まるぎん商店
つけ麺
e0110871_17161393.jpg

e0110871_17164967.jpg

多めの脂が浮くつけダレからは、殆ど湯気が立っておらず、レンゲを差し入れると、甘みを帯びたタレの風味と共に強い魚の風味が鼻を抜ける。レンゲに付着した魚粉の量をみて、魚がガッツリと効いている事が容易に想像できる・・・。そのまま口にしてみると、飲めない事はないが、味は濃いめ。ややカドの立った醤油ダレの味と魚粉の風味が支配的になっているが、控えめな酸味と辛味が幾分、味を引き締めている。下地のスープは、濃度感こそないが、コクはしっかり。ただ、スープに含まれる脂が相当多いように思えた。魚感は、当初甘さすら感じたが、スープの熱が奪われるにつれて、エグミと塩分がかなり出てくるのが気になるものだった。中には粗引きミンチが入っているが、スープにコクを加えるようなパーツにはなりきってはいないようだ。中太の縮れ麺は、しっかりと締められており、コシはしっかり。少々硬すぎるようにも思えるが、好きな食感だ。つけダレとの相性は、微妙。魚粉ばかり持ち上げてスープの掴みはお世辞にも良いとは言えないものだった。最後はスープ割で、本来のスープの味を確かめつつ一応完食。
[PR]
by ramenmans | 2008-03-03 00:00 | ■西三河■
<< 三宝亭@東海市 らーめん吉左右@大府市 >>