なな家@豊田市
冷しBukkake天そば
e0110871_19595977.jpg

一際存在感を放つ“かき揚げ”は、さつまいもや海老を使った揚げたてサクサク。かき揚げからゆっくりと染み出る油と大根おろしの周りを避けながら、冷たすぎないスープを口にしてみる。フワッと広がる上品な魚介出汁の旨味と甘味に何度もスープを口に運ぶ。アッサリとしていながらも充分過ぎるほどのコクと厚みがあり、和風出汁へのアプローチが他所のお店とは何か違うものを感じる。塩は、カドを感じさせない甘みがあるもので後味に残る貝類の僅かな苦味が特徴的だろうか。大根おろしの周りのスープは辛味が加わり、違った味を楽しめる。また、かき揚げから染み出た油は、スープにコクを与えるような事はないが、適度な重たさが加わり中盤あたりからは雰囲気がガラッと変わるのも面白い。冷たいスープに熱々のかき揚げ…当然、微妙な温度になるが、冷たい麺との対比が面白かったりもする。色白の中太麺は、締めてある事もあり強めのコシがある。とても喉越しが良く、好みのタイプだがスープとの相性は、微妙だろうか。後半は、大きなかき揚げに苦戦したが、最後のスープ一滴まで飲み干した。
[PR]
by ramenmans | 2009-09-08 00:00 | ■西三河■
<< なな家@豊田市 フジヤマ55@中区 >>