富良野らーめん@千種区
つけめん(大盛り)
e0110871_16282319.jpg
e0110871_16284361.jpg
e0110871_1629397.jpg

麺は何グラムあるのだろうか?挑戦的な盛りに思わず苦笑いをしてしまう。流水で締められた麺をそのまま口にすると、プリプリ・もちもち。適度な弾力とコシがあり、噛み締めれば小麦の風味もしっかりと口の中に広がる。濃い醤油色に染まるつけダレの表面には透明な分厚い脂の層が出来ており、麺を潜らせ、持ち上げてみると白い湯気にのり、しっかりとした魚介の風味が鼻を抜ける。レンゲがない為、直接つけダレの味を楽しむ事ができないが、麺に絡みついたスープの旨味はしっかりで、エグミを感じる一歩手前の強い魚介の風味と強めな辛味・控えめな酸味が食欲を掻き立てるものだ。醤油ダレも見た目とは裏腹に醤油辛さはなく、穏やかな甘味とコクがあり、スープとのバランスも良いようだ。麺とつけダレの相性は申し分のないものだが、どっぷりと麺を潜らせてしまうと、味が乗り過ぎてしまい、麺自体の風味が後退してしまうので、半分程タレを絡ますのがベストのようだ。アクの強い一杯だが、好きな味だ。
[PR]
by ramenmans | 2007-03-18 00:00 | 千種区
<< 華壱@豊明市 得道@尾張旭市 >>