こくや原田屋@中区
涼風麺~夏の終りに~ 夜のみ限定10食 950円 
8/20(月)~9/19(水)

e0110871_190132.jpg

~超らーめんナビ紹介文より引用~
らーナビ限定第5弾は、中華そばこくや原田屋
そこは若者で賑わう栄のど真ん中。路地裏で営むお店の前に立てば出汁の香りが嗅覚を刺激し扉を開けると、御夫婦が満面の笑みで迎えてくれる。兎に角、美味しい物を食べてもらいたいと、厳選した食材を使い“心に響く中華そば”を提供してくれるお店だ。冷水で締められたプリプリの麺の上に飾られたトッピングは、和風出汁を使った餡・ピリッと辛味を効かせたミンチ・店主自慢の煮玉子などの具がのる。餡は、基本の中華そばの出汁をベースに椎茸の旨味を更に加え、人参や利尻昆布などの食材を惜しげもなく使った手の込んだ仕立てになっている。プルプルとした食感と膨らみのある和の旨味が詰まった逸品だ。ミンチは、あっさりとした餡とは対照的に、柚子胡椒を効かせたピリ辛仕立て。肉の旨味を損なわない絶妙な味付けに爽やかな辛味が食欲を掻き立てるものだ。別容器には、動物系をメインに鶏のコラーゲンがたっぷりと入ったトロトロの冷たいスープが添えられている。今時の味の強いものではなく、素材本来の旨味を最大現に引き出した、あっさりとした上品な仕立てになっている。口に含めば、柔らか味のある鶏の甘みと“かえし”の風味が口中に広がり、醤油の角のないまろやかなコクと豊かな風味を堪能する事ができる。スープに麺を潜らせ“つけ麺風”にするも良し、麺にスープをかけて食べるも良しと、食べ手を飽きさせない作りになってる。又、グレープフルーツを絞りいれると、清涼感が加わり違った味わいを楽しむ事ができる。まだまだ残暑の厳しい毎日、アットホームな雰囲気の店内で癒されながら、火照った体をクールダウンしてほしい。

e0110871_19254146.jpg■超らーめんナビ■
e0110871_20163834.jpg

e0110871_2018774.jpg

e0110871_20183549.jpg

[PR]
by ramenmans | 2007-08-19 00:00 | 中区
<< 蔦亭@名東区 青空きっど@静岡県浜松市 >>