得道@尾張旭市
カレー豚そばHG・改
e0110871_22415100.jpg

時間の経過と共にトロミを増すスープは前回と比べるとかなりスパイシー。まろやかなカレーに香辛料の香りと刺激が加わり、口に含んだ瞬間のカレー風味は穏やかだが、喉を通過する時はかなり刺激的だ。今回は、スープ自体に魚香油は混ざり合っておらず、スープの表面を半分程覆う多めの魚香油がかけられており、少しずつスープに馴染ませていくと、油に染み込んだ魚の旨味とジョリジョリとした食感がスープに加わり、カレー味から魚味に劇的に変化していく。カレーと魚香油、共に個性の強い物だが、それに負けない豚骨の旨味も相変わらず濃厚で、豚の甘味がビンビン伝わってくる。温玉は辛さを和らげ、別皿のサンバルソースは、酸味とピリッとした辛味がスープに爽やかさと奥行きを与え、スープに合わせるタイミングや順番を少し変えるだけでも随分と違った顔を見せ、食べていて楽しくなるものだ。辛さと熱さにやられてスープを飲み干す事は出来なかったが、実に満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-04-22 00:00 | ■尾張■
<< こくや原田屋@中区 なるとや@中区 >>