高松@東区
冷た~い中華そば
e0110871_23581360.jpg

e0110871_23585113.jpg

大量の魚粉が一面に振りかけられたスープを口に運んでみると、味わいは一応あっさり。始めの数口は、塩気の強さと醤油カドを感じるが、徐々に舌が慣れてくると柔らか味のある甘味とコクを楽しむ事ができる。動物系の旨味は肉スープだろうか?極僅かに鶏臭さのようなものを感じるが気になるほどではない。魚粉のせいもあり和風出汁の素材感は捉えづらいが厚みは充分。トッピングは三つ葉と水菜、それに大葉で和えられた鶏のほぐし肉などが飾られている。三つ葉は癖のある独特な風味がアクセントになっていて、鶏肉はプレーンな味わいだが、肉味がしっかりとしていて爽やかな大葉の風味が心地良い。中太の麺は、プリプリ。麺に絡み付く胡麻や魚粉のおかげで粉の風味を楽しむ事はできないが、喉越しの良さと弾力は好印象。魚粉に頼りすぎている感の強いスープだが、スッキリとした飲み口で、これからの暑い季節には打ってつけの一杯だと思う。ただ…刻み海苔の存在が、後半スープに与える影響が大きく、どこかしら冷たいお茶漬でも食べているかのようなだった。
[PR]
by ramenmans | 2009-06-09 00:00 | 東区
<< 我道@千種区 けん坊@中川区 >>