華壱@豊明市
冷やしそば正油(夏季限定)
e0110871_0284478.jpg

冷たくても香る魚介の風味に手をつける前から期待が高まる。例年に比べると、ややトロミの弱いスープを口に運ぶと密度の濃い出汁感が口内で弾けるかのように広がる。積層感のある魚介の旨味に昆布の甘味、それに後味に残る貝柱?の旨みが喉を通過した後にも余韻を残す。昨年との大きな違いは動物系スープが牛骨に変わっており、じっくりと味わってみなければ判りづらいが独特な甘さがジワジワと舌にのってくるものだ。醤油ダレは奥行き感とコクがあり、濃い味わいながらも醤油辛さを感じさせない深い味わい。表面にキラキラと輝きならが浮く香味油の旨味と風味も舌を喜ばせる逸品だ。従来の調理法とは違う手法で作られたチャーシューは、バーナーで炙られており肉汁が溢れ出している。口にしてみれば、まるでローストビーフのよう。しっとりとした食感と程よい塩気に自然と頬が緩む。細めの麺は程よく締められており食感はしっかり。温かいスープでいただく時のように麺がのびる事がないのは嬉しい。スープの美味さに我を忘れ麺が干上がったのは事実…。今年はこの冷やしを何杯食べるのだろうか?大満足の一杯だ。

冷やしそば塩
e0110871_029388.jpg

始めの数口だけ生姜の風味が気になったが、正油よりも増して和風出汁がダイレクトに舌にのるスープにひと口で昇天。酸味を感じるか感じないかのギリギリの魚感と伸びのある旨味に何度も何度もスープを啜る。塩気を感じさせないタレ味は、まろやか。どことなく白醤油の風味があり、厚みと充分すぎる旨味が出汁の風味とガッチリと絡みあっている。気が付けば両手で丼を持ち中身は空っぽに。これは美味い。
[PR]
by ramenmans | 2009-05-21 00:00 | ■尾張■
<< 日進麺家 和久楽@日進市 ばーばら@幸田町 >>