華壱@豊明市
Type-Hard SHRIMP(シュリンプ)
※夜のみ10食/期間限定
e0110871_22544989.jpg

つけダレの入った器からは、鮮烈な海老の香り。ぷにゅぷにゅとした牛脂と一味が振りかけられたビジュアルは、以前提供されていた“Type-Hard”と酷似だが、スープを口に運べば当然だが全くの別物。これでもか!というぐらいに効いた海老の風味は、粉や油に頼らず海老の和風出汁。濃厚な甘みと香ばしさ、それに厚みのある旨味に自然と頬が緩む。強烈な海老の風味の影から顔を覗かせる煮干しの風味は、エグミを感じさせない甘みのあるもの。魚感に積層感はないが、濃厚な動物系の旨味と海老出汁の風味が見事に調和している。タレ味は、やや醤油が立っているが素材の旨味をしっかりと支えており奥行き感もしっかりと伝わってくる。ただ、スープの温度が低下すると、醤油辛さが浮き出てきてそのまま飲むには少しばかしキツさを感じた。麺はお馴染みのヤマト7号。流水と氷水で〆られており、表面は固さを感じさせない適度な噛み応えがあり、中は、もっちり。つけダレに潜らせてみれば、しっかりと旨味が絡み付き相性も上々だ。先に出されていた割り出汁をそのまま飲んでみれば、この店らしい濃い旨味の詰まった和出汁の旨味を堪能する事ができる。つけダレに注ぎ入れれば、濃いめの味が飲みやすい濃度になり、魚介の旨味や昆布などの甘みが加わり、更に厚みが増す。気が付けば器の中は空っぽに。実に満足度の高い一杯だ。
[PR]
by ramenmans | 2009-04-08 22:55 | ■尾張■
<< あっ晴れ@大府市 浄心家@中村区 >>