楽喜@春日井市
STR(Shio-Tonkotu-Ramen)
e0110871_2316100.jpg

e0110871_2312423.jpg

基本の塩とんこつラーメンの上に香味油と辛味噌が添えられた丼からは、豚骨特有の臭みは殆どなく、香味油(にんにく油)の香りが漂っている。素のスープを口にしてみると、濃厚とまでは言わないがしっかりとした豚骨の旨味と鶏のものだろうか?喉に重たさを感じるような甘みがあり、過去の曖昧な記憶よりもコクと旨味が増したようにも思える。塩は、塩辛さを感じる一歩手前でスープとのバランスも良い様だ。香味油の周りのスープは、にんにくの風味が加わり、甘酸っぱさのある辛味噌をスープに馴染ませると、部分的に味噌の風味と辛味がプラスされ違った味わいを楽しむ事ができる。ただ、香味油と辛味噌がスープに馴染んでくると、辛味噌の風味か消されてしまい、にんにくの風味が支配的になってしまうようだ。中太麺の食感は、もっちりとしており好みに近いものだったが、スープとの相性は微妙。トッピングのチャーシュー・玉子・小梅などは、味付けや食感に特に思う事はなかったが、チャーシューにもう少し厚みがあると、肉の味も生きてくるのでは?と勝手に思ってしまう。面白い一杯だとは思うが、もう少し弾けてるともっと楽しめたかも。
[PR]
by ramenmans | 2007-09-07 00:00 | ■尾張■
<< こくや原田屋@中区 我道@千種区 >>