らーめん 一伸
e0110871_23222155.jpg

e0110871_23224526.jpg

e0110871_23231553.jpg

魚介豚骨つけ麺


先ずは、全粒粉麺をそのままいただく。程よく締められており、ツルツルとした喉越しやモッチリとした食感は好印象だが、お世辞にも粉の風味が良いとは言えず、塩気を強く感じるもの。つけ麺を提供するお店で、某製麺所の物を使う所は多いが、全ての麺が美味しい麺とは限らない…。そんな麺を潜らせるつけダレからは、目が覚めるような強烈な生姜の風味。表面には厚い油の層があり、その下には肉かすらしきものが浮遊している。口にしてみると、生姜の風味とカドの立った醤油ダレが支配的で、そのまま飲むには味が強すぎる個性的な味わい。魚介の風味は、独特の苦味があり、舌ざわりや風味から大量の魚粉を使っている事が伺えるが、強烈に香る生姜の風味の中では、素材感を捉えるのは困難だ。動物系の旨みは、“魚介豚骨つけ麺”と謳っているのだから豚骨を使っているのだろうが、伝わって来るものがない。中には、味の強い肉片とネギが入っているが、濃い味(濃厚ではない)のこのスープの中では存在感は希薄。麺の上に飾られたチャーシューは冷たく、咀嚼すると脂が上顎にネットリと張り付くような感があり、赤身も肉味を楽しむようなタイプではないようだ。メンマは、ザクッと食感の良いものだが、出来上がった感のある味付は苦手だ…玉子も。興味本位でスープ割りをお願いしてみたが、味の濃さが薄まる事もなく、飲み干すことなくレンゲを置いた。“生姜醤油つけ麺”というメニューもあったが…ある意味、興味が湧いてくる。



住所     名古屋市中区新栄2-1-3 
電話番号  -
営業時間  11:30~14:00 17:30~22:00
定休日    月曜日
駐車場    なし
[PR]
by ramenmans | 2009-12-06 00:00 | 中区
<< 一番舎@守山区 華壱@豊明市 >>