いやし屋@豊田市
~カカロット~寒い編(辛味噌つけ麺)暗味/フュージョン(大盛り)
e0110871_18321814.jpg

e0110871_18325228.jpg

暗黒のスープに唐辛子の赤とスジャータ?の白が映えるつけダレはドロドロ。唐辛子からなのか?僅かに漂う酸味と赤味噌の独特な風味が鼻を抜ける。そのまま口にしてみれば、瞬発的な辛さに、一瞬手が止まったが、刺激度は低く、後に残らないのが嬉しい。また、後味に残るカレーに使うようなスパイスの香りが特徴的だろうか。心地良い辛さに負けない味噌は濃く、塩分濃度が高め。味噌以外の大豆の舌触りや風味があるが、何であるかはわからない。下地のスープの味は、味噌と辛さに飲まれてしまい素材感は捉える事はできないが、奥行き感はある。中にはお馴染みのトッピング類が入っているが、濃い味わいのつけダレの中では、“味”を楽しむ事はできないかな。チーズが一粒入っていたが…特に思う事はなかった。色白の麺は、もっちり・プリッ。水切りが不十分な為か、持ち上げるとダラダラと水が滴り落ちるのは嬉しくない。つけダレに麺を運べば、思うように潜らす事ができない。グッと押さえつけるように沈め、持ち上げてみれば白い麺が真っ黒。面白いようにスープを掴むが、どっぷりと絡ませないほうが、麺の持ち味を楽しめそうだ。食べる楽しさと牽引力のある辛さにも釣られてスルッと腹に納まったが、ここ(胸)に響くものがなかった。
[PR]
by ramenmans | 2009-11-15 00:00 | ■西三河■
<< なな家@豊田市 たご@中村区 >>