和田屋.@守山区
エメラルド・ジロウジョン
e0110871_23112928.jpg

e0110871_23115933.jpg

e0110871_23123378.jpg

カウンターに差し出された瞬間に漂うニンニクの風味が食欲を誘う。大きめな丼に盛り付けられたビジュアルは、所謂ガッツリ系。おもいっきり麺をほじくり返さないと、スープが見えなく、まるでスープOFFのよう。レンゲを押し込んでスープを口に運んでみると、醤油カドが少し立ったタレ味を真っ先に感じ、やや塩分濃度が高くも思えるが、野菜類の甘味だったり魚介の風味がしっかりと効いており、動物系の旨味と相まって厚みは充分。スープはサラッとしているが、喉を通過する時に感じる濃度はしっかり。豆板醤を使った海老辛は、スープ全体に馴染む事はないが、レンゲに流れ込んで来た時に、口にすれば引き締まった辛さと大人しめの海老の風味が加わる。クラッシュニンニクは香り高いもので、風味だけでガッツリといけてしまえるが、スープに馴染んだ時点で魚介の風味は飲み込まれてしまうようだ。厚切りのチャーシューは、味付けが濃いものだが、食べ応えは充分。固形物を食べきって、コールするとスープをバーナーで温め、ご飯を入れてくれる。味は濃いが、これはこれで好き。総重量500グラムと量的にはたいした事はないが、何故か破壊力がある。しっかりと美味しい一杯だったが、『三沢下さい』はハズカシイ
[PR]
by ramenmans | 2009-07-28 00:00
<< あっ晴れ@大府市 福丸@岐阜市 >>