華壱@豊明市
まぜそば4 (たいわん)
e0110871_2393646.jpg

ミンチにのった卵黄を中心に、お馴染みのトッピングとピリ辛もやしが飾られ、その下には茹でキャベツとニラ。全体にニンニクチップが散らされ“赤いマー油”がかけられている。先ずは、卵黄を崩さないようにミンチを口にしてみる。酸味を帯びた辛味が印象的で、このお店のメニューの中では“最辛”。汗を掻くような事はないが、意外と辛め。細かくカットされたレンコンの食感や鯖と豚の素材感が好印象だが、塩気が強く水に手が伸びる。キャベツの下から麺を引きずりだしてみれば真っ白な湯気と共に、醤油ダレの甘い香りと魚介の風味が鼻を抜ける。弾力のある麺と絡むタレ味は、「まぜそば1」「まぜそば3」と同じかな?魚介の風味が効いた旨みの強い醤油感が特徴的で、牛脂と合わさった味わいがなんとも心地良い。全体を満遍なく掻き混ぜて口にすると、タレの甘さが、ミンチの塩気を中和し、にんにくの風味とニラの風味、それに、マー油のピリッしたの刺激が前にでてきて台湾らしさがでてくる。味が強めなこの丼の中で、卵黄は部分的にしか役目を果たさないのが残念だが、別皿のおろしニンニクを入れれば、風味もUPしてガッツリといただく事ができる。もう少し辛味が強いとより好みに近かったが、しっかりとウマイ一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2009-12-09 00:00 | ■尾張■
<< なな家@豊田市 一番舎@守山区 >>