一風堂@中区
博多つけ麺(大盛り)
e0110871_0294068.jpg

e0110871_030860.jpg

つけダレの入った器が目の前に置かれると、強烈な魚の香りが鼻を抜ける。そのまま口にしてみると、タレ味が強くそのままでは飲めないもの。醤油カドが立っている訳ではないが塩分濃度が高く、ひと口でお茶に手が伸びる。ありがちな豚骨魚介系ではあるが、魚感に奥行きがなく粉々しさが口内を支配する。豚骨の旨味は、このスープの中で捉えるのは難しく、タレ味と節粉でまとめあげた感が強い。ややコッテリさを感じるのはスープ自体の濃度ではなく、表面に多く浮く背脂。脂の甘みは弱く、タレ味ともにビターな味わいだ。特に酸味や辛味も感じず、キレのなさが印象的。中には、玉子やカットチャーシュー、イカフライなどが入っていたが、味の濃いスープの中では存在感が希薄。約280gの太平打ち麺は締められている事もあり、それなりの歯応えはあるがスープとの相性はお世辞にも良いとは言えないものだ。最後はスープ割りで〆て完食はしたが、再度同じものを食べる事はないだろう。
[PR]
by ramenmans | 2009-04-21 00:00 | 中区
<< 得道@尾張旭市 鉢ノ葦葉@三重県四日市市 >>