極っ庵@安城市
つけめん&蝦辛
e0110871_17532375.jpg

e0110871_17541991.jpg

白く泡立つ、つけダレは、辛味を控え、程よく酸味を効かせたもの。粘りすら感じるスープの口当たりは、どっしりとした濃い動物系の旨味に、何層にも折り重なった魚介の風味が加わり、こってりとしていながらも、とても後味が良いのが特徴的だ。魚介の風味は、エグミや魚の塩分を感じさせず、甘みがしっかりと引き出されており、口から鼻に抜ける香りや舌にのる旨味はかなり好みだ。トッピングの蝦辛は、豚ミンチと海老を合わせた辛口ミンチ。そのまま口にすると、かなり刺激的で、海老や豚の風味が捉え辛いが、小鉢の中でスープに馴染ませていくと海老の風味がよくわかるし、辛口のつけダレとして楽しむ事ができるのが面白い。平打ちの太麺は、ツルツルと喉越しが良く、コシや弾力も申し分のないものだ。ただ、少しだけスープの持ち上げが弱いようにも思えた。最後はスープ割で風味の変化を楽しみつつサラッと完食。訪れる度にブラッシュアップされており、又このお店に来るのが楽しみになるような一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2008-01-13 00:00 | ■西三河■
<< 好楽@千種区 喜多楽@中区 >>