めんず@春日井市
つけ麺
e0110871_16441519.jpg

それ程、熱くはないつけダレからは、啜る前からエグミを感じさせるような魚介の香りが漂っている。そのまま口にしてみると、魚介の風味やスープの旨みよりも先に、角の立った醤油ダレの味と強い化調感が舌を直撃する。豚骨屋らしく、強い豚の旨味を勝手に想像していたが、スープに力強さもないし、辛味や酸味も控えめで塩分濃度の高いタレ味ばかりが強調されている。中には、チャーシュー・メンマ・玉葱などが入っており、食感や味付けに特に思うことはなかったが、このつけダレには玉葱は合っていないように思えた。中太のストレート麺は、適度に締められており、ツルツルとした喉越しとコシの強さは良いが、つけダレとの相性はあまり良くないようだ。別皿には、ネギと味付玉子が添えられているが、ネギはわざわざ、つけダレに入れる事はしなかったし、玉子は驚く程に味が強いものだ。ネギ以外の固形物はなんとか腹に押し込んだが、つけダレは、飲み干す事はできなかった。すべてにおいて私の口には合わない一杯だった。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-30 00:00 | ■尾張■
<< 華壱@豊明市 華壱@豊明市 >>