華壱@豊明市
つけそばType-Hard Z1号麺(全粒粉)
e0110871_1765589.jpg

e0110871_1771398.jpg

e0110871_1772948.jpg

目の前に出されたつけダレからは、鯖やうるめ鰯の物だと思われる、強い魚介の風味に混じり、甘みと香ばしさを帯びたネギ油の香りが漂っている。そのまま口にしてみると、つけダレから漂う香り同様に、強く膨らみのある魚介の旨味が口中に広がり、動物系の旨味も喉に引っかかりそうな程の高濃度で、鶏の甘みや豚骨の旨味をしっかりと堪能することが出来る。使われている牛脂の量もそれなりだが、ぷにゅぷにゅとした食感と、くどさを感じさせない甘みがつけダレに深みを与え、カイエンペッパーの辛味と控えめな柑橘系の酸味が、良いアクセントになっている。かえしの風味もカドのない、まろやかなコクと旨味があり、濃厚なスープをしっかりと支えている。褐色に輝く麺は、全粒粉入りのZ1号。流水と氷水でビシッと締められており、表面には弾力があり、中はもっちりとした食感。あつもりのように風味は強くはないが、殻を感じるプチプチとした食感が堪らない旨い麺だ。ただ、3号麺に比べると、つけダレとの相性は、少々劣るだろうか・・・。最後は、魚介・椎茸・豚骨の旨味の詰まった割り出しを啜りつつ、つけダレに加え一気に完食。なかなか満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-08-25 00:00 | ■尾張■
<< チーナ・ヒロ@中区 本丸亭@大府市 >>