弐番手@中区
まぜそば2
e0110871_23105.jpg

e0110871_23115934.jpg

e0110871_23212582.jpg

真っ白な器に賑やかなトッピング類が綺麗に飾られており、漂う香りはまるでパスタのようだ。満遍なくしっかりと掻き混ぜていくと、ディッシャーで盛られたピリ辛仕立ての固形ソース?が見る見るうちに溶け出し、すべての具材に馴染み、そして良く絡みつく。たくあん・スナック菓子・ニンニクチップ・湯でキャベツなどなど多種多様の食感と風味が、食べていて実に楽しいが、味の主役は、やはりニンニクになってしまっているようだ。自家製だという厚切りのベーコンは、燻した臭いが鼻につく個性の強いもの。脂が多めで、食べ手を選ぶかもしれない・・・。油ギッシュになった丼の中では、少々重くも感じるし、苦手な部類だ。太めの平打ち麺は、とても食感が良く、持続性があるもの。味の乗りは、なかなかだが、量が少なく、トッピング類が随分と余ってしまうし食べ辛い。他では味わえない面白い一杯だと思うが、一回で良いかな。
[PR]
by ramenmans | 2008-02-15 00:00 | 中区
<< こころ家@長久手町 ばり嗎@尾張旭市 >>