | 中区
<< ぎんや@北区 連獅子@天白区 >>